INFORMATION

2018.10.15

佐賀個展開催中!!

 

 

 

週末より始まりました佐賀個展行って参りました。

 

爽やかな秋晴れのお天気のもと開催されましたギャラリー遊さんでの個展。

 

 

 

 

 

今回は少しやわらかなイメージのアクセサリーを多めに構成して出展しました。

おおよそ個展の際は、ディスプレイをさせて頂けるので、どんな趣向でいくかを考えるのも楽しみのひとつでもある。

コンクリート打ちっ放しに全面ガラス張りに囲まれたギャラリー遊さんの空間。今回で4回目、いや5回目かな?

 

無垢板張りの床に什器も分厚い木のブロックや丸太などが常設してあるので、高さを変えたり、天井から吊ったりと楽しませて頂いた。

 

秋の空気感と落ち着いたイメージでまとめようと、ディスプレイ小物も、革素材を使った自作の木の小物やウッドプレートなど、木調をメインとした雰囲気で統一しました。

 

 

 

 

看板も新しくなっておりました。

 

こちらも偶然、木の素材。

会期は今週金曜日まで。詳細はふたつほど戻ってくださいませ!!

 

 

 

 

 

2018.10.11

佐賀個展のご案内はふたつ戻ってね!!

 

 

 

気づいてますか。

2018年もあと2ヶ月ちょっとで終わるってことを。

 

街に出かけると、文房具屋では来年のスケジュール帳が目立つコーナーに。

デパートではおせちの注文受付始めのアナウンス。

急き立てられるような1日1日の経過に、大きく深呼吸ひとつ。

 

 

 

 

カレンダーの中の残された月をじっと見つめていると、恐ろしく的外れな過ごし方をしてきたんじゃないかと、今更ながら焦りの熱が身体にこもってくる。

 

今年、一体どんな風に過ごしたんだ。

2018年今年の1月からスケジュール帳を追ってみる。

ああ、そうだった。

そうそう、これって今年のことだったか。

過去を変えることはできないが、思い出される特別な日も、忘れさられた日も、過去はすべて今へとつながる歴史となってゆく。

明日になれば、今日でさえも歴史。

 

時に振り返る作業をすることは、大切だと思う。

 

今お付き合いをしている方々、仕事で関わる方々、そもそもどうやって始まったのだろう。

その事に立ち返る時、今と違う背景が見えてくる。

個人的な話になるが、私は不思議ときっかけとなった人や、モノ、コト、それらの先にある人やモノ、コトから劇的に世界が広がり、長くご縁が続く傾向にあるようだ。

 

その先にあるご縁に出会うには、今あるご縁をないがしろにしては出会えない。

 

 

どんなご縁も大切にしなさい。

 

年長者の言葉は、いつもシンプルで含蓄深いものだ。

 

若い頃、生意気盛りの頃には、その深みには気づきもしなかった。

その言葉を使うことで理解したつもりになり、言葉だけが上滑りして薄っぺらだった。

それも当然だろう。自分自身がまだまだ浅いのだから。

 

体験と実感がぴったりと密着してくると、やはり言葉はシンプルになってゆき、より沁み入るようになる。

 

人の興味を引くのは行為の過程であって、行為それ自体ではない。

真に重要なのは完成への過程であって、完成されたもの自体ではないのである。

 

「茶の本」岡倉天心著 より

 

明日になれば、今日という日も辿り着くどこかへの過程となる。

ならば、笑顔を携えて向かおう。

 

 

 

 

2018.10.05

佐賀個展のご案内はひとつ戻ってね!

 

 

毎週末のように台風進路が気がかりな生活だ。

 

佐賀個展の制作もあと一点で、準備完了!

来週は、秋晴れのよいお天気に恵まれることを願っております。

 

 

 

 

 

 

さて、先週近くの公園をのんびり歩いていたら秋を見つけました。

秋色づいた落ち葉。

それなのに、ちっとも秋色が分からない。

 

カメラがモノクロモードになったままだった。

ごめんあそばせ。

 

日中の陽射しの中には、涼から寒に向かうひんやりとした気温が混ざっている。

街中を歩くのも心地よい。

 

短くなりつつある春や秋。

絵に描いたような秋の日を感じたら、早めにヤスリを置いて外へ出かけよう。

そう思っているのに、連続台風で実行が難しい。

 

本日も厳しそう。

週明けには実行できるかな。

 

 

 

 

 

2018.09.28

佐賀個展のご案内!!!

 

 

九州での個展、今年最後となりました佐賀個展のお知らせです!

 

 

 

 

 

2年ぶりの佐賀個展です。

 

身につけるアート  末野美由紀展

 

10月13日(土)  –  19日(金)

11:00-18:00   最終日は17:00まで

 

ギャラリー遊

http://gallery-yuu.net

 

 

 

私は、初日終日在廊予定です。

ずいぶんと秋めいて参りました。近郊の方々散策を兼ねてぜひお出かけ下さいませ。

尚、DM欲しい方はご遠慮なくお知らせくださいませ。

さあ、ラストスパートの準備です!!

 

 

 

2018.09.22

夏の名残香る

 

 

 

雨上がりの午後。

海を訪れてみた。

 

 

 

 

 

賑やかだっただろう海水浴場を眺めていたら、撤収途中の海の家があった。

夏の名残。

日没の近い雨上がりの空が明るいグレーの背景となり、トタン屋根のくねくねしたシルエットが、新鮮に思えた。

 

撮影したかったのは、トタンからポタポタと落ちる雨の雫。

ふん、いまだ写真がへたくそだ。

 

 

若い時分には、賑やか真っ盛りな海にただ行くだけで楽しかったものだが、年齢のせいだろうか、少しピークを過ぎた頃に訪れるとかつては感じ得なかった静かな趣を感じるものだ。

 

ただのあまのじゃくか。

 

著名な映画監督が残した言葉があったような。

 

若い時には、どんなことでも大きく手を広げて受け入れてくれる海を好むものだが、年を重ねるごとに、山を好むようになるものだ。

山では、自ずと広げた手をゆっくりと閉じ、裡を見つめるためであろう。

 

生きる時間が変化すると、好みも変化する。

人は無常の生きもの。

変化する自分自身も、それはそれでよい。

 

 

我が家でも少しずつ夏の名残香る生活の品々を、仕舞い始めている。

 

仕事が終わると、秋を迎え入れる準備を愉しんでいる。

 

 

来週は9月最終週となります。

年内も個展あと2回となりました、来月13日より予定の佐賀展のご案内は次回致します!!