INFORMATION

2020 February

2020.02.22

等しく与えられる自然美

 

 

 

 

AM 11:05。

この快晴は逃したくない!と、しばらくぶりのソロ登山。

なぜかいつもより早めに目的地まで到着する。

おそらくおしゃべり相手が居ないので、もくもくと進むからなのだろう。

 

行き交う登山者たちも、案外ソロが多いものだ。

 

 

 

 

 

 

 

折り返し目的地近くの林道。

それまでリズムよく歩いていた歩調を緩めて立ち止まる。

ここでは、背の高い杉の隙間からその日で一番高い位置から太陽がキラキラと覗くので、いつも頭上高くを見上げて深呼吸する。

なんとなくの私の決まり事。

 

ふうむ。はあ〜。

この瞬間が最高に心地よい。

もやもやなことや、遅々として進まない諸々の状況も一気に手放せる。

等しく与えられる自然美。

ありがとう。

心がにこにこマークになる。

 

そしてこのエリアは、太陽の角度なのか木漏れ日がとても魅力的なスポットが多いのも、歩調を緩めるひとつ。

 

ハワイで撮影出来そうなショットが撮影できた。

正午前の陽射しが重なり合う植物たちにも等しく与えられ、素敵なシルエットを落としていた。

 

 

撮影がうまければもっと素敵なショットが撮れるのだろうにと、思いながらあちらこちらの木漏れ日スポットを堪能してふらふらと寄り道しながら折り返し目的地まで辿り着く。

 

折り返し地点で小1時間ほどランチと休息をとって再び同じ林道を歩いたが、あちこちの木漏れ日スポットたち、すこし先ほどと雰囲気が違って見えた。

 

やっぱり、刻一刻と時は進むんだなあ。

今、この刻を味わい尽くせるように生きなきゃな。

 

そうやって、小さな温泉街でちゃぽんとお湯につかり帰宅したのであった。

 

 

 

 

 

 

2020.02.10

雪山の美

 

 

 

 

 

行ってみよう。

やってみよう。

 

何事も百聞は一見に如かずである。

そして、初めての体験というものを出来、不出来に捉われず楽しむこと。

 

これは、私自身が大切にしていることでもあり、迷ったときの呪文のようにしている。

 

 

 

 

 

まだまだ初心者ではあるが、トレッキングを始めたときからなんとなく、装備もあれこれ必要だし低体温症だし、雪山はやめておこうと思っていたのだがもうずっと天気が優れずトレッキングに行けないのもあり、ちょっと行ってみようか。というノリで雪山を初体験した。

 

 

 

 

 

 

 

 

チェーン規制のある道のりをいつもよりゆったりと進みながら向かったくじゅうの登山口駐車場。

到着してまず驚いた、既に満車。

道中も途中からがらっと変化した景色にテンションはすっかり上がっていたが、秋に来たときとはすっかり景色も登山客の様子も変化して、行き交う登山客のアイゼンをはめたトレッキングシューズの音が益々私の心をワクワクさせた。

 

こんなにどっぷりと雪景色だとは思っても見なかった。

土などどこにも見えなかった。

映画の世界か小人になった自分がパティシエの作るお菓子の世界に迷い込んだような美しさだった。

 

旅は割にあちこち行ったが、街中に積もった雪は見たことがあっても、作られた観光名所のようなものではなく、自然の雪山がこんなに美しいものなのだとため息が出るばかりだった。

数ヶ月前に登山途中に見た景色が、すっかり違って見えた。しかし、確かに歩いたコースだった。

 

 

 

 

 

すれ違う登山客たちとブレイク中に話をしてみると、実に全国から来られている。一眼レフを持った登山客が秋よりもかなり多く感じた。

少し歩いて立ち止まる、またすぐに立ち止まる。

前を行く一眼レフを持った見知らぬ男性登山者が、後ろを振り返り、すみませんねえと私に苦笑いした。

 

全然、気にしないでください!

気持ち分かります!次に撮影出来るとは限りませんよね。

 

そうなんですよ。

いやあ、今日は、最高だあ。

 

 

 

 

 

 

 

雪山は空が青ければ幸いだが、冬山はどんどん雲が流れ霧やもやがかかりやすくグレーな天空だが、地面は積もった雪で白く明るい。

 

山岳小説などで幾度となくイメージした雪山だったが、体験はやはり強烈だ。

 

生きててよかった。

なぜかそんなことを思った。

 

まだまだ知らない美しいものたちがいっぱいいっぱいあるのだと思うと、体感できる肉体を持ってこの世に生きていることが、とても愛おしくなった1日だった。

 

 

やってみよう。

行ってみよう。

 

シンプルに行動することをこれからも続けてゆこうと思った。

いつの日か貯蓄されたシンプルなやってみた、行ってみた、が、私の中の何かを支える日が来るかも知れないから。