NEW

ALL

2021.01.18 /

 

 

 

 

寒かったり、小春日和のような気温になったり、雪が降り続けたり、突風が吹いたりの目まぐるしい天気の連続の九州です。

 

今年は2月27日より佐賀での個展が最初となります。

追ってすぐに京都、その後、北九州、鹿児島の予定が上半期の予定となっております。

ただ今、佐賀展と京都展を同時に制作準備中の日々であり、アップが遅れてしまっておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなピンク紫のバロックパールを使用し、希少なドイツチェーンを合わせてエレガントなイメージでまとめたペンダントが仕上がりました。

絡みつく銀色の葉は定番らしいモチーフですが、チェーン自体も個性的なインパクトがありますので少しほっとするようなイメージにまとめてみました。

 

若い頃には面白みがない、とか古臭いとかという短絡的な感想で避けていたものが少しずつ自分の範囲の中にすっと入り込むようになってくる。

新しいものをもう受け入れられなくなってきたのだろうか。

と思ったりして少しばかり寂しくも感じたりするのだが、

このことを鳥の目で捉えるようにして周囲を見渡すと、なんだかこれまで自分がとんがって生きていたような気さえもする。

加えて、ああ、自分はなんて物事を知らずに上部だけで知ったつもりになり生きてきたのだろうかと、気恥ずかしくなるのである。

 

 

この頃、この仕事を通してきて切に思うことがある。

 

最も普遍的なものは、最も愛され続けてきたものである証である。

 

と。

 

普遍的なデザインや素材。

 

その中に、自分らしさを盛り込めるようにできるようになること。

それが、粋な大人ではないだろうか。

 

人生で、これからが、時間を肥やしにできる時に突入してきた。

そんな気がしている。

 

本日は、

木の実のネックレスのご紹介でした。

 

 

 

 

2021.01.11 / /

 

 

 

 

本日は、午後にはやっとお日様が戻ってきてくれました。

夕刻には、西の空の雲が濃淡の美しいグレーと茜色に染まり、しばしロッキングチェアに揺られながらぼんやりと見とれていました。

 

今年、最初のアップとなる作品達は、アーカイブなものと新しい作品とのコーディネート。

 

 

 

リングは、マロンリング。

 

生クリームのような、キスチョコのような。

でも、マロンがモチーフのリング。

ブレスレットは3種類の重ね使い。

カフバングル。

クモの糸のブレスレット。

新作の湖面ブレスレット。

 

新作は少しおとなしめですが、重ね使いをするにはベストな量感です。

昨年始めましたアクセサリースタイリングのアップ。

少しは皆様のお役に立てているようで、さまざまなコメントなど頂きました。

今年は、もう少しアップ頻度を上げられるように意識してまいりたいと思います。

 

今年のフォンテスキーのキーワード。

「おしゃれシフト」

です。

 

 

年齢を重ねると自分が劣化してしまったような気持ちになるという話を耳にしました。

美は、留まらずに常に動くものだと思います。

そんな表現をご自身に持ってしまわないように美に対するマインドの転換。

過去の自分よりも、今現在の自分が好きでいられる。

更には未来の自分はもっと好きになれるような転換。

他人と比較することから解かれて、ご自身にゆったりと向き合えるような転換。

溌剌とした日々への転換。

 

皆様のおしゃれシフトのサポートができるように、新しい目線を発信してゆこうと思います。

 

桐島洋子氏のエッセイの中に素敵な言葉がありました。

 

「若さは謳歌するものであって、賛美されるものではない!」

 

全くもって同感です。

唯一無二のあなたらしさを引き出し、心地よくいられるアイテムを目指し続けたいと思います。

 

本年もどうぞよろしくお付き合い下さいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.12.30

ありがとう2020年!

 

 

 

いつになく早さを感じ、走り去るような勢いだった2020年。

 

あと2日となりました。

予報通り雪が舞い始めた九州ですが、余すところ2日足らずになってみて思うことは、決して負のエネルギーだけではなかったように思うところである。

 

フルオーダーでデザインやアイテム決めから、全てお任せしてくださる男性のお客様がいらっしゃるのですが、

今年は、今までと違うアイテムで身につけることで自分自身の中に安定をもたらすようなものにチャレンジしてみたいということで、ネックレスを依頼されておりました。

 

 

 

 

 

私にとっても違う目線が持てる時間との向き合い方ができた今年。

こんな時にしかできないと逆手にとり、時間を半年近く貰いまして時間をかけて取り組みました。

 

湖の面をイメージしたネックレス。

メンズですから重量感はありますが、湖面のパーツを繋いでゆく部分も全てオリジナルのデザインにしました。

 

案外、女性でも違和感がない雰囲気を持ち合わせています。

年内になんとかお渡しすることができました。

 

今年は、私の中ではずっとチャレンジしたかった制作スタイルの作品を試みることができました。

時間の余裕がなければチャレンジできないことでしたので、私にとって与えられたこの一年は、これまでにない意味を持ったように思います。

 

もうひとつ、試みたかったことがありましたが秋からバタバタと忙しくなりましたので、そちらの方は半ばで断念となりましたが、いつか時間を確保して再チャレンジしようと思っています。

 

 

人の数だけの1年であったことでしょう。

 

2021年は、今から始められるのです。

まだ方向も色も形も決まっていない、

そう思うことで、今年の負は全て消えて、希望だけが浮き上がります。

気持ちをしっかり持って振り回されることなく、しかし柔軟に、しなやかに。

そんなふうに思っております。

 

どうぞ来年もお付き合いくださいませ。

来年の1回目個展は、2月末の佐賀個展より始まります。

 

皆様の笑顔、喜び、全てを応援ととらえ初心に戻り来年も精進して参りたいと思います。

 

感謝。

合掌。

 

 

 

 

2020.12.16 /

 

 

 

 

本日を持ちまして無事に大阪個展を終了いたしました。

 

今回は、毎日のように大阪に関するニュースが流れる最中ではありましたが、初日より沢山の方々にお運び頂き誠に有り難うございました。

 

 

今年は特別な一年でした。

皆様と再び元気にお会いすることができたことがまず一番の喜びでした。

 

そして、自分の作ったものを見ていただくために、対策をしてお時間を取ってお運び頂きましたことが、作り手にとってどれだけ嬉しかったことでしょう。

どれだけ励みになったことでしょう。

改めて、企画展を予定通り決行する決断をされたギャラリーや企画者の方々にもこの場を借りまして感謝申し上げます。

 

言葉だけでなく、何度も心の中で手を合わせました。

この思いは、私個人だけでのものではなく、おそらく私のように活動をしている作り手は皆さん同じ思いをされたと思います。

 

当たり前やルーティンとしてこなしてきた過去の仕事は、毎回幸福の連続であったのだと思えます。

 

自分のできることを今一度丁寧に取り組むべきだと思った今年最後の個展でした。

 

来年は、今年とも過去とも違う心意気で作るもの、生まれてくるものに向きあいたいと思います。

 

そういった意味で今年はさなぎの一年だった。

そう言えるように、来年は、既知のこと、見るもの、接するものを初めて知るような目線で全てに向き合おうと思います。

 

 

 

 

 

 

今回の大阪個展で最もゴージャスなブローチでした。

ブローチあげは。

 

初日に翔びたってゆきました。

 

ご来場頂いた皆様、誠に有難うございました。

 

 

 

2020.12.04 /

 

 

 

 

 

 

大きくて個性的なバロックパールが手に入ったので、さて、この真珠でどんな形を作ろうか。

どんなシルエットがしっくりくるだろうかと頭の片隅に置きながらしばらく真珠のストック引き出しの中でスタンバイをして貰っていました。

 

 

 

 

ようやくデビューです。

 

クリスマスツリーに飾られるようなデコレーションされたおうちのイメージのブローチ。

 

コートや厚手のセーターにちょっと気分が上がるブローチです。

 

真珠の顔つきからイメージしましたので、それぞれ一点ものとなります。

量感もありますので、柄のある装いにも負けないインパクトが楽しめます!

 

個人的にブローチはリングの次に大好きなアクセサリーアイテムです。

随分前に着ていたお気に入りの服をもういちど蘇らせられるアクセサリーアイテム、ブローチ。

 

まだ、なんとなく手が出せないというかtも、ぜひ、チャレンジしてみてください。