NEW

ALL

2015.12.06

 

 

 

初めて香港を訪れた時は、まだイギリスの統治下にあった頃だったと思う。

take

 

 

 

印象的だったことが2つあった。

 

 

 

まだ日本でも殆ど見ることのなかったケータイ電話を使っている人を街中でよく見かけたということ。

当時のものは、今頃の若者が知ったら笑いのネタにし兼ねないほど大きな箱型のケータイ電話だった。

それでも、まだ日本ではポケベルが主流だったので、ケータイという言葉も定着していなくて移動電話と呼んでいた。

高級外車の中で使える車電話によく似ていたのを記憶している。そもそもこの例え自体が若者を更に混乱させるかもしれない。

 

もうひとつが、建築ラッシュが続いていたその頃の香港で、あちこちで建築現場を目にしたのだが、その足場がなんと竹でできていたのだ。

 

竹ですか!

中国には竹はいっぱいあるとはいえ、そのことが近代化されていないことのように無知ながら勝手に思っていた。

しかし、この頃知ったのだが、有名な建築家の本によると竹の足場はとても理にかなっているということだった。足場は命を預かるもの。そんな足場を竹で組めること自体が凄いことである。今では随分と減ってきたことも触れていた。

 

建築は、宗教が大きく影響しているという考え方があるらしい。

日本の建築は、仏教建築というよりは、伊勢神宮や桂離宮の茶室などが日本らしさの姿勢を表していて、軽く軽く、何の重みも感じられないような、あっさりとしたものが感じられる。

 

日本人の美の理想。

万葉のさやけさ。

中世の数寄。わび。物のあわれ。

江戸のいき。

さらさらと流れる水のような美しさがよろこばれれる。

しずかに、軽く、宇宙の今とここに静まりかえっている。

 

それが、日本人独特の美感である。

 

中井正一 著 「美学入門」より。

 

西欧に行くとなんとなく必ず足を運ぶ教会。

訪れると落ち着くというよりは、堪える、塞がれたものをえぐられる。懺悔の気持ちを呼び覚まされる。そのような気持ちになる。

濃厚な食事の後に更にディープなコーヒーを飲み、外に出ると雲が立ち込めた暗曇な天気で、食傷気味な胃袋が気になり、空と同様すっきりしない。そのような感覚に似ている。

 

教会建築が持つ重厚感や圧迫感は、宗教観の違いから生まれた結果として出来た空間であると聞けば、なんとなく説明のつく感じがした。

なるほど。

神社を訪れた後は、食後の煎茶を味わったような清涼感とともに、外は冷たい空気が頬に気持ち良い。

そんな感覚をいつもイメージする。

 

静が、自分の中に佇み、生まれる気持ちになる。

まぎれもなく自分は、日本人だ。

 

全てはそれぞれの教典へと通じる。

音楽のルーツも同じように各々の宗教教典へと通じてるようだ。

 

竹。

ちょっと遠回りな話になりましたが、本日は南洋黒真珠を使った、大人インパクトの風にしなる竹のネックレスのご紹介でした。

 

しなやかな竹のような大人でありたいですね。

 

香港も随分と変化したのだろうなあ。

 

 

 

 

 

 

2015.11.27 /

 

一気に寒くなった。

昨日、夕刻には雹がガラス窓にぱちぱちと音をたてて降ってきた。

 

suiteki p

ぷるぷると震えながら表面張力でもってぎりぎりの状態で形を保っている水滴たち。

 

少しでも衝撃が加わると、一気に形が失われる。

そんな寸前を表現してみた銀色の水滴ピアス。

小さい水滴と大きい水滴。

 

日々の営為の中で、いつもの今を保てているのは、見えない絶妙なバランスが働いているから。

相手や全く関係ない他人を通して、やっと見える自分自身のバランスというものがある。

自分が経験したことを巻き戻して見せてくれる八ミリビデオが、ひとつの感情というメッセージを付加して、今度は早送りされて現在の自分の立ち位置を見せてくれる。

 

今年もかかわった様々な方々を通して、自分を知ることができた。

人は、自分の経験値でしかイメージや感情整理をできないもの。

自分自身の経験値が果たしてどれくらいのものかは分からないが、どうしてもダメだ、苦手だ、苦痛に感じてしまう。そんな理屈抜きの感情を、一番大切にするようにしている。

若い頃は耐えなければならなかったことも、ある程度の年代になってくると、それが許されてくるときがやってくるのではないか。

そう思っている。

努力を怠る、成長を止める、それとは違うように思う。

 

それを無視し続けていると、自分自身の中の見えない絶妙なバランスが或る日一気に崩れて疲弊しきってしまい、元に戻すのに倍以上の精神的労力と時間を必要とするように思う。

 

好きな形を保ちながら、ここちよくぷるぷるっと揺れるくらい。

 

そんなバランスで生きていきたいものだ。

 

水滴シリーズは、リングとカフス、ピンバッジも展開予定です。

 

 

2015.11.19 /

ブローチか?ペンダントか?

 

 

悩んでいる。

これをブローチにするか、ペンダントにするか。

brooch namidanamida

かなり大きめのモチーフで、ブローチになればコートの襟元をぐっと引きしめてくれそう。

 

ペンダントになれば、華やかな演出を一役になってくれそう。

 

私がなるべく気を配るようにしていることが、つけた時の重さと動きが女性の所作にどんな影響を与えるか。

である。

 

コルセットで体を締めあげていた女性のファッションが、ココ・シャネルを台頭にどんどん開放的になっていった時代。

女性は随分と楽になったことだろう。

 

私は日本人であり、日本が好きであると云うのに、恥ずかしながら自分できものを着ることができない。

成人式と短大の謝恩会以来、着たことがない。

つまり、人生で二度しか着ていない。

 

先月の個展に、渋い黒とグレーの紡ぎ風のきものをおめしになって、やって来られたお客様がいらっしゃった。

毎回、福岡個展にお見えになられるお客様である。

敢えて磨いていないと云われた銀の帯どめはかれこれ10年ほど前に作ったものだったか、きものの色といい感じにマッチングしていた。

お客様は、きものも洋服もどちらもおめしになられるのだが、洋服の時は微塵のいやらしさのない女性の香るような色気を感じさせる。

きもののときは、所作がとても美しく感じる。

会話にも知性と品性が伺われる、私の憧れの女性のイメージを持たれた大人の女性のひとりである。

 

今日は、きものにしようか。

洋服にしようか。

 

選べる装いはさぞ、楽しいことだろう。

 

ブローチになるべきか、ペンダントになるべきか。

こちらについては、どちらのバージョンも作ってしまおうかということで納まりそうである。

 

 

 

 

 

 

2015.11.12 /

 

 

 

kusabana

 

 

 

人生の大先輩がメールを下さった。

 

 

 

幼い頃より、ある宗派のキリスト教信者だったらしいのだが、その宗派では自分の考え方と相違することや疑問が多く、悩み、ついには教会に行かなくなってしまったらしい。

ところが、この頃出会った牧師さんの宗派は、これまでの疑問を解決してくれ、さらに 自分の考え方や感性にもとても合い、齢80近くにして改宗し洗礼を受ける一大決心。現在、聖書の勉強と準備で忙しい日々であるということが記されていた。

 

死の間際で自己統一できたことをとても嬉しく思う。

毎日にとてもはりがある。

 

文面はエネルギーに満ち溢れ、文字を通り越してほとばしるような気を発しているように感じた。

 

「人間、何が不幸かと言えば人から必要とされないことだ。」

マザー・テレサの言ったこの言葉は、本当ですね。

 

メールの最後に綴られていた文章が、数日頭から離れなかった。

 

人生で成功することや幸福になることは誰しも望むことであろう。

 

たとえ何も成し得なかったさえない人生のように思えたとしても、誰かに必要とされる人間として生きたならば、その価値は大きく逆転する。

成功や幸福が示すものは人の数あるが、この事は万人に共通した揺るぎない礎だ。

 

我々は生きている間にたくさんのものや人に出会いながら、そのことを感じる多くの機会を得ている。むしろ、与えられていると言った方が適切なのかもしれない。

社会でかかわり働くこと。

家族が自分のために奉仕してくれること。

今日乗ったバスの運転手。

さっき買い物したスーパーのレジの女性。

日常で見ず知らずの人が、自分のために働いてくれていることでさえも、実は人が人を必要としていることを感じる機会である。

 

 

 

私は、誰かに必要とされる人間であるのだろうか。

その誰かは、今の私をとりまく環境を失ったとしても、必要としてくれるのだろうか。

素地がむきだしの自分であったとしても、必要とされるのだろうか。

 

これが人間が求めてやまない、愛の本質であるのだろう。

ミッション系の短大時分、キリスト教学なる授業があったというのにテストにパスするためだけの暗記しかしなかった。あの時、既にこの学びの機会を得ていたというのか。

人生の大先輩のメールが、漸く気づきのきっかけを下さり、深く心に染み入り大きな波紋を残した。

 

 

本日ご紹介は、固い話とは裏腹な、

軽やかな双葉の草花ペンダント。

きっと誰かに必要される存在として生まれたばかりの草花、なのさ。

 

 

 

 

 

2015.11.07 /

 

 

 

nire oasis

 

 

 

人はオアシスを見て死ぬ。

 

 

 

 

そんな、砂漠のことばがあるらしい。

 

オアシスを見つけただけで、安心してはならない。

そこに実際に辿り着くまで何が起こるか分からない。砂漠ではそのことを決して忘れるな。

 

そんな意味らしい。

 

人はそれぞれ心の中にオアシスを持っている。形も景色も広さも千差万別。人の心の数、存在するのであろう。

それなのに、或る時、私は自分のオアシスへ辿り着けなくなった。

百万偏通った筈の自分だけのオアシス、 肉体なしでゆける筈の自分だけのオアシスへの道で、突如迷子となる。

あの場所は幻想だったのだろうか。

そんなことを思い始めると、途端に身動きがとれなくなり怖さを感じるほどだ。

 

深呼吸をする。

目を閉じて、もう一度ゆっくりと目を開ける。

私は、いつものオアシスへ行きたいんだ。

そして、足が動くままに歩き出す。

 

その道は、頭脳が記憶している道とは違う。

記憶した道をゆこうとすると道は消える。

 

私のオアシスへ道は、私の心だけが知っている道。

 

私の心がオアシスへの道を2度と見失うことのないように。

 

 

 

リング「ナイルのオアシス」

 

このリングは実は、少し前にアップした「ナイルの庭」の続き版である。

テーマは同じ、オアシスという心の居場所。

 

どちらも福岡個展で初デビューとなりましたが、いろんな方に気にかけていただきました。

特に「ナイルの庭」に関しましては、20代男性、50代女性、50代男性、そして40代女性の指先、ジャストフィットでナイルの庭の居場所が決定しました。

本日アップの「ナイルのオアシス」リングは、画像ではわかりにくいかもしれないが、サイドにゆるやかな溜まりが流れ出しているイメージでエンドはすっと立ち上がっている。

面と隆起で曲線を表現し、オアシスという安住の囲われた空間を表現している。つもり。

 

「ナイルの庭」は、男性的。

「ナイルのオアシス」は、女性的なイメージで表現した。つもり。

 

私の指先では、オアシス拡大中。の、つもりデス。