INFORMATION

2022.03.08

伊勢の神宮

 

 

 

福知山の個展の後、翌日仕事兼ねた件もあり志摩方面に向かったので、いい機会かと思い少し時間をとりお伊勢さんにお詣りをしました。

 

先月末より世界中に不安と緊張感が広がっている世情、この世の人々が平穏な日々を過ごせますように。

 

参拝者の全員が心にとなえたことのひとつでだろうと思います。

 

 

 

伊勢神宮の正式名称は地名を冠しない「神宮」だそうで、他の神宮と混同されないように伊勢の神宮、親しみを込めてお伊勢さんと呼ばれているそうです。

 

画像は、伊勢神宮の内宮の入り口を通り宇治橋を越え、参道の右手に石畳が敷かれた「御手洗場」です。

お詣りの前の浄めの場。

 

訪れたことのある方々に話には聞いておりましたとうり伊勢神宮は、外宮、内宮共にやはりとても美しい神宮でした。

お詣りされていらっしゃる全員が本当にマナーを心得ていて、数々の天災が起こっても日本人が大きく乱れ、混乱をきたすことのない民族であることは、やはり寺と神社の共存しているルーツが秩序を保っているのだと改めて感じました。

 

こんな時世ということもあり静かにお詣りできましたお伊勢さんでした。

今回は個展と近くでの仕事もあり足を伸ばせましたが、九州からは本当に、はるばるといった距離であるというのが正直なところではございます。

 

いつか機会があればとお思いの方は、気持ちが動いた時がベストな機会かもしれないですね。

 

万人、万物が平穏に平等でありますように。

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る