Information

2022.10.12

リニューアルについてのお知らせ

 

 

 

長らくご愛顧賜りましたこちらのWebサイト、ようやく新しいwebサイトの準備が整いました。

現在のページは10月13日夜21時くらいまでは閲覧可能ですが、同日22時より新しく切り替わる移行時間として数時間ほどアクセスができなくなります。

翌日、10月14日午前には新しくなったフォンテスキーのWebサイトをご覧頂けると思います。

セキュリティも向上化させまして、https://www.fonteskey.comとなりますが、これまでのアクセスでも新しいページに自動的に変換されてご覧頂けます。尚、今回、スマホでもご覧頂けるように対応しておりますので、スキマな時間に新作などチェックして頂けましたら幸いです。

ぜひ引き続きご愛顧賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

ブログはinformationとnewの構成で概ねページの構成は変更ございませんが、ショウルームのご案内などの情報もご覧頂けます。

 

それでは、新しくなったフォンテスキーのサイトで上で、再び!!

Thanks a lot!

See you again!

 

 

 

 

 

 

 

2022.09.25

近日、Webサイトリニューアル致します!!

 

 

 

お知らせです!!

 

webサイトも3回目のリニューアルの2015年から早くも7年経ちました。

 

 

 

 

ネットの世界も5、6ねんですっかり古びたイメージになるというスピード進化ですが、我がフォンテスキーも今回で4回目のリニューアルです。

近日中に新しくなったWebサイトに切り替わります!

 

セキュリティもアップしまして、より見やすく、そしてスマホでもバランスを崩すことなくご覧頂けるようになります。

 

新作のブログとinformationのブログ、構成は殆ど変化ございませんがショウルームのご案内なども追加せれますので、これからもよろしくお付き合い頂ければと思います。

 

なんだかとってもばたついておりますが、個人的には充実した日々を実感しております。

週中より、おそい夏休みがやっと得られそうです!

 

 

 

 

 

 

2022.09.08

販売会のお知らせ!!

 

 

 

北九州のいつもご愛用頂いておりますお花の講師、フロールフロールさんのレッスンルームを変身させての販売会です。

 

 

 

 

 

いつもに身につけてくださっていたことがご縁で、生徒さん達に作品を見ていただく機会を企画して貰いまして、気がつきましたら今回で5回目となりました。

 

場所は北九州の八幡東区で9月17日と18日の2日間ですが、どなたでもお越し頂けますが会場のスペースの関係上、もしもお近くでご興味のある方は予めご連絡くださいませ。

 

通常の個展とはまた違った楽しみ方ができるので、私自身も毎回わくわくします。

 

 

そして、次の個展は、10月末の山口県光市のドゥログリーイケオカさんにてです。

すっかり年末の気配が。。。

 

 

 

2022.09.01

クローゼットの中の新しい仲間

 

 

 

 

随分と朝晩が過ごしやすくなり、なんとなくこれまでの夏支度ではアンバランスな感じがしてきました。

先日、寝具やテーブルクロスのファブリック類の入れ替えをやっていたところ、思わぬタイミングでスイッチが入ってしまいクローゼット全体の使い勝手含めの整理整頓を2日かけて行うことになってしまった。

 

制作が立て込んでいて少しバテ気味だったので随分と気分転換にもなった。

 

以前、整理整頓アドバイザー兼インテリアコーディネーターの友人が私のクローゼットを見て、

「え!服、これだけ?これでオールシーズン分?」

と驚かれたことがあった。

インナー以外は10年以上着ているものばかりだ。

こんな仕事のおかげでベーシックな服にアクセサリーづかいで楽しむことが基本になっているせいか、服自体の襟の開き具合と全体のシルエットや丈は割と慎重に選んで購入しているというのもあり、あまり増えない。

 

自分にベストな長さや開き具合を把握していれば、自ずと失敗が減ってゆく。買い足したアイテムが手持ちのどの服にもバランスがとれるということは、買い物にも深い満足感が得られるもの。

 

服のクローゼットだけでなく、暫くぶりにアクセサリー専用の収納チェストの整理もおこないました。

 

 

 

 

これは、次の販売会で出展するために作った黒真珠の帯状のネックレス。

制作段階で個人的に気に入ったので、出展用とは別に自分のためのものとしてもう一セット作ろうと思い、先日やっと仕上がった。

クローゼットの整理を行った後にいろんな装いと合わせてみた。

襟のあるもの、立ち襟気味なセーター、カットソー、詰まり気味のTシャツ、

ジャケットを羽織り、カーディガンを着たり、ロングジレを着たり、ブローチと合わせたり、華奢なロングペンダントと合わせたり…

 

日々、作っているアクセサリー。

自分のために作るものは、案外多くはない。

リングは多く作っているのだが、ネックレスはとても少ない。

それでもひとつ新しいアイテムが増えるとやはりわくわくする。

いつもの数少ない服が、全く違って見える。

 

この6本帯のネックレスを着けて、暫くぶりにコンサート生演奏、聴きたいなあ。

そんなことを思う。

 

女性は楽しいですね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022.08.23

初秋の気配

 

 

 

 

気がつけば4ヶ月ぶりの山。

ブランクを考慮し低山でコースもなるべく癒しルートで登ることにした。

今回は、八女市と日田市の境に鎮座の釈迦岳登頂後そのまま御前岳へと足を伸ばし、そこから折り返しのルートを組んだ。

釈迦岳登頂までは山ならではの爽やかな風に包まれてひさしぶりに味わう山の感覚にどっぷり幸福感を感じていた。

 

 

珍しい花や野鳥のさえずり、あちらこちらに見る朝露のアクセサリーたち。

動画に写真、撮影に余念がない。

 

 

 

 

40分ほどで釈迦岳ピーク到着。

パノラマと吹き上げる風を満喫した後、すぐに御前岳へと向かう。

しかし、ルートはこれまで経験した中では初の垂直鎖場が何度も出現。

鎖場は下りの方がかなり緊張する。

鎖だけに頼ってはいけない、体幹を使い重心移動をする感覚。

足の置き場に迷いが出ると、すぐにバランス崩してしまう。

低山にして最強ではあるまいか。

癒しルートの筈がこんなに険しいとは。

もう少し等高線をじっくり見ておくべきだった。

 

 

 

 

それでも予定通りに2座獲得で下山した時のあのみなぎる満足感。

山への楽しみは変化していないことに安堵した。

 

もうひとつのお楽しみ、登山の後の温泉。

今回は、日田温泉。

立ち寄りの温泉に選んだ老舗ホテルは、三隈川沿いの最上階にある天空の露天風呂。

前方には津江山系の山々と先程登った釈迦岳と御前岳を確認しながら、見下ろすは九州最大流域という一級河川の三隈川。

接岸されている何艘もの立派な屋形船も趣があり、山間に沈む夕陽が大きな川面にきらきらと反射し、とても美しい川だと改めて魅了されました。

五月の川開きには花火大会があるらしい。

それはさぞ趣のあることだろう。

残暑とは無縁の吹き渡る夕風。

脳の中まで蒸せるほどの暑さから、まさに生き返った気がしました。

ぬる湯に浸かりながら、2時間前のあの過酷さは薄れ、次の登山先を模索していた。

 

トレッキングは、忘れっぽい人間に向いているのかもしれない。

 

初秋訪れは、山では現実のことでした。

夏も終わりに近づいております。

 

 

 

 

 

Page top

Instagram