INFORMATION

2020.07.06

梅雨の晴れ間に

 

 

 

 

昨日の朝に蝉の声を聞いた。

 

もうじき梅雨もあけるだろうが、すごい量の雨が九州を襲っている。

毎年、こうも大雨が降るとあちこちで被害の復旧もままならないうちに、次の梅雨の時期がやってきてしまう。

 

異常気象が続くためか、これまで蓄積したデータによる雨雲の発達の予測があてはまらなくなり、難しくなってきたのだろうか。

 

雨季は豊かな作物のためには必要な季節でもあるが、生活している地域への雨の被害は極力少なく留められるように、整備があちこちで必要なのかもしれない。

 

被害を受けた多くの方々に、お見舞い申し上げます。

 

 

 

そして、梅雨が明けて穏やかな晴天に恵まれる日常が一日も早く訪れますように。

 

 

 

 

 

コバルトブルービーチを背景に咲く、はまゆう。

梅雨の晴れ間に。

 

 

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る