INFORMATION

2022.08.12

ゆるい1日

 

 

 

 

 

世間は昨日あたりから夏季休暇の模様。

毎年、世間と少しずらし且つ仕事の区切りがついた頃に休暇を設定するようにしている。

今年は次のイベントが終わってから来月末を予定している。

 

とはいえ、世間が休暇のためどうしても身動き取れない流れが出てくるので、世間の時間の流れにも合わせてなんとなく1日はゆるい日を取り込んでいる。

ゆるい1日は、冬季休暇、いわゆるお正月休暇にも取り込んでいて自分なりのパターンがあるのです。

 

 

日頃から気になっていた本のメモリストを元に先月末くらいからあっちの本屋、通りがかった本屋、Amazon検索と集め始めておりますとちょうどゆるい1日決行日あたりには、いいあんばいに積読状態になっちゃうのです。

 

リビングのラグに大きなクッションを持ち込んで、その時の気分のおやつとコーヒーを広げ積み上がった本のそばに寝転がってその時の気分であれこれ乱読。

だらだらする1日も明日の元気のためには、必要な日もある!

 

一日中読んでいることはほとんどなくて、チャレンジしてみたかったレシピで仕込みの必要なメニューの夕飯の支度に早めにとりかかり、明るいうちからゆったりお風呂に入る。

そうやって、茜色の空を見ながら夕食をとる。

 

世の中が休暇の時には、電話やメールも少ないのでゆるい1日をやるのにも好都合なのです。

 

世間的には明日からが本番の休暇ですが、私は明日から再びいつものモードで制作。

 

来月は少し気温も下がって欲しいものです…

 

 

 

 

2022.08.09

息抜き

 

 

 

 

 

先月、仕事の打ち合わせを兼ねて鹿児島に帰省した折に、1日だけ時間をとり友人と美山の窯元巡りをしました。

訪れたのは、沈壽官窯と荒木陶窯。

 

 

 

ご存知の方も多いかとは思いますが、薩摩焼には「白もん」と「黒もん」がありまして、白もんは、藩主の手にのみ納められ、黒もんは民衆の生活の中で広く使われてきたものでした。

現在ではどちらにも根強いファンを獲得しているようです。

 

沈壽官窯でひと目で気に入ったもの。

さて、これは何でしょう?

 

 

実はこちら、薩摩焼の襖の取手なのです。

内側側面上下に穴が開いています。真鍮の釘がセットになっておりました。

なんて粋な装飾だろう、とちょっと感激してしまいました。

図柄は吉祥紋様の四君子。

梅、蘭、竹、菊の4種類がありまして、縁が黒か白か。更に形状違いもありまして、襖の表と裏に白、黒使い分けたりされる方もいらっしゃるとか。

 

我が家は現在、襖を外して生活しておりますので、しばらくこれを茶事の豆皿として使おうと思っております。

そして、いずれ正しく使う時が来るまでにぼちぼち残りを集めるかな…と。

 

美山は緑多い長閑なエリアで先代から続く窯元が多くあります。

 

 

 

手入れの過ぎない庭先の季節の花やそこに訪れる美しい野鳥たち、先代の幼少の時からあったという樹齢100年以上の大木など、よく目を凝らすと味わい深いものが多くありました。

 

非常に慌ただしく過ぎた先月、山もロードバイクも出来ずじまいでしたが、

こんな息抜きも良いなあと全身の緊張がほぐれました。

仕事を終えた翌日、新幹線の時間までの7時間ほどで美山の窯元2ヶ所と以前から伺いたかったターンウッドの木工作家さんの工房、そして老舗和菓子屋でお抹茶でいっぷく。そのあと2ヶ所ほどグリーンに特化したお花屋さん巡り。

1日だけとはいえ、随分充実したショートトリップ、夏休みとなりました。

 

違う土地での息抜き。

やはり素敵な出会いがあって楽しいものですね。

 

 

 

 

 

 

 

2022.08.02

あっぱれ、日本製

 

 

 

デザインはどこから生まれるか。

よく問われることではありますが、おおよそがこれまでの経験、体感、日常、全てが交錯したなかの隙間から生まれ出る、といった感じである。

きっかけがあったり、練りに練って何年もまとまらなかったり。

同時に2つを思いついたり。

 

いきなり手を動かしながら完成に辿り着くこともあるのだが、備忘録的なシルエットを残す時もある。

 

愛用しているのは、ステッドラーの4Bの鉛筆である。

 

 

 

部屋中あちこちに置いている。

地味にカッターナイフで削っているのだが、なんせ部屋中の鉛筆を集めて削るとなると、これまた億劫になりついついまだイケる。とばかりに、芯の部分が木の部分に隠れて見えなくなっていても、書ける角度を探して駆使して使ったりしていた。

鉛筆が紙をカリカリと削るようになった頃には、観念して芯がちょびっとだけ見える辺りまで削る。

また、鉛筆が紙を削り始めたら、鉛筆本体を削るを繰り返してきました。

 

やっと買いました!

 

 

 

ザ・えんぴつ削り機。

 

日本製。

長年定評のあるというcarlというメーカーのものらしい。

今は、USBで充電の電動えんぴつ削り機もあるのですね。

私は、なかでも一番リーズナブルなものを選んだのだが、あまりの削り味に驚いた!

こんなにも。

もう凶器の域。

すごいなあ、日本製…

あまりにも先端が尖りすぎて、老眼の私は肉眼で先端に焦点を合わせることができない。

写真で改めて見ると、まさに身震いするほどである。

 

小学生の頃、なぜかあまり鉛筆削り機を使っていなかった。

不慣れな私はよく鉛筆ではなく指を削ってしまい、ノートや教科書を血だらけにしていた。

押さえても押さえても勢いよく溢れてくる血を見ていると、このまま死ぬんじゃないかと急に怖くなって、指を押さえたまま両親のいる居間に小走りして

「指切った!」と報告しに行ったものだった。

「だから鉛筆削り機、使いなさいよ。」

 

 

はい。

これからそうします。

 

今更、親の言うことを聞くという始末です。

 

ま、さすがに大人になってからは指は切っておりませんが。

 

 

 

 

2022.07.29

番組出演のお知らせ

 

 

 

福岡、山口県(福岡近郊エリア)で放送番組の短いテレビ番組ではありますが、ちょこっと出演いたしますのでお知らせ。

 

TNC  テレビ西日本

7/31日曜日 午前11:45-50

「美の鼓動」

 

 

 

私目は、テレビを持たないので放送後でも観れるというwebで、薄目の節目がちで拝見しようと思います。

 

お見苦しい点ございましたら潔く忘れてくださいませ。

 

来週から8月。

ひょっとして年末が近くなってきた??

 

 

 

2022.07.18

スワンチェア

 

 

 

 

 

アポイント制の小さなショウルームスペースを始めて2年近く。

世の中の動きが止まったこともあり、ご案内を皆さんに送れたのはちょうど1年ほど前。

おかげさまで少しずつですが色んなお客様がやって来られるようになりました。

 

バッグを置いたり、商談の間にちょっと腰掛けたり、お連れ様の悩む姿を眺めたりするくつろげる椅子がやはりあった方がよいな。

 

頭の片隅にありながら既存の椅子でなんとか対応しておりました。

昨年、知人に案内して欲しいと言われご紹介しました行きつけのインテリアショップで、長年の担当者から偶然グッドニュースを耳にした。

 

アルネ・ヤコブセンのスワンチェアのキャンペーンが始まったばかりという。

それまでスワンチェアは自分には甘いデザインではないか、そんな思いもあり敬遠していたこともあり実は未だに一度も座ったことすらなかった。

良い機会だと実際に座ってみた。

途端に知人を案内した筈なのにすっかり自分自身が揺れていた。

まるで大きな白鳥に包まれるような心地になるホールド感と、デザインと思われがちな羽根部分の計算された肘置きの高さは完璧なまでの用と美。

椅子自体がゆっくりと回転するので、腰掛けた女性が両脚を揃えたまま椅子の向きを変えると、必然的に揃えた脚が斜めになる。

その様はなんとも優美で、エレガント。

誰も座っていない椅子としての佇まいも気品を感じますが、そこに座る人の所作やその人そのものの魅力で更に違った美しさが現れる。

そして、たとえば羽の部分に着ていたコートや手袋を掛けて椅子のそばを離れたとしても、そこに人がいたという残り香のような気配にもロマンが感じられる。

ああ。なるほど。

だから人気あるのか。

 

オーダーを決意したのが、キャンペーン締め切りのぎりぎり昨年末でした。

そして、途中、今年に入って新たな世界事情が加わりコンテナ積み込みが遅れに遅れ、予定より2ヶ月遅れで届きました。

 

 

この椅子が生まれたのは1958年。

建築家であるアルネ・ヤコブセンは、自身が設計したSASロイヤルホテルのためにスワンチェアだけでなく、エッグチェア、ポットチェア、ドロップチェア、ジラフチェアといった幾つもの美しい流線形の名椅子、そしてドアノブや照明器具、レストランで使用するカトラリーまでデザインをしました。

 

巨匠はやはり恐ろしいほどの創造の塊です。

 

発表当時はそれまでになかったこの椅子の大胆な流線形をどんな素材で表現したのか、このことが業界に大きな影響と革命が与えたようです。

 

 

 

デザインが生まれてきた背景や時代を知ると新しい目線が生まれます。

長年のお付き合いのインテリアショップの店長曰く、この流線形の椅子の張り地は、ミシンではなく全て手縫いで行われているという。

完成までに時間を要する筈ですね。

 

 

 

 

ショウルームスペースで、新たなシンボルチェアとなり皆さまをお待ちしております。

ぜひ、お越しになられましたらゆったりと回転する白鳥に抱きしめられつつおくつろぎくださいませ。

 

クリエイティブ魂。

微塵でもあやかりたい思いで、スワンチェアはフォンテスキーショウルームに座して、皆さまのお越しをお待ちしております。