NEW

2017.01.23 /

 

 

 

 

 

初めて見るその山は、すべての憂いを静かに引き受けて取り込み、それらを裡なる原力で浄化する。

そうやって生まれた新たな清らかなる精気を、ひたすらに遠くまで降りまいているようだった。

たゆまぬリズムで、たえまなく。

 

 

 

 

どこか女性的な面持ちだが、根はどこまでも伸びやかに張った物静かな男性的な山。

その顔にはうっすらと白い雪化粧。

冬の薄青い空を背景に陽の光を浴びると、雪化粧は目を細めるほどのきらめく優しい銀色へと変化した。

女性が素直な嬉しさを無言で示す時の、頬を紅潮させるような変化にも似ていた。

 

 

 

 

白い雪が緩やかな山肌の凹凸と曲線輪郭を浮き彫りにして、銀色にきらめく。

太陽が送る惜しみない山への賛美は、光の中にオルゴールの音色をも含み奏でているようだった。

 

その日、その山は、ことのほか美人だった。

そのことを山は十分に分かっていた。

 

 

美しい顔立ちの山へ贈る。

 

マウントリング   ー 銀雪 ー

 

 

INFORMATIN一覧に戻る