INFORMATION

2016.11.15

再会する言葉たち

 

 

本棚の下に座り込んで、心に残った本の中の言葉たちを拾う。

ここのところ、夕食をすませると1時間ほどそんな作業を繰り返している。

本を読むときの癖で、気に入った言葉、感銘を受けた言葉、学びを得た言葉があると、ページの端を折っておく。

その言葉そのものには敢えてマーキングをしない。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

時間が経ってから本をめくり、折られたページを開き、当時どこにどんな風に興味を持ったのか思い起こしてみる。

そして、その言葉が今の自分にどう響くかを改めて探る。

 

 

言葉が押し広げてくれる世界。

これは詰め込むだけではどうにも広がってくれない。

使い果たすつもりで、外へと常に出し続けることで、スペースが広がってゆくようだ。

と、同時に日常の感覚に馴染ませていかなければ、深みを増していかないような気がする。

広さに深みが加われば、より豊かであろう。

 

時折、引っ張り出してめくる折り曲げられたページたち。

 

今夜は、彫刻家アレクサンダー・カルダーのこの言葉に再会した。

 

「余暇時間から最高のものを引き出すことを覚えなくてはいけない。

そこには、創造への刺激的な雰囲気があるのだ」

 

そう。

そのような雰囲気を味わいたい。

今、私も、余暇時間が、欲しい・・・

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る