NEW

ALL

2015.11.12 /

 

 

 

kusabana

 

 

 

人生の大先輩がメールを下さった。

 

 

 

幼い頃より、ある宗派のキリスト教信者だったらしいのだが、その宗派では自分の考え方と相違することや疑問が多く、悩み、ついには教会に行かなくなってしまったらしい。

ところが、この頃出会った牧師さんの宗派は、これまでの疑問を解決してくれ、さらに 自分の考え方や感性にもとても合い、齢80近くにして改宗し洗礼を受ける一大決心。現在、聖書の勉強と準備で忙しい日々であるということが記されていた。

 

死の間際で自己統一できたことをとても嬉しく思う。

毎日にとてもはりがある。

 

文面はエネルギーに満ち溢れ、文字を通り越してほとばしるような気を発しているように感じた。

 

「人間、何が不幸かと言えば人から必要とされないことだ。」

マザー・テレサの言ったこの言葉は、本当ですね。

 

メールの最後に綴られていた文章が、数日頭から離れなかった。

 

人生で成功することや幸福になることは誰しも望むことであろう。

 

たとえ何も成し得なかったさえない人生のように思えたとしても、誰かに必要とされる人間として生きたならば、その価値は大きく逆転する。

成功や幸福が示すものは人の数あるが、この事は万人に共通した揺るぎない礎だ。

 

我々は生きている間にたくさんのものや人に出会いながら、そのことを感じる多くの機会を得ている。むしろ、与えられていると言った方が適切なのかもしれない。

社会でかかわり働くこと。

家族が自分のために奉仕してくれること。

今日乗ったバスの運転手。

さっき買い物したスーパーのレジの女性。

日常で見ず知らずの人が、自分のために働いてくれていることでさえも、実は人が人を必要としていることを感じる機会である。

 

 

 

私は、誰かに必要とされる人間であるのだろうか。

その誰かは、今の私をとりまく環境を失ったとしても、必要としてくれるのだろうか。

素地がむきだしの自分であったとしても、必要とされるのだろうか。

 

これが人間が求めてやまない、愛の本質であるのだろう。

ミッション系の短大時分、キリスト教学なる授業があったというのにテストにパスするためだけの暗記しかしなかった。あの時、既にこの学びの機会を得ていたというのか。

人生の大先輩のメールが、漸く気づきのきっかけを下さり、深く心に染み入り大きな波紋を残した。

 

 

本日ご紹介は、固い話とは裏腹な、

軽やかな双葉の草花ペンダント。

きっと誰かに必要される存在として生まれたばかりの草花、なのさ。

 

 

 

 

 

2015.11.07 /

 

 

 

nire oasis

 

 

 

人はオアシスを見て死ぬ。

 

 

 

 

そんな、砂漠のことばがあるらしい。

 

オアシスを見つけただけで、安心してはならない。

そこに実際に辿り着くまで何が起こるか分からない。砂漠ではそのことを決して忘れるな。

 

そんな意味らしい。

 

人はそれぞれ心の中にオアシスを持っている。形も景色も広さも千差万別。人の心の数、存在するのであろう。

それなのに、或る時、私は自分のオアシスへ辿り着けなくなった。

百万偏通った筈の自分だけのオアシス、 肉体なしでゆける筈の自分だけのオアシスへの道で、突如迷子となる。

あの場所は幻想だったのだろうか。

そんなことを思い始めると、途端に身動きがとれなくなり怖さを感じるほどだ。

 

深呼吸をする。

目を閉じて、もう一度ゆっくりと目を開ける。

私は、いつものオアシスへ行きたいんだ。

そして、足が動くままに歩き出す。

 

その道は、頭脳が記憶している道とは違う。

記憶した道をゆこうとすると道は消える。

 

私のオアシスへ道は、私の心だけが知っている道。

 

私の心がオアシスへの道を2度と見失うことのないように。

 

 

 

リング「ナイルのオアシス」

 

このリングは実は、少し前にアップした「ナイルの庭」の続き版である。

テーマは同じ、オアシスという心の居場所。

 

どちらも福岡個展で初デビューとなりましたが、いろんな方に気にかけていただきました。

特に「ナイルの庭」に関しましては、20代男性、50代女性、50代男性、そして40代女性の指先、ジャストフィットでナイルの庭の居場所が決定しました。

本日アップの「ナイルのオアシス」リングは、画像ではわかりにくいかもしれないが、サイドにゆるやかな溜まりが流れ出しているイメージでエンドはすっと立ち上がっている。

面と隆起で曲線を表現し、オアシスという安住の囲われた空間を表現している。つもり。

 

「ナイルの庭」は、男性的。

「ナイルのオアシス」は、女性的なイメージで表現した。つもり。

 

私の指先では、オアシス拡大中。の、つもりデス。

 

 

 

 

 

2015.11.03 /

REIHOKU ブローチ!

 

 

昨日をもちまして終了致しました福岡個展!

先月の20周年に引き続きという形でしたが、再びお会いできた皆さまや遠くからお越し頂いた皆さま、友人たち、クリエイターの方々、有り難うございました。

reihokubb

今回の期間中には、わが福岡、いや九州のプロ野球チームのホークスが日本シリーズで優勝し、商業施設は随分と賑わい、ハロウィン仮装で練り歩く方々で賑わい、夜空には煌めくスーパームーンと盛り沢山な一週間でした。

 

 

 

 

 

今回の個展で初披露となった、REIHOKUシリーズ。

自然美が魅力を放つ波の力で研磨、形造られた石を使ったアクセサリーたち。

みなさんとても興味を持たれてました。ディスプレイで使った石たちの美しさに東京からお見えになられたアーティストの方は、かなり衝撃を受けてました。

こちらはブローチ。

 

isi pendant

 

そして、こちらがペンダント。

かなりおおぶりです。

 

 

リングは先日アップしましたね。

 

 

 

 

 

ちなみにこれね。

 

 

isi ring

 

 

 

 

有難いことに、ほぼ完売となりました。

どれも一点モノだったなりね。

 

有難いけど、ちょっと寂しかったりした。

 

でも、いっぱい可愛がってもらってね。

と心の中でつぶやいた私だった。

 

 

 

 

2015.10.23 /

ブルームーンハウス

 

 

もしも月に帰るおうちがあるならば、すっぽりとくるまれるほどのサイズ感で、自然と眼を閉じたくなるような安らぎに満ちた空間であろう。

blue moon pendant

 

 

見あげた月の形が違って見えるのは、月がおでかけをしようと歩きだそうとしているから。

時には、いきなり駆け出してしまって姿が見えない。

時には、機嫌良くスキップしてにこにことまんまるに跳ねている。

 

 

今夜はどこへ出かけるの。

遠く離れた月のおうちは、どんなときでも月が帰ってこれるようにと微笑みながら静かに待っている。

 

優しいおうち。

居場所があるから、毎日安心して生きられる。

それは、人も月もおんなじ。

 

「ブルームーンハウス」ペンダント。

 

 

2015.10.21 /

メンズリング

matusita ring

どれだけ待たせてしまったことか。

ふたつ目のリングをオーダー受けておりました男性のお客様のフルオーダーリングが出来上がった。

 

昨年、初めてリングを手にするという50代男性のために創ったひとつめのリングは、エネルギーがテーマのなるべく抵抗なくつけられるようにとマットな仕上げにした。愛用される中で、今度は少し派手めのものが欲しいとのことで依頼を夏前に受けていた。

今回のデザインテーマはゆるやかな遊ぶ風。

どんなものでもそうなのだが、似合うものそうでないものが存在する。

納めるまでドキドキだった。なにしろ随分と待たせてしまってたし。

納品袋にごつい手を入れ、じゃじゃあ~んと効果音まで口にしながら、そっと取り出す。

全容を見た瞬間、おおお~!!ご本人のにっこにこの笑顔が見れた時は、とっても嬉しかった。

人差し指にはめるという前提でデザインしたのだが、デザインを上下反転させたり、右手にはめたり左手にはめたり、中指で試したり、手をかざしてみたり。

 

ああ。男性も女性と同じような気持ちになるんだなあ。

なんだか少年がずっと欲しかったおもちゃを手に入れたような面持に、こちらの方までハッピーな気持ちになった。

人が純粋に喜んでいる姿は、なんとも気持ちの良いものだ。

ああ、この仕事をしていてよかった!!

心からそう思える瞬間だ。

こちらの方が喜びを貰っている。

 

次はバングルが欲しいと笑顔で帰って行った。

肩の力も抜け、自分を知りゆるやかに遊ぶ風、そんな50代のイカすおとこたち。

もっともっと増えて欲しいものだ。

 

 

 

24 / 25« 先頭...10...2122232425