NEW

2016.07.13 /

 

 

 

2人の武士が友人となり、義兄弟の契りを結ぶ。

それすなわち命を預け合うという、侍にとっては至極大事な関係だ。

2人は遠く離れた場所に住み、別の主君に仕えている。

菊の花が咲く頃にあなたのところに何があってもうかがいます。

それでは用意をして待っていましょう。

 

 

ageha new

 

 

しかし、友は藩のトラブルに巻き込まれ監禁の身になり、外出はどころか手紙を送ることも出来ない。

 

夏が終わり、秋が深まり、菊の花が咲く季節がやってくる。

このままでは友と交わした約束を果たせない。

侍にとっては、信義よりも大事な約束。

 

侍は腹を切り、魂となって千里の道を走り、友の家を訪れる。

そして、菊の花の前で心ゆくまで語り合い、そのまま地表から消えてしまう。

 

 

上田秋成の「雨月物語」のとても美しい話だ。

 

異国の人が日本文化に憧れるのは、こんな侍魂の真髄部分を受け入れられた瞬間から始まるのだろう。

なにより、侍魂は持たずとも自分が日本人でよかったと思える話でもある。

 

リング「あげは」。

 

何が関係あるかって?

美しい蝶へといずれ変わる、変身!なのです。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る