Information

2022.11.04

過去のきっかけ、勢いを経た今

 

 

 

夏からせわしく時間が過ぎてしまい、今年は10年に一度と言われるほどの山の紅葉を見逃してしまった。

 

でも、9月の末に上高地を訪れたので、悔やむ気持ちも半減に納められている。

あれは17年前だっただろうか。

ヨセミテ国立公園で出会った世界中を旅しているというご夫婦の

「ヨセミテも素晴らしいけど、上高地もなかなかいいわよ」このひと言が忘れられないでいた。

当時は登山を始めていなかったので、いずれお会いしたご夫婦くらいの年齢になったら行ってみよう。漠然と思っていた。

 

 

 

 

素晴らしい天気に恵まれた。

 

 

 

スマホで撮影してもこの美しさ。

 

 

今回は前穂高登山道から岳沢小屋までのピストン。

写真の右寄りの頂上に向かって延びている白い線の窪みの2/3辺りが岳沢小屋である。

ここで既に西日本一の高さを誇る石鎚山よりも更に高い。

そこから更に登ると前穂高、奥穂高、涸沢岳、北穂高、南岳、槍ヶ岳、知名度のある山々が右手へと続く。

途中西穂高展望所からの眺めは、すぱあんと視界が開け併せてこの好天気、登り慣れたくじゅうの何倍ものスケール感に圧倒された。

雄大を超えるほどだと伝えたいのだが、それ以上の適切な言葉を知らない己の表現力のなさにもどかしさを感じる。

甚だ陳腐だが、最大級の雄大。

超絶、雄大。

まさに神、高地。

ますます雄大さがしぼむ気配なのでこのくらいに留めておきます。

 

 

 

 

展望所では太陽の陽射しが澄んだ空気を浮遊するような心地よさで、時折り爽快な風がさああっと浄化するように吹き渡る。そして再び浮遊するような太陽の陽射し、浄化するような風。

繰り返される調和の取れた心地よさに、時間感覚を超越し自然とひとつになるような溶ける気分で景色もろとも酔いしれた。

登山道は九州の山よりも整備されて登りやすく思えた。

しかしそれも岳沢までの話であり、その先はかなりのレベル。入念な訓練を積んだとしてもこのコースで、頂上を目指すのは私の実力では無理であろう。

 

とはいえ、てっぺんをとらずとも個人的には満足だった。

元気なうちに行きたい場所として上高地を旅の予定地の候補に、こっそりいれたのは17年前。

まさかこの土地にこんなに早いタイミングでやってくるとは思わなかった。

しかも登山目的である。

ヨセミテ国立公園でお会いしたご夫婦はお元気だろうか。

 

人生は、きっかけと勢い。

心を動かした言葉や感覚を大切に生きることで、人は拡張できるのだと思う。

年齢や言い訳は捨てるべきだ。

17年前にきっかけを得た自分が、勢いを経て岳沢に立っていた。

紛れもなく歩いてそこまでやってきたのだ。

 

 

 

 

2022.11.04

次回の大阪個展のご案内

 

 

 

無事に山口個展終了致しました。

お運び頂きました皆様、心より感謝申し上げます。

 

今年最後の個展は、大阪です。

DMが出来上がる前に軽くご案内です。

 

12月6日より12日まで。

ギャラリー芭蕉にて。

初日、2日目、終日在廊予定です。

 

詳細は改めてご案内致します!

 

 

 

 

2022.10.24

山口個展の様子!

 

 

 

ただいま会期中の山口個展の様子、否、会場となっておりますドログリーイケオカさんの店舗の様子の方がメインかな。

 

毎年お世話になっております、山口県光市での個展、先週末スタートしました。

光市の隣町は岩国。

なので山口県とはいえ広島の方が断然近い。そしてお店は周南の穏やかな海がお店の駐車場からは遠く見下ろせまして、夕陽が海に溶けてゆき刻一刻と変化する空の色を堪能できるという高台にあります。

 

 

作品展示の様子もですが、たまには素敵なお店の空間をご紹介。

 

 

いつも広い店舗のメインのコーナーをゆったり使わせて貰っています。

 

 

衣食住をテーマにしたライフスタイルショップのドログリーイケオカさんには、いつもわくわくするものが沢山詰まっています。

こちらは外席につながるカフェコーナー。

外席では、ぶどうの蔦が良い感じに垣根に這い、小さな小道のトネリコの木もこの10年でずいぶんおおきくなりました。

 

 

暖炉に火がつくシーズンにはまだお邪魔したことがなくて、いつか訪れてみたいと思い続けてもう10年以上経っております。

 

 

 

初日には、遠くよりお運び頂きました皆様ほんとうにほんとうにありがとうございます。

10年以上のお付き合いですが、皆さま少しずつチョイスされるアクセサリーにも変化が現れて参りまして、お客様同士、コミュニケーションが盛り上がって、昨年お求め頂いたものをかえっこして試着してみて談笑したり、お客様流のアクセサリー使いをご紹介頂いたり、と、賑やかな在店2日間でした。

この仕事を続けてきたこと、光市という場所にご縁を頂いたこと、しみじみ感謝しながら昨夜新幹線にて帰宅しました。

会期は、28日までです。

 

わくわくが詰まったドログリーイケオカさんにぜひお運びください!!

 

 

 

 

2022.10.16

おおきな椅子の上の空想

 

 

 

週末からの個展の準備もほぼ整い、昨日は、秋の好天気を狙ってしばらくぶりのロードバイクライドに出掛けた。

 

前回、仕事が推して前日に取りやめた行橋方面の京筑ルートの周遊コースの42キロ。

早朝出発し、自宅から2時間近く車移動しスタートしたのは犀川の駅。

清々しい朝の空気とひんやりした秋の空気。

漕ぎ始めた途端、そうそう、この感覚。

記憶を確認し、ひとり心躍る瞬間である。

昨日は、どこを走っていてもずーっと金木犀の香りがしていました。

まるで、金木犀の香水を自分自身がつけているかのように町中どこを走ってもずっと薫ってくるのです。

この時期、通りがかりのどこかのお家の庭先から薫ってくることは誰にでも経験のあることだろうと思うのですが、40キロ以上いろんな場所を常に移動しているというのに、町のどこに居ても四六時中薫っているという経験は全く初めてで、車では得られない自転車ならではの体感だと思うと、自転車を始めてよかったと再び心躍った。

以前訪れた場所で、似たような印象深い経験をした街がある。

あれは、5月のベルリンだった。

どこを歩いてもポプラの白い綿毛が雪のようにようにふわふわと舞っているのです。電車で隣町に移動しても朝からずっと舞い続けている。

金木犀の薫りを鼻先に携えてペダルを漕ぎながら、ふとポプラの綿毛が舞うあの幻想的で美しいベルリンの街景色を思い起こしていた。

 

お湯を沸かして川縁の風に吹かれてコーヒーブレイクをした後、スタート地点に戻りバイクを車に乗せると、どうしても行ってみたかった場所があり車にて移動することにした。

 

 

 

向かったのは、豊前の繁華街から離れた丘の上に忽然とある木製のおおきな椅子。

誰が何のために?

山々を正面にしたおおきな椅子には、よく見ると後ろの左脚の部分から登れる仕組みになっている。

椅子好きな私としては、ぜひこの椅子に座ってみたいじゃないか!

いつもは登ると言えば山だが、このおおきな椅子によじ登ってみた。

 

 

 

 

思わず笑顔になる。

ついでにこんなポーズも。

 

 

一寸法師の気分。

 

訪れて分かったのですが、この建物三階建てほどはゆうにあろうと思われる椅子が鎮座している敷地の中には、いろんな種類のオリーブの苗が等間隔で沢山植えられていました。

敷地の入口には、手書きで「森の学校」という看板を見かけた。

沢山のオリーブの苗が大きくなった頃、このおおきな椅子を中心に森の学校ができてゆく。

素敵な計画だなあ。夢がある。

どんな方が実行されたのだろう。

お会いして色んな想いを聞いてみたくなった。

 

椅子に座って景色を眺めていると、前方の山々に近づく落日の光が辺りの稲穂たちを撫でるような角度で照らし、まるで黄金色の絨毯を眺めているようで、そこは地球というリビングルームであるような錯覚に陥った。

地面から足を離す。

大人になると、あまりしないことだ。

そんな場所に腰掛けて見ると、不思議と雑念が溶けてゆく。

 

童心が産む独特の想像力と世界。

あの頃、創り出せた忘れてしまったものたち。

そこに近づくための学校。

この学校は、大人が必要とする学校になるのかもしれない。

 

ぜひ、再び訪れてみたいと思った。

 

 

 

 

 

2022.10.14

山口個展のお知らせ!!

 

 

無事にサイトもリニューアルできました。

それでは早速個展のご案内です。

毎年恒例となりました山口県光市のドログリーイケオカさんでの個展のご案内です。

 

 

 

末野美由紀アクセサリー展

10月22日(土)〜28日(金)

10:00-18:00

定休日 火曜日

ドログリーイケオカ店内にて

山口県光市室積市延3-14

0833-78-0335

 

私は22日と23日終日在店致しております。

本当に長いお付き合いとなりましたイケオカさんでの個展ですが、最初にお店にお伺いした時のことはよく記憶そています。

こんなにセンスのよいお店が都会でなくても運営できるのだ!と。

 

さりげなくご来店者を迎える心遣いや気配りが随所にあり、気取りはないが気は抜いてない。それなのに足を運ばれた方々が窮屈な思いをしないおおらかさの中で楽しい時間を過ごせる、という商いで最も大事なことを店舗全体で見せて頂いた!

そんな印象でした。

 

それは、毎年伺いますが今でも変わりません。

 

お付き合いさせて頂く様々な場所で、本当に沢山の学びがあります。

ありがたい仕事だなぁとしみじみ思うのです。

 

秋の心地良い日が続いております。

ぜひお運びくださいませ。

 

 

新生フォンテスキーのサイトを通じて、これからも沢山の交流が生まれ続いてゆきますように!

 

感謝を込めて。

 

 

 

 

Page top

Instagram