INFORMATION

2021.01.18

擬似体験

 

 

 

 

今朝も早くから続々と白い路面の駐車場へと方々からの車両ナンバーを掲げた車が滑り込む。

入念な準備を済ませた登山者達が、小気味良いアイゼンの音を響かせながら入山してゆく。

 

 

 

 

前回より雪は少なめ。

しかし、曇り空に覆われて空中も足元も辺り一面が白。

 

 

 

 

このコースはアップダウンが適度にあり、景色も何度となく楽しめる。

ひとつめのポイントの手前あたり、高度がかなり上がった付近から太陽がちら見えしつつも、気温の方は40分前より確実に下がっている。

 

雄大な山々の側面に雲の合間から朝日が差し、黄金色のスポットライトが白銀の衣装をまとった木々たちのシルエットを照らし、前回登頂時の景色とはまた趣が異なりしみじみと見惚れた。

何ショットも撮影していると直ぐに手先がじんじんしてくる。

 

今日、目指す山は、星生山だ。

 

 

 

分岐点まで辿り着いた頃、空の雲が一気に動き始め風が強くなってきた。

目指す星生山を見上げる。

秋口に訪れた時は、山頂からの尾根歩きがとても心地よかった。

さぞかし、今日は頂上は風が強く立っていられるのだろうか。

不安がよぎる。

昨年も雪山の星生山の登頂を断念したので、今回は太陽を信じて登頂を決意し歩き出した。

 

頂上が近くになるに連れて風は更に強く、雪も深くなり、前人の足跡も消されるほど新雪が積もった登山道は、宝石のように煌めきが眩しかった。

かなり指先と鼻先が冷たい。

頭上では、8ミリ映画のようにただひたすらに雲が勢いよく流れていた。

 

 

自分の息遣いと鼻をすする音、風の音しか聞こえない。

 

頂上に着くと、上下、左右、境界不明な白の世界にぽつんと頂上を示す標識が岩場に浮き上がるようにして突き刺さっていた。

標識の根元にくくりつけられた気温計には雪がこびりついている。

気温計の目盛を読み上げた。

風の音にかき消されたのだろうか、友人が再び聞き直した。

え?何度?

マイナス8℃。

マイナス8℃!!!

友人が大きな声で復唱したのを合図に、下山方向へと再び歩き始めた。

 

とにかく風が強い。

手先と顔全体が痛い。

もう呑気に立って歩いてられない。

前傾姿勢になり、やや重心を下げてひたすらに下山する。

 

 

 

 

下山始めてしばらくすると、雲が流れ切った空に太陽が現れ青空がすぱっと広がり始めた。

 

ちょうどよいあんばいの岩の屋根のような窪みを見つけて、そこにシートを敷きザックをおろしクッカーを取り出して湯を沸かした。

友人は、コーヒー。

私は、生姜蜂蜜の入った葛湯を飲むことにした。

 

葛湯はこんなに美味しい飲み物だったか。

身体中に暖と優しい甘さが染み渡った。

 

 

 

 

つい先ほどの痛い冷たさと風が嘘のような天気になった。

 

無風の穏やかな青空にぽかぽかの太陽。

眼下には、樹氷の群れ。

なかなか冷めない葛湯を片手に日向ぼっこの気分になり、まどろみそうなほどだった。

 

 

 

九州生まれの私にとって、マイナス8℃なんて生まれて初めての体験だった。

本物の登山家達は、とてつもなく勇敢だ。

改めてそう思った。

 

山岳小説の世界だけでなく、瞬間ばかりの登山家擬似体験をしたのかも知れない。

そのことは、少しばかり私自身が進化したような気がして密かに嬉しい思いのするものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.01.07

2021年、あけましておめでとうございます。

 

 

 

新年あけましておめでとうございます。

 

本日は、福岡の街も吹雪いておりますが、新しい年になり世の中も動き始めました。

気持ちを真っ白にして、今、この時から描くことができる。

 

暗い不安な気持ちが頭をもたげそうになるけれども、希望や光を自分自身で作り上げて少しでも近づけていく。

チャンスがたくさんあります。

 

年明けに、お天気に恵まれた初トレッキングをしました。

 

 

 

くじゅう中岳の麓にある御池が、凍りついていました。

その池を眺めるだけでも素晴らしかったのですが、さらにその池の上を歩くことができたのです。

 

 

最初はおそるおそる…

 

 

 

 

アイゼンが氷に食い込む音が澱みのない青い空へと吸い込まれてゆく。

今、この池の上では時間が止まっている。

 

そんな静けさと澄んだ空気が頭と心をスッとひとつに繋いでくれて、深い穏やかさが温かい熱となり、身体中に伝わるような思いがしました。

そして、次に、昨年までの負の部分は、ひとつの塊となり全て浄化されて、新生するかのようなエネルギーを感じました。

 

自然の中に身を置くということは、人を無にしてくれる力がある。

 

今年も沢山のエネルギーを作品に転化させていけるように、精進したいと思います。

 

どうぞ宜しくお付き合いくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.12.30

ありがとう2020年!!!

 

 

 

 

 

仕事用のスケジュール帳を2021年のものを準備し、書類の整理、ファイルの整理、アトリエを清掃し新年を迎える飾り付けを済ませて、今朝で本年の仕事を無事に終えられました。

 

 

 

 

 

 

今年は誰にとっても心の乱れが多い一年だったと思います。

しかし、それだけにいつもそばにいてくれる方々の存在やありがたさはいつも以上に感じたことでしょう。

 

どんなにテクノロジーがすすんでも、人から得るエネルギーがなによりも莫大な力を持っているのだと信じております。

 

人の思いが込められたものや人の息が吹き込まれたもの、私自身もものを作る沢山の方々の作品に触れて、改めていろんな思いを感じられ力を貰いました。

 

この仕事を続けさせて貰えているこの環境に、この時に、感謝がいっぱいです。

 

木蓮の蕾が膨らみ始めているのを街路樹の中に見つけました。

たんぽぽやあざみ、桜、フジの花に、つつじ。

外は雪が舞っていますが、きっと春はやって来ます。

来年もいろんな街で笑顔で皆様にお会いできることを心より楽しみにしております。

 

2020年も沢山の方々に支えて頂きました。

 

これから始められる新しい年を気持ちよくお迎えくださいませ。

 

多謝。

合掌。

 

 

 

2020.12.25

クリスマスプレゼントとお歳暮

 

 

 

 

ずっと気になっていた鉄瓶。

サイズとキッチンでの置き場所や使い勝手などを考えると果たしてどうなのかと決めかねているうちに、当時住んでいたところから引越しすることになったのが今年の初秋。

今度の住まいでは、キッチンが広くなったこともあり鉄瓶デビューを決意!

 

 

 

 

 

 

 

鉄瓶生活を始めている先輩にアドバイスを受けながら、生活も落ち着いたこの頃、岩手より届きようやく鉄瓶デビューを果たしました。

 

引越し記念と自分にクリスマスプレゼントとお歳暮!というあらゆる名目付きでやっと手に入れた鉄瓶。

 

 

お酒を飲める方で鉄瓶を初めて使われた方は、きっと感じたことでしょう。

純米酒と大吟醸の違いさながらの舌触りと喉越し、ふく郁たるあのとろみ感。

つまり、その湯で淹れる煎茶、お抹茶、紅茶、コーヒー。

やはり、歴然と違う。

まあ、茶道の世界をご存知ならば、改めて語ることもないでしょうが。

 

早朝のまだ薄暗く寒いキッチンに、真っ黒の鉄瓶からふわふわと噴き出る真っ白な湯気。

そして、そのふわふわの湯気と共に鉄瓶がしゅんしゅんしゅんという鳴り出す。

この可愛らしい鳴き声が湯が沸いた合図。

なんとも風情がある。

 

手間のかかるものには、必ずや風情という金銭に換えられない価値がある。

かの松下幸之助氏は、かつて日本の女性たちが1日を費やすほど重労働だった家事から少しでも楽になり解放されて欲しいという思いで、次々と家電なるものを世に送り出したという。

 

家電量販店を今、氏が訪れたならば、きっと腰を抜かすほど驚くのではないだろうか。

今を生きている私自身が訪れても、見ても用途が分からない家電がおびただしく存在しているのですから。

それが便利か必要な機能かも言い切れない曖昧な代物があまたある。

 

人は、ある程度以上の機能のものは、実の所全く欲していないのではないかと、鉄瓶の鳴き声を聞きながら思うわけである。

 

皆様にメリークリスマス。

そして、私自身にもメリークリスマス。

 

 

 

 

 

2020.12.18

薫る花

 

 

 

 

 

若い頃は、水仙の花はあまり好きではなかった。

花を見るたびに、小学校の図書館で初めてギリシャ神話を読んだ時の本の挿絵のページがはっきりと思い出されて、いつも読み終わったあとの当時の感情もセットになって蘇っていた。

香りもつんとすました感じよね。

何やら毒を持っているというじゃないか。

の割には、地味な花だ。

なんだかあまり好きにはなれないのよね。

 

そんな思いと固定されたイメージを1ミリも崩さずに生きてきたのだが、今年、ふと微動だにしなかったはずのイメージが動くきっかけがあった。

夏に山口県の角島にサイクリングに出かけた折に、川棚温泉で汗を流した後お土産物屋を物色していたら細首の萩焼のシンプルな花瓶と目が合った。

 

この花瓶は、冬には水仙が似合いそうだな。

白い釉薬がまるで庭に積もった雪のよう、その白い土からすっと立ち上がった水仙、清潔感があってなかなかよいだろうな。

そういえば私、水仙の花ってあんまり好きじゃなかったのにどうしてだろう。

 

人は、少しずつ好みも感じ方も変化するものだとよく聞くものだが、

「絶対」という表現が年齢を重ねるごとに使いづらくなってくるという現実を実感している。

 

 

随分寒くなり、水仙の花が花屋やスーパーのお花の売り場でも出回りはじめた。

萩焼の細首のあの花瓶に、水仙を入れてみようか。

初めて水仙の花を買った。

テーブルに花用のクロスを広げ、花瓶と花鋏を置き、セロハンに包まれている花をほといた。

水仙が薫る。

つんとした香りがする。

これまでそう思っていたのだが、不思議なことに冷たい空気に混じった水仙の香りは、意外にもとても清らかで衛生的な気がした。

その瞬間、置き場所が決まった。

 

パウダールームと玄関からリビングにつながる廊下の2箇所に飾ることにした。

 

廊下には、以前、大きなイベントでもご一緒した漆作家の林源太さんの作品、六角形の鉄のような色をした漆のしゅっとした掛け花に入れると、照明が生む影も楽しめてなかなかによかった。

 

 

 

 

 

 

細首の萩焼の花瓶は、パウダールームに。

早朝、まだぼんやりしたままパウダールームに入ると、ふんわりと冷たい空気に混じって水仙の香りがする。

この場所で正解だったかもしれない。

 

 

 

 

リビングによく花を飾るのだが、食事をする場所には、不向きな気がした。

 

地味だと感じていたものに魅力を感じるようになったり、面白みがないように思っていたものに、普遍的な美を見出したり、人は見えるものが少しずつ変化してゆき、ある時から人生そのものに滋味深さを感じるようになり、全ての事物、関わる人々に改めて情が湧くようになるのかも知れない。

 

ということは、今後益々、絶対変わらないと言い切れるものは、ほとんどなくなってしまうのではないだろうか。

 

それは、未来への冒険心にきらめくようでいて、変化の不確かさに少しばかり心細さが混じった不思議な気持ちである。

 

変化している時間軸にいる自分、それも全て同じ自分なんだよな。

薫る花の側で洗顔しながら、そう思った。