NEW

ALL

2018.03.17 /

 

 

少し前にご紹介しましたドレープペンダントのリングバージョンです。

 

 

 

出来上がってみると

手のひらに蝶が止まっているようなイメージにも見える。

 

全体はつや消しの仕上げ。

 

セットアップ使いをされるなら、ひとつは手元のものいれることをおすすめします。

リングとペンダント。

ブレスとピアス。

ブローチとリング。

 

手は、色んなところに動きますから、さり気なさとちらちらご自身の視界に入ってくることで密かな楽しみにもなる。

 

先日、愛知展でお会いしたお客様が、前回お求め頂いたペンダントをつけてお越し頂き、

今回は職場でも差し支えなさそうなリングを、ということでご相談を受け一緒に選びました。

色んなお話をしながら好きなラインや似合うラインが把握できた頃合いを見計らって、本音を話してみた。

 

職場でもプライベートでもとなるとどうしても妥協したチョイスになると思うんです。

どうでしょう、この際、本来のお好きなものを選ばれた方が後悔が少ないと思います。

その上で、選んだものが職場でも大丈夫かどうかを改めて判断してみてはどうですか。

 

おそらくご自身でも心の中でそうしたいと思いながら選び兼ねていらっしゃったのでしょう。

私の言葉を聞くと、

そうですね!そうですね!よし、そうします!

即、選ぶ目線を切り替えて、最終的に3つに絞りプライベートが基本というリングを気持ちよく決めて帰って行かれました。

 

実は、私もサラリーマンをやっていた若い頃、服を買いに行くと、どうせなら仕事でも着れそうな服。

そんなことをいつも頭の中に残しながら探していたのです。

 

季節感のある心浮き立つような色や気になるデザインに後ろ髪を引かれながら、結局選ぶ色は、白やベージュ、グレー、紺。デザインはベーシックという普遍的なもの。

そんな買い物は、いつもどこか不完全燃焼であまり楽しくなかったのを記憶している。

 

どっちも、兼ねる。

それは、必ずどちらかにウエィトが置かれたチョイスになるもの。

もう片方には、妥協がつきまとう。

 

それは、満足していない選択なので自然と出番が減る。

 

私は最初からブローチ兼ペンダントトップといったツーウェイスタイル狙ったアクセサリーは滅多に作らない。

必ず、基本となるスタイルの仕様を重視した作りにする。

やはり、どちらもとなると、仕様に無理が出てきてデザイン自体がどちらも美しくなくなる。

それが個人的な意見による理由です。

 

巷にあるリバーシブルのもの。

おそらくほとんど片方でしか使っていないのではないでしょうか。

 

ただ、リングやブレスを紐掛けしてネックレスに、といったアクセサリー使いを遊び楽しむことは多いにおすすめしたい。

 

シーンを考慮するよりも、好きか嫌いかで選択をする。

そんなお買い物は、やはり後悔が少ない。

そして、不思議と既に持っているものとも相性が良いものです。

 

 

本日は、ドレープリングのご紹介でした。

 

 

 

 

 

2018.03.05 /

 

 

 

石のイメージのシンプルで大ぶりなリング。

 

 

 

 

中指やくすり指に使うと、ぐっと大人っぽさが増します。

立体感をあまり持たせず、面でインパクトを前面に。

ヤスリ目を敢えてランダムに残してユーズド感を表現していますので、大ぶりなリングの割にギラギラしたインパクトではなく、使い慣れてご自身の一部になっているような仕上げになっております。

 

デニムに白いカットソー。コットントレンチを羽織って、大きなバッグを肩に闊歩する。

 

そんな女性のイメージで、作りました。

 

どんな女性がお気に召してくださるか、密かに楽しみです。

愛知展で、初お披露目です!

 

 

 

 

2018.02.27 /

 

 

 

銀色の包みに入ったボンボン菓子のイメージのピアス。

 

 

 

 

 

過去に現品のみでグレーのパールでご紹介しましたが、銀色の包み紙の中でボンボン菓子がきゅうきゅうしていて、そっと包み紙を開ける。

そんなイメージに仕上げたいので、真珠の大きさと形が命。

 

今回は、春らしく白い真珠で、セットアップのピンバッジもご用意できました。

 

この数日、一気に春の気配。

ご近所の梅の花も咲き、お花屋さんには桃の花や菜の花といったお雛様セットや、ミモザやラナンキュラス、チューリップ、スイートピー、ユーカリやコデマリ、ウキウキしてきます。

 

明日で2月も終わります。

次回は愛知個展のご案内をいたします。

 

というわけで、ブログアップサボっていたわけではないんですよ。

準備が押してました。なんか、言い訳ぽい?

 

装いも一枚一枚とれていきます。

新作、バンバンアップしていきますよ。

本日は、ボンボン菓子のピアスご紹介でした。

 

 

 

 

 

2018.02.19 /

 

 

 

ピアスホールを開けていらっしゃらない方は、一見ピアスらしく見えるイヤリングを常に探していらっしゃるようです。

 

 

 

 

 

 

個展にお見えになる方へイヤリング仕様に変えられそうなものをアドバイスをしているうちに、生まれました。

 

月暦。

手前がピアスで、その後ろの一回り大きいものがイヤリング仕様です。

金具がうまいこと隠れてピアスっぽいでしょ。

 

デザインがおおよその方がお似合いなる形ですので、装いにもマッチしやすいと思います。

ただ、落とさないようにたまに様子をうかがわなきゃいけないところが、イヤリングの心配なところでもありますが…

 

 

 

2018.02.08 /

 

 

本日は、寒さの中にちょっぴり春を感じた青空が仰げた1日でした。

京都展の作品諸々発送を済ませて、ひと息。

 

 

 

 

 

本日は、この頃作ったものでも最も個人好みな大ぶりなペンダントのご紹介です。

タイトルは、ドレープペンダント。

 

今の住まいに越してきた頃、寝室の出窓から見える夜空は、月の通り道で、秋夜には部屋のあかりをつけずにラグに座って壁にもたれかかりながらよく月を眺めていた。

お気に入りの時間だった。

 

レースのカーテンだけを引いた掃き出し窓からは、ふわありふわありとゆるやかなリズムで風が入り込む。

その度に、レースのカーテンが月夜の光を走らせながら膨らむ様子、そして息づかいのようなそのリズムは高貴な女性を思わせて、それはそれは美しかった。

静謐なる美しさとは、このようなものかもしれないと、

息をひそめながら、その光景を心の中の映像ストック室に大切に保管した。

 

残念ながら、そのあとすぐに月の通り道の夜空には高層マンションが建ちあがり、私的なお気に入りの時間が奪われた気がしてそのまま忘れてしまっていた。

 

少し前の寒い夜、うっかり薄着のままベランダに出たら、空には満月が静かに呼吸していた。

無意識の時間に突如現れた満月は、薄着であったのも忘れさせ、私の動きをしばし留まらせた。

今夜は満月だったのか。

とても綺麗。

冷たい夜の空気にさめざめと放つ月光は、偉大なる多くの音楽家達がマティエールにして名曲を残している。

 

心の中の映像ストック室から、ふっと浮かび上がった数年前に見たあの夜のレースのカーテンのドレープ。

 

月光色したドレスドレープ。

 

創らなきゃ。

 

月と女性の神秘的なかかわり。

大人になっても、泣きたくなるようなことは多々起こるものだ。

心の中にいつでも静かに呼吸する貴方だけの安らぎの月が住っていることを忘れないで。

日々頑張っている素敵な女性達に、つけてもらえたら。

 

そんなことを思いながらできあがったドレープペンダント。

 

今夜はどんな形の月なんだろう。