NEW

2017.11.30 /

 

 

つなぐとかわいらしく跳ねるピンクのパール。

つなぐとおはじきを並べたような白いパール。

 

 

 

 

 

これらを活かしつつ、でも甘くなり過ぎないように。

先っぽに銀色の水滴ぽとり。

 

この頃、桃色した真珠が度々登場してます。

ふわふわの白いセーターの上に乗せると、ちょっとご機嫌な気分になったりしないかな。

と。

 

真珠もいろんな色があるのだが、個人的には憧れていて何度試してもどうにもしっくりこないのが、ブラックパールだ。

 

圧倒的に白がぴったりくる、だから無理に黒を身につけるのはよそう思っている。

さらに、白の中でも青みの入った真っ白が好きだ。

クリーム色が入るとこれまた、ボヤける。

 

一口に真珠とは言え、皆さんにも、それぞれぴったりの色味があります。ぜひ直接お会いする機会がございましたら、アドバイス出来たらと思っております。

 

自分にベストな色を知るには、好き嫌いだけで判断をしないことだと思います。

とにかく試すこと。

 

真珠は、色、大きさ、長さが命だと思うのです。

 

そして、ふたつと全く同じものがない。

作り手としては、それがとても楽しいのである。

 

それだけに、形になるまで随分と出番待ちをしている真珠たちが、真珠専用の抽出しの中にたくさん居ます。

 

冬は、装いのどんな素材にもマッチして、優しい質感の真珠を楽しめる季節ですよね。

皆さんの抽出しの中でお休みしている真珠があれば、身につけて出かけてみませんか。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る