NEW

2020.01.29 /

 

 

 

 

 

煙ピアス。

 

このピアスは、駆け出しの頃に作ったものだ。

アクセサリーを作り出して20年経った時に、記念イベントとして写真展を行った。

デザインソースのイメージに近い自然や風景、情景などをカメラマンと探し、作品と一緒に撮影した写真とそのアクセサリー、それらをストーリー仕立ての詩と共に展示するというイベントだった。

 

 

 

 

 

これは、その時に使った写真である。

プロが撮ったもの。

煙をイメージしたピアスだったので、背景に煙、と言いたいところだがなかなかうまくいかず、実はドライアイスを使ったもの。

 

煙の作り出すシルエットはなかなかに美しい。

いっときも留まらず、それでいて綺麗な曲線や渦、線を無数に生み出す。

我々が目にしているのは、空気の流れの美なのだろう。

 

暗闇で見る空気の流れは、再び見ることのできない美だった。

 

夏休みになると訪れていた祖母の住む大きな家。

蚊取り線香の煙がすうっと立ち昇るのを、縁側の向こうの庭を借景に見ていたこと。

そそて、夕刻になると煙の匂いが決まって漂ってきていた。

あの匂いと煙は、私にとっては少しだけノスタルジーでもある。

 

 

 

 

定番ピアスの煙ピアス。

しばらくぶりに作ってみました。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る