NEW

ALL

2019.08.10 /

 

 

楽器シリーズアクセサリー。

しばらくぶりの誕生です。

 

今回は管楽器の音が出る部分をクローズアップ。

ホルンブローチ。

 

 

 

 

ホルン、サクソフォン、トランペット、管楽器の華やかで人の身体に力がみなぎるような音。それでいて、人の細胞の奥深くに染み入るような音。

 

管楽器はくるくると巻いているデザインのものが多いが、実はあの長さは一本に伸ばした状態だとほとんど同じ長さであると聞いたことがある。

 

お酒の席であったので、果たして真意のほどは如何に。

 

形状はブローチとしてクラシカルなものではあるが、秋冬の装いに合わせたい少し地金面も広めなものです。

 

軽い素材のプリーツ、しわ加工のマキシロングスカートよく見かける。少し長めの薄手のコートを羽織り、コートの襟元にワンポイント。腕をまくった手元には大ぶりなバングル。

髪をゆるくアップし、熟した果物色のルージュ。

 

ゆったりと公園をひとりお散歩。

 

そんな女性のイメージが見えました。

 

そんなイメージにはまだ遠い暑さの九州です。。。

 

でも、日も短くなって参ります。

 

 

 

 

 

2019.07.31 /

 

 

 

大きな双葉をイメージしたブローチ。

 

これは元々ペンダントで制作しておりましたが、お客様が試着されているのを見ていてふと、ブローチでもよいかも。

 

 

 

そう思いペンダントではパール使いでしたが、涼しげな朝露が双葉の根元に溜まっている、というイメージに変えて白水晶でブローチに仕立てました。

 

ワンピースの中央、Vネックに沿ってつけたりと楽しむことで本来の服の持つ質感の印象を変えて楽しめます。

ブローチ自体は少し大ぶりですので、秋冬にも活躍すると思います。

 

夏は汗をかくので、ブローチは装いに取り入れやすいアイテムです。

ただ、あんまり目地の詰まったものや素材の薄いシルク、レーヨンが100パーセントのものは避けた方がよいです。

 

これらの素材はブローチの重さがダイレクトに服地にかかるので、素材が持つ柔らかさやしなやかさの動きに影響してしまい、素材やシルエットを殺してしまうので、どちらかというとおすすめしないです。

 

混紡ならば、またニュアンスも変わってきますので、服の素材は、服のパターンやシルエット、デザインはデザイナーがベストされているものを選ばれているケースが多いので、アクセサリーアイテムはやはり幾つか持っていた方が着まわしも含めコーディネートを十分に楽しめると思います。

 

では、とろんとした素材の時には何を合わせたらよいか…

一番のおすすめはロングペンダントかネックレス、もしくはパールのネックレスが相性がよいと個人的におもうのです。

 

あのとろんと溶けるような素材は女性ならではの体感できる装いの素材。

少し優しい、ゆったりとしたイメージにリンクさせるのがベスト!

肌触りの良さにぴったりなチョイスが、身につけている自分にも心地よさを運んでくれる。

そんな気がします。

 

 

本日も午前中のうちから気温上昇。

 

亜熱帯地方に住むアジアの方も、日本は暑いというらしい。

たぶん。

ビル熱だね。

百貨店やスーパー、店舗が冷えすぎだと感じるの私だけだろうか。

 

と、余談になりましたが、本日は双葉のブローチのご紹介でした。

 

 

 

 

 

2019.07.13 /

 

 

 

気の早い蝉が鳴き始めた。

梅雨明け宣言よりやたらに早めに鳴いてしまう蝉が毎年いる。

ほんとに夏の空が広がったりする日が続いたりするから、無理もない。

 

 

 

 

今日は今朝から雨が降っている。

鳴き始めた蝉たちは、今日はどう過ごしているのかな。

絡まる木の陰に潜んでいるのかな。

 

全くもって天候が安定しなくなった昨今だが、もうこれがスタンダードになってゆくのかもしれない。

蝉のオーケストラが聞けるような弾けた夏まで、あともう一息。

 

この頃では、五月晴れの日もめっきり減った。

スコンと晴れた清々しい青空の日が恋しい日々だ。

 

 

さて。

ようやく個展後のオーダー制作も終わりまして、春は巷のゴールデンウィーク10連休などにも無縁で、自分なりには働いた模様。

振り返ったスケジュール張がなかなかにびっしりだった。

 

しばらくぶりのオフバカンスに来週から出かけますので、ブログはしばしお休みします。

 

帰国後、また制作に勤しめますようがっつり充電してまいります!!

 

本日は、蝉が雨宿りしてるかも。な、絡まる木のネックレスのご紹介でした。

 

 

 

 

 

 

2019.07.05 /

 

 

 

まとわりつくとうっとうしい気がするけれども、少し離れて眺めていると美しい。

 

蜘蛛の糸が織りなすマイホーム。

 

 

朝露が水晶のような玉になり、陽の光が射す。

家主は出かけているのか、マイホームだけが空中に見事に張られている。

 

蜘蛛の糸をイメージした模様のリング。

本来はこのモチーフをつなげた少しゴージャスなチョーカーネックレスだった。

のちにセットアップでリング、そして、ブレスレットを作った。

 

毎回お越しいただくお客様がひとつずつ揃えられて、前回は未だ作っていなかった、このモチーフのイヤリングのご注文を頂き、制作のチャンスを頂いた。

 

素敵なお買い物の仕方だなと感じ入った。

実際、とても素敵な方で着物もきちんと着れて、シーンによってはモダンに着くずすこともできる。

持ち物に対しても知識も伴った身につけ方をされていらっしゃる。

お洋服の時と着物の時は、まるっきりイメージが違い、別な女性に思える。

知的な女性とは、こんな方を言うのであろう。

 

セットアップを持っていると、少しフォーマルな場所でもホストに対しても失礼にあたらないのではないかと思う。

それは、必ずしも宝石である必要はないのではないか。

むしろその方のアイデンティティを、静かに語るようにも思える。

 

セットアップは、装身具に限らず服、食器、カトラリー、どんなものでもフォーマル感と相手を敬うもてなしの心が含まれる。

 

実家や祖母の家に一揃いあった茶托付きのお茶碗やお箸、座布団。

決して豪華なものではなかったが、自分達の日常使いのものと分けられて別な場所にあった。

 

今思えば、最も日本人らしい生活の在り方であったように思う。

 

核家族、狭小マンション生活になり、持ち物も厳選しなければスペース上困難になってきて、生活スタイルも時代とともに変化した。

 

自分にとってのフォーマル。

 

そのスタイルをしっかり持っていれば、たとえ型にはまっていなくても相手にきちんと伝わるのではないかと思っている。

でも、本当のフォーマルとは何かを知っておくのは必要であると思う。

 

 

 

 

 

 

 

2019.06.26 /

 

 

 

さじをイメージしたネックレスは、しばしば作っている。

毎回、違った形になるのだが真珠が乗っかっていることは、お決まりになってきた。

 

 

 

カレースプーンで掬ったゆで卵のようなイメージが手前。

もうひとつは、さじの裏側にくっついたごはんつぶ発見!

てなイメージ。

なんとなく聞かなきゃよかったかもな、そんなずっこけっぽいデザインテーマです。

 

いよいよ梅雨入りの福岡。

もやもやむしむしするシーズンには、やっぱりパンチの効いたカレーだよな。

 

個人的には、とっても仕事で疲れた時や旅先で一度は食べたくなるのが、カレーとうどん。

 

しかし、カレーうどんは苦手なのであった。

 

本日は、珍しく食べ物ネタになってしまいましたが、隠れ人気のずっこけさじネックレスのご紹介でした。