NEW

ALL

2016.01.20 /

夜遊びブルームーン

 

 

作品タイトルを決めるのは、私の中では小さな楽しみごとのひとつである。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

どことなく記憶にある方がいらっしゃるかもしれないが、これは、昨年ご紹介したブルームーンハウスペンダントのアレンジ版。

昨年福岡個展にお見えなられた長いお付き合いのお客様が、40歳の記念に自分にプレゼントしたいとのことでした。

選ばれたのはブルームーンハウスペンダント。

ブルームーンの場所を少し変更しアレンジ版でオーダーされました。

 

おうちから落っこちそうな感じが希望ということで、月の場所や全体的なバランスはお任せ頂いた。

出来上がりを知らせてから、取りにお見えになるまでの数日間、仕事から帰るとき夜空に月を見つける度に、私のブルームーンにもうすぐ会える!とドッキドキでしたあ。

そんなことをにこやかに語りながら、包みを開けるOさん。

「ああ、ドキドキする。ドキドキする。ドキドキするう。」

私も毎回、納品時はドキドキなんですよね。

「私も、ドキドキする。ドキドキするう。」と、一緒に合唱してました。

 

 

夜遊びしてほろ酔い気分で帰宅したブルームーン。

おっとっと!落っこちるところだったよ。

 

出来上がったらそんな絵が浮かんだ。

 

たまにはハメ外すことも大切。

40代はとてもよい年代だと思う。

新しい自分を発見する絶好の10年のように思える。

次にやってくる50代を楽しむために、様々な素材を自分のポケットに詰めながら、気持ちを楽に持って日々を愉しむこと。

 

今なら、かつて40を迎えた自分にそう言えるなあ。

きっと10年後もハッピーだよ。Oさん!

お誕生日おめでとう!

素敵な1年を。

 

 

 

 

2016.01.14 / / /

幸福な朝

 

曇りの日々が続いている。

冬の空の白い雲から透ける太陽。

 

作業場で仕事を始めて1時間ほど、制作モードが加速してくる時間帯だ。

ビルとビルの間をゆっくりと進みながら、白く暖かい色した太陽の光がふんわりと作業場にいる私の全身を包んでくれる。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

冬のこの時間帯は、例えようのない幸福感を味わうことができる。

 

冬空になると決まって思いだす朝食がある。

 

ストックホルムで滞在したホテルでの朝食だ。

レストランは外と部屋の境界線が感じられないほどの大きなガラスがはめこんであった。外は白樺の木立で、風にこすれる葉っぱの音が聞こえ、鳥たちが朝食をついばんでいる様子もよく見えた。

 

レストランには大きな暖炉があり、その前にはふかふかの心地のよい一人掛けのソファや、テーブル席、カウンター席、一人席、滞在しているいろんな人々が好きな場所で、新聞を広げながら、家族と団らんしながら、朝食を楽しんでいた。

 

メニューはシンプルな朝食の定番メニューのビュッフェ。

とりわけ、気に入ったのが卵メニューだった。

ボイルドエッグに関して、ゆで加減が4分、6分、8分、10分、12分と小刻みに分けてあり、15分という固ゆでのものまでがそれぞれかわいらしいかごに盛ってあった。

 

ここまでの細かさで用意してくれているホテルに、今まで宿泊したことがなかったので、とても印象的だった。

そのほかの卵メニューが、

スクランブルエッグ。

オムレツ。

ポーチドエッグ。

サニーサイドアップ。

なんだか、とても幸せな気持ちになったことを思い出す。

白樺の木立に射す太陽。

朝の冷たい空気がじんわりと温まり、朝陽を含んだ白い空気が、ゆったりと木立の中を流れてゆく光景を、暖かい部屋で暖かい朝ごはんとともにテーブル越しに眺める。

 

そのとき感じた幸福感が、この時期の朝の太陽が私を包むように射す時間帯にいつもよみがえる。

 

みなさんもそれぞれに、幸福な朝の記憶をお持ちでしょう。

 

 

というわけで本日は、サニーサイドアップ。

目玉焼きなリングとペンダントのご紹介でした。

 

 

 

 

2016.01.08

2016年の最初の作品!

 

 

去る2015年の最後の作品は、カフスでした。

そして、年が変わり一番最初の作品もカフスのご紹介ということでスタートを切ることにしよう。

 

このカフスは、経営者の方からテーマだけを依頼された、フルオーダー作品。

「丸の中に三角、そしてその三角の中に四角というカフスを作って欲しいんだけど、お願いできる?」

起業し、瞬く間にメディアに取り上げられ、いまや全国的な知名度を得た実力派の経営者。

人前に出ることも多い。カフスが話題のひとつになれば、と話し補足説明をしてくださった。

これは、禅の思想の中に登場するものらしい。

以前、禅語の「○」。

一円相をテーマにしたチョーカーを作ったことを、打ち合わせしながら思い起こしていた。

この ○ △ □ 。

丸は宇宙を示し、その中にある天を表す三角。そして天の下にある囚われの身を示す四角。

 

らしい。

 

そのまま形にすると工業製品ぽくなりがちなので、形を崩してもよいかと了承を得てデザインをじっくり考えた。

 

 

kafs syoudai

 

 

 

 

 

宙の広さは知れず。

天はとらえることができないほどに高く、輪郭もおぼろげ。

ここよりはるか見上げるわが身は、その真下にある。

囚われているのではない。

天を突き抜け宇宙へと解き放てるように、真下にある。

準備は十分に整っている。

そのことを見出し、限りなく自由で高潔であれ。

 

見出す。

 

ということをテーマにして、三角と四角のラインを浮き彫りにしたデザインに仕上げました。

そして、このカフスがよりよいものをもたらす縁起のよいものであるように、込めて作りました。

 

かなりご多忙な経営者で、いまだ納品前。

すみません。ブログで先に公開してしまいました。

 

 

除夜の鐘を聞きながら、久しぶりに熱中して読んだ本が、仏教をベースにしたサイエンスフィクションだった。

 

おまえは誰か。

おまえはどこから何しにやって来た。

 

問いに答えられるか。

答えを見つけるため、問いを前にしたその時、よどみない心で答えるられるのか、その自分を知るためにただひたすらに上へ上へと昇る。

そんなストーリーだった。

 

BGMは除夜の鐘。

最高にシュールな一年の幕開けだった。

 

 

もちろん、未だ私は、この問いを前に答えられない。

そんなことをちらちらと思い出したりしながら、今年はちょっぴり深く、そして丁寧に進めていきたいと思います。

自分の作ったものたちが、所有者たちにとってよいものを呼び寄せる存在となれるように、気持ちを込めてまたひとつひとつ作っていきたいと思っております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

というわけで、ちょっと遅いスタートとなりましたが、2016年の幕開けです。

今年の年間スケジュールは、次回インフォメーションにて!!

 

 

2015.12.27

2015年最後の作品ご紹介!!

 

 

今年も残すところ1週間を切った。

ほんとにほんとにいろんなことがあった1年だったが、終わってみると月並みの言葉だがかなり充実していた1年だったように思う。

 

いろんな意味でメモリアルなことが沢山あった。

長年の念願がかなったこともあった。

新しい世界を知る機会も得た。

憧れだったことへの一歩を踏みしめることもできた。

kafs wood

新しい挑戦の扉を開いたことで、多くの方々の励ましと更なる深いおつきあいの次の扉が開いたように思った。

 

 

 

この世には人と人がつながりあって、絡み合って触れ合って共存している。

この至極当たり前のことへの度重なる気づきを、今年は仕事を通してなんども経験した。

 

対面すること。

それは、人と人がかかわるうえで絶対的な条件である。

対面なくして、かかわっているとは言えない。

通信のやり取りだけ。

その段階では、未だ、架空の関係である。

 

相手と対面し、その対面したときの自分と対面し、そして更には相手の心の前に立つ、機会を得てその時の自分の心を知る。

そんな見えない対面も含めて、関係が深まっていく。

扉はずっと開かれ続ける。

 

ただ、踏み入ってはならない扉を人それぞれに持っているということを、決して忘れてはいけない。

 

 

2015年、沢山の方々にお会いできました。

沢山のわくわくにも。

沢山の喜びにも。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

本日は大掃除とともに、今年を静かに振り返った1日でした。

 

 

真っ白なおろしたてのシャツに袖を通す気持ちで、新しい1年を迎えたいものです。

装いを正した後に、自分らしいアイテムを加える。

その行為がとても楽しくなるようなラインナップを、来年も沢山提案できるように精進したいと思います。

 

カカオ豆のカフスボタン。

 

 

 

 

2015.12.17 /

 

 

突如、雪が舞った1日となった福岡です。

 

忙しいという言葉は口にしたくないが、今月は本気で慌ただしい。

段取りを組み間違えると、周囲に迷惑をかけてしまう。今週は非常にスリリングなスケジューリングでハラハラしていたが、本日、なんとか目処が立った気配。

suiteki ring

 

ほっとひと安心。

 

先日、東京のお客様と電話で話していて、電話の切り際にとても気遣いのあたたかいお言葉を頂いた。

「年内とても忙しそうですね。そういう時は、くれぐれもケガに注意してくださいね。」

 

!!!

そう!こんな時は本当にケガに注意しなきゃいけない。

張り詰めていて、次にこれをしてその次があれで、そして今日中にあれまでやったら、明日が動きやすい。途中にあそこにも顔だしておかなきゃ。じゃあ、ついでに今日、あっちまで足を伸ばしておくかな。

 

そんなことで頭がいっぱいになりながら、横断歩道を渡ったりしていると、 まるでマンガのように転んだりし兼ねない。

路上コントさながら。私なら、大まじめにやってしまいそう。

そうよ。気をつけなきゃ…

 

思い出したように突然、雪が風に舞い始めた。

暖かい部屋から眺める雪景色は、とても美しくみえるもの。

手を止めて、顔を上げそっと体中の力を抜いて、深呼吸をしてみた。

 

せかせかと頭の中で急いで思いを巡らせても、時間を稼ぐことはできない。

 

窓ガラスいっぱいに舞う雪景色を見ながら思った。

この雪もどこかで時の経過と共に水滴へと変化する。

 

少し前にご紹介したピアスの水滴シリーズのリングたち。

suitekiring3

3年ほど前にご紹介した隠れ人気のトイパールリングと重ね使いを意識して作りました。

 

 

 

 

 

 

皆さんも、この時期言わずもがなの多忙さに圧倒されていることだと思います、くれぐれもケガや事故に注意してくださいませ。

 

本日は、雪ではなく、水滴リングのご紹介でした。