NEW

2016.03.20 /

卵という時間

 

 

11年前の今日、福岡で大きな地震があった。

すっかり忘れていたが、記事を目にして思い起こし当時の自分を取り巻く環境を含め巻き戻してみた。

 

koropen

 

 

あの頃、私は週末だけのお店をやっていた。

3坪の小さなスペースで、テラコッタ色の珪藻土を壁一面に友人と塗り、衝立や展示パネルも手作りで、コストをかけずにできる範囲でメリハリつけた設備投資で店作りをした。

目指すイメージは、ヨーロッパの街はずれにある小さなアクセサリーショップだった。

ちっちゃなちっちゃなお店だったが、とても愛着があった。

今でも当時のお店に足を運んで下さったお客様方が、懐かしんでくださって話題にして下さる。

 

うるうる。

 

そもそも私がその週末だけのお店を始めたのは、当時から親しくさせて頂いていたキャンドルの作家さんの一言だった。

既に週末ショップを始めて成功していたキャンドルの作家さんと、ニューヨークを訪れ7番街を歩きながら、自分もいつか週末ショップを始めたいと、胸の内の思いを語った。

マンハッタンの交差点で信号待ちのために立ち止まると、キャンドルの作家さんから返ってきた言葉がこうだった。

 

「いつかじゃなくて、もう、できると思うよ。」

 

予測しなかった言葉に、今居るニューヨークという街にふさわしい、可能性とチャレンジが体中にパンパンに充満した。

初めて目を開くということを教えて貰い、瞳の中にどんどん光が入ってくるそんな高揚感だった。

帰国してすぐに知り合いの不動産屋さんに話してみると、すぐに好条件の物件が見つかり、3ヶ月後には店をオープンさせることができた。

自分がやるべきことの道しるべは、ほんのすこしの勇気と行動という最後の条件が揃った途端、まるで巻かれていたカーペットが解かれるようにしてスルスルっと目の前に敷かれるものだ。

あとはその上を背筋を伸ばして歩くだけだ。

 

振り返れば、よく見える。

あの頃の私は、卵だった。

 

常に目指す先輩たちや憧れがあるから、成長への一歩を踏み出せる。

 

 

あの頃の私は、卵だった。

10年後の私が、微笑みながら今の私に言う。

そんな10年にしたいと思う。

 

卵ペンダント。

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る