NEW

ALL

2016.08.03 /

 

 

 

あっという間の8月突入だった。

この夏は暑さというよりも湿度にクラクラしながら制作に励んでいる。

 

 

lips rittai

 

 

 

夏は日が長いのでひとりサマータイム導入により、7時過ぎには制作に取り掛かり、エアコンのない作業場で大量の汗をかいて仕事がひと段落したら、シャワーを浴びてエアコンに切り替える。

 

この至福の時間。

大量の汗をかいただけ、最高に幸せを感じる。

 

しばらく読書の時間がかなり少なめだったが、夏は日が長いのでエアコンの効いた部屋で読書の時間がちょっぴり充実。

 

戦時中に書かれた

柳宗悦氏著   「手仕事の日本」

この本の中に手仕事についての素晴らしい表現と理解深まる文章がありましたので、引用させてもらいたいと思います。

 

手が機械と異なる点は、それがいつも直接心と繋がれていることであります。機械には心がありません。

これが手仕事に不思議な働きを起こさせる所以だと思います。

 

手はただ動くのではなく、いつも奥に心が控えていて、これがものを創らせたり、働きに悦びを与えたり、また道徳を守らせたりするのであります。

そうしてこれこそは品物に美しい性質を与える原因であると思われます。

 

 

なるほど。

私はこの仕事を始めてから、工業製品の食器をほとんど買わなくなった。というよりなんとなくそれを所有したいという気持ちがお金を払うという行為を経て手に入れようという気持ちより勝らなくなったといえばいいのだろうか。

どうしてなんだろう。

他人にうまく説明ができない。以前は、そんなこと考えもしなかったのに。

 

この本の中でこの表現に出会ったとき、スパーンと殻が割れたような気がした。

確かに自分自身が作る作業をしているとき、いつも心が寄り添う感覚で手が動いている。

無心になっているときもある。

手作りのものや手作業のものには出来上がったとき温度としてモノに温存されていて、手にするものがそれを汲み取るからなのかもしれない。

 

「用の美」を調査、収集した著者の素晴らしい表現に、ますます手仕事に関われるはしくれとして、励みと精進を誓った次第でした。

 

本日ご紹介は、

唇がテーマのリップスペンダント。でした。

話の内容と関係なくてあいすみません。

 

 

 

 

2016.07.26 /

 

 

 

 

ピアスサターン。

このピアスは一見ぶら下がりのポピュラーなスタイルに思われがちだが、つけるとサターンが立ち上がって耳たぶに収まる。

もちろん、輪っかの大きい方は重みで下がり気味につく。

土星の輪っかの向きを縦に横にとくるくる変えて表情を楽しめる。

シンプルなデイリー使いにおすすめです。

 

 

saturn

 

 

地球という星が養える人口は80億人と言われているらしい。

今現在の地球の人口は、70億だとか。

 

もしも平均寿命まで生を全うできるのだとすれば、不自由なく生活できる時間があとどのくらい残されているのだろう。

 

そのうちの3分の1の時間は、睡眠としてあてがわれる。

もう、そんなに十分な時間はない。

少ない。

この星を愛でて楽しむには、あまりにも時間が短すぎる。

 

そのことに早い段階で気づいている賢者たちが、未だ気づいていないものに問う。

 

君には、何万年の時間が与えられてるつもりなんだね?

 

 

 

 

2016.07.21 /

グラマラス

 

 

女らしさ。

男らしさ。

をテーマにしたモチーフのピアス。

 

P7130006

 

サイドから見た感じが画像のようになるようにポストの位置をロウ付けしてます。

 

服やアクセサリー、身に付けるもの、所有するもの全てが自分と噛み合っているのか。それを素直に受け入れて知ることはとても大切だ。

それらは年代とともに変化してゆくものだ。

 

例えばネックレス。個人的には10年前はぴったりと首に沿う感じが好みだったし、 長いものより身に付けるとよりしっくりきた。

しかし、今はその長さに閉塞感、圧迫感を感じるようになった。

ゆったりとしたリズムを感じさせるようなモノ、重みも少しは必要だ。

ピアスはと言えば、以前はとても大きいものを好んでいた。

大きさが自分自身にエネルギーをみなぎらせてくれるように感じていた。でもこの頃は小さすぎても大きすぎても馴染まない。

気持ちが落ち着くサイズ感があるのだ。

うまい表現ができないが、落ち着きどころのサイズと離れたものをつけていると、なんだか疲れる。つまり、自分らしくない。無理をした感覚と言えば良いだろうか。

そんな感覚を敏感に拾うようになった。

 

どんなに好きだったものも、次第に釣り合いがとれなくなったように感じる時が来る。

 

その変化を受け入れてゆくことが、新しい自分を楽しむ一歩だ。

 

 

自分の身の回りにあるもの全てにこの感覚を敏感に働かせておくこと。これが、女性らしさ。男らしさの根っこなってゆくのではないだろうか。

 

それができている人の周りには、常に魅力的な人やモノたちが集まっている。

背伸びしない。

等身大の自分を愉しむ。

そんな、グラマラスな大人になろう。

 

そう思って私は画像左の男らしさのグラマラスを自分仕様に作ったのである。

 

 

2016.07.13 /

 

 

 

2人の武士が友人となり、義兄弟の契りを結ぶ。

それすなわち命を預け合うという、侍にとっては至極大事な関係だ。

2人は遠く離れた場所に住み、別の主君に仕えている。

菊の花が咲く頃にあなたのところに何があってもうかがいます。

それでは用意をして待っていましょう。

 

 

ageha new

 

 

しかし、友は藩のトラブルに巻き込まれ監禁の身になり、外出はどころか手紙を送ることも出来ない。

 

夏が終わり、秋が深まり、菊の花が咲く季節がやってくる。

このままでは友と交わした約束を果たせない。

侍にとっては、信義よりも大事な約束。

 

侍は腹を切り、魂となって千里の道を走り、友の家を訪れる。

そして、菊の花の前で心ゆくまで語り合い、そのまま地表から消えてしまう。

 

 

上田秋成の「雨月物語」のとても美しい話だ。

 

異国の人が日本文化に憧れるのは、こんな侍魂の真髄部分を受け入れられた瞬間から始まるのだろう。

なにより、侍魂は持たずとも自分が日本人でよかったと思える話でもある。

 

リング「あげは」。

 

何が関係あるかって?

美しい蝶へといずれ変わる、変身!なのです。

 

 

 

 

2016.07.02 /

 

 

今年も半年が過ぎた。

上半期最後の個展、山口展も無事一昨日をもちまして終了いたしました、

ご来店頂いた皆様、オーナー並びにスタッフの皆さま心よりお礼申し上げます。

来年は九月の予定となりました。

また、お会いできる日を楽しみにしたいと思います。

 

久しぶりに作ったダンスリング。

 

すでにお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、

これは初めてニューヨークのMOMAで鑑賞した巨匠マティスの絵にインスパイアーされて作ったリングである。

 

dance

 

 

画集でみるよりもはるかに幸福感を感じる絵だった。

人が人として素のままで生きることがこの世の最高の美しさである。

 

うまく踊れなくても、うまく歌えなくても、生を謳歌できることの喜びをひとりではなく共に祝す。

そんな気持ちがふかふかと生まれ、その幸福感がきめの細かい真綿のように体中を包んでくれた。

 

 

恐れ多くもなリングだが、自分の形に置き換えたリング、ダンス。です。

 

 

ひとつの節目を迎える年齢になった自分を、ふと思い返してみた。

 

 

30代は走っていた。

自分軸では走っているつもりはなかったのだが、何かと周囲の方にそんなイメージを持たれていたようだった。

 

今、思えば自分なりにただ必死だったんだろう。

それが能力以上の事をやろうと力んでいるように見えていたのかもしれない。

 

40代前半もその気配を残していたように思う。

 

40代半ばを過ぎた頃から、気が付くと若干の気持ちの余白を感じられるようになった。

経験値と時間の積み重ねは侮れない。

 

人生には走り続けなければいけない動の時。

我を顧みて新たに知を蓄え、咀嚼し続けなければならない静の時。

そして、それらを経てゆったりとすべてを味わう受動の時。

さまざまな時が用意されているが、おそらく受動の時以降からがいちばん、人として生きることを謳歌できる時に突入するのではないだろうか。

 

いつかは踊る時をもてることを願って。