NEW

ALL

2015.10.23 /

ブルームーンハウス

 

 

もしも月に帰るおうちがあるならば、すっぽりとくるまれるほどのサイズ感で、自然と眼を閉じたくなるような安らぎに満ちた空間であろう。

blue moon pendant

 

 

見あげた月の形が違って見えるのは、月がおでかけをしようと歩きだそうとしているから。

時には、いきなり駆け出してしまって姿が見えない。

時には、機嫌良くスキップしてにこにことまんまるに跳ねている。

 

 

今夜はどこへ出かけるの。

遠く離れた月のおうちは、どんなときでも月が帰ってこれるようにと微笑みながら静かに待っている。

 

優しいおうち。

居場所があるから、毎日安心して生きられる。

それは、人も月もおんなじ。

 

「ブルームーンハウス」ペンダント。

 

 

2015.10.21 /

メンズリング

matusita ring

どれだけ待たせてしまったことか。

ふたつ目のリングをオーダー受けておりました男性のお客様のフルオーダーリングが出来上がった。

 

昨年、初めてリングを手にするという50代男性のために創ったひとつめのリングは、エネルギーがテーマのなるべく抵抗なくつけられるようにとマットな仕上げにした。愛用される中で、今度は少し派手めのものが欲しいとのことで依頼を夏前に受けていた。

今回のデザインテーマはゆるやかな遊ぶ風。

どんなものでもそうなのだが、似合うものそうでないものが存在する。

納めるまでドキドキだった。なにしろ随分と待たせてしまってたし。

納品袋にごつい手を入れ、じゃじゃあ~んと効果音まで口にしながら、そっと取り出す。

全容を見た瞬間、おおお~!!ご本人のにっこにこの笑顔が見れた時は、とっても嬉しかった。

人差し指にはめるという前提でデザインしたのだが、デザインを上下反転させたり、右手にはめたり左手にはめたり、中指で試したり、手をかざしてみたり。

 

ああ。男性も女性と同じような気持ちになるんだなあ。

なんだか少年がずっと欲しかったおもちゃを手に入れたような面持に、こちらの方までハッピーな気持ちになった。

人が純粋に喜んでいる姿は、なんとも気持ちの良いものだ。

ああ、この仕事をしていてよかった!!

心からそう思える瞬間だ。

こちらの方が喜びを貰っている。

 

次はバングルが欲しいと笑顔で帰って行った。

肩の力も抜け、自分を知りゆるやかに遊ぶ風、そんな50代のイカすおとこたち。

もっともっと増えて欲しいものだ。

 

 

 

2015.10.16 /

 

夏に拾った石たちをテーブルに並べて眺めていたら、ざざあーっと波が寄せてくるようにイメージがまとまりました。

!!!あした、創らなきゃ!

予定していた制作スケジュールを繰り下げての割込み制作で完成しました。

 

「Reihoku」シリーズと名付けてしばらくすべて一点モノで展開してまいります。

まず1作目は、リングです。

isi ring

海が居場所のモノ同士が寄りそってます。

 

 

 

着けるとどうなる?

 

 

 

isi no te2

 

向きを変えると、表情も変わる。

 

 

 

 

 

 

isi no teう~っむ、私も欲しいんだけどねえ、一点もの展開になるので、ひたすらがまんです。

福岡個展ではおおぶりなペンダントとセットアップで登場します。

この研磨され形作られた自然美に、助けられたシンプルなデザインです。

 

色も絶妙なグレーです。

 

2015.10.07 /

新作リング

 

私の空にある、私の太陽。
nile no niwa

その真下にある私の庭に咲く小さき花たちよ。

太陽の光に力を養い、雨のもたらす潤いに育ち、実りをつけたならば風の抱擁に願いを添えて、希望の種子を運び続けてもらおう。

 

 

誰かの空にある、誰かの太陽。

その真下にある誰かの庭に、舞い降りた希望の種子たちがやがて芽吹き、その庭に花が咲き乱れる日まで。

 

そして、その庭の周りにある、水もなく、草もなく、木もない砂漠のような地までもが、記憶を取り戻したかのように数えきれないほどの希望を実らせ、大きな庭へと広がる日まで。

休むことなく風の抱擁に願いを添えて、希望の種子を運び続けてもらおう。

 

いつしか遠き離れた私の小さな庭と出会う日まで。

 

 

リング「ナイルの庭」

 

 

 

 

2015.10.01

Happy birthday!

フルオーダーをお受けしていて、ずっとお待たせしていたベビースプーンが出来上がりました。お孫さんへのプレゼントということで、実はご依頼主からは再びのご依頼という喜ばしいオーダーでした。

お名前が、星來(せいら)君。

星がやってくる。

星のようにたくさんのひとたちが集まる。

素敵なお名前ですね。

spoon

 

アイスクリームのスプーンみたいな形で、きらきら透ける星をちりばめて名前を刻印しました。

 

 

 

 

 

spoon4

 

 

 

 

 

 

 

 

ラッピングも星の形をイメージした箱で演出してみた。spoon3

つもり。喜んで頂けたらよいのだが。

 

 

贈り物とは、贈る相手の笑顔や反応を考えながら、その品を考えたり、選んだりする時間から始まる。個人的には、とても好きな行為だ。相手によってはどこでも買えるものより、手作りをとても喜んで下さる方もいる。

以前、素敵なものに一杯囲まれて暮らしてるおしゃれな方にちょっとした手土産に何を持って行こうかと、随分悩んだことがあった。

ふと、いつも玄関に入るといい香りがしているのを思い出した。

奇麗な柄の折り紙を沢山買って、メーカー問わずいろんな種類のお香を買い、折り紙の柄のイメージとお香の香りのイメージに合わせて、使い切るように数本ずつラッピングしてお渡ししたことがあった。

子供だましみたいで気が引けたのだが、意外にもとっても喜んで下さった。

それを最初は売ってるものだと思ったらしい。

「あれは、ひょっとして手作り?」

「すみません、ケチくさい感じの手土産でしたでしょ。でもいつもいろんな香りがする玄関を思い出したら、いろんな香りを楽しまれているのかと思って。」

「やっぱり!あなたがせっせと10種類も作ったのかと思ったら、すごく嬉しかったよ。」

頂く側と同じくらい贈り主も楽しく幸せな気持ちになる。

それが贈り物だと思う。

 

この世に生まれて来てくれて有り難う。

そんな気持ちが少しでも伝われば嬉しいな、そんなことを思いながら随分とお待たせしたベビースプーンがやっと仕上がった。

 

ハッピーバースデイ♪

絶対、ハッピーになって下さいね。

星來君!