NEW

2015.12.27

2015年最後の作品ご紹介!!

 

 

今年も残すところ1週間を切った。

ほんとにほんとにいろんなことがあった1年だったが、終わってみると月並みの言葉だがかなり充実していた1年だったように思う。

 

いろんな意味でメモリアルなことが沢山あった。

長年の念願がかなったこともあった。

新しい世界を知る機会も得た。

憧れだったことへの一歩を踏みしめることもできた。

kafs wood

新しい挑戦の扉を開いたことで、多くの方々の励ましと更なる深いおつきあいの次の扉が開いたように思った。

 

 

 

この世には人と人がつながりあって、絡み合って触れ合って共存している。

この至極当たり前のことへの度重なる気づきを、今年は仕事を通してなんども経験した。

 

対面すること。

それは、人と人がかかわるうえで絶対的な条件である。

対面なくして、かかわっているとは言えない。

通信のやり取りだけ。

その段階では、未だ、架空の関係である。

 

相手と対面し、その対面したときの自分と対面し、そして更には相手の心の前に立つ、機会を得てその時の自分の心を知る。

そんな見えない対面も含めて、関係が深まっていく。

扉はずっと開かれ続ける。

 

ただ、踏み入ってはならない扉を人それぞれに持っているということを、決して忘れてはいけない。

 

 

2015年、沢山の方々にお会いできました。

沢山のわくわくにも。

沢山の喜びにも。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

本日は大掃除とともに、今年を静かに振り返った1日でした。

 

 

真っ白なおろしたてのシャツに袖を通す気持ちで、新しい1年を迎えたいものです。

装いを正した後に、自分らしいアイテムを加える。

その行為がとても楽しくなるようなラインナップを、来年も沢山提案できるように精進したいと思います。

 

カカオ豆のカフスボタン。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る