NEW

ALL

2018.09.25 /

 

 

 

真珠には海水で育った本真珠と淡水で育った淡水パールがある。

 

なかでも本真珠は貝の種類によって真珠の色や形状が異なる。

あこや貝から採れるあこや真珠の極小の粒が手に入った。

こんなに小さな粒でこのグレードのあこや真珠は見たことがなかった。

 

 

 

 

 

 

迷わず手に入れられる分を全て仕入れた。

 

デザインには、随分悩んだ。

どのタイミングでまとまるか分からないので常に作業台の上に置いておき、意識を残したままいろんな作業を進めた。

デザインを施せばどんどんあこや真珠の小粒の良さが霞んでしまう。

しっくりくるまで、正直何度も何度も作り変えた。

 

行き着いたのは、クラシカルなスタイルのものだった。

この粒の大きさでラウンド形状だとどうしても頼りない感じがする。

コインパールの大きめのものをアクセントポイントに、Vラインを胸元に作る少しゆったりめのネックレスに仕立てた。

 

お客様を我が家に迎えるホスト側に立つとき。

相手によっては、全く自分に構わないわけにもいかないケースがある。かといってあまり張り切るのも相手に失礼になり兼ねない。

そんなシーンの時などは、この小粒さはとても適した装飾品となるのではないかと思う。

 

もちろん、外出シーンでも嫌味さが感じられない。

素材力だ。

 

 

素材の良さを生かすとは、非常に難しいものである。

改めてそう思った次第である。

 

あこや真珠の粒は3.5ミリくらい。

なかなかの照りです。

 

 

 

 

 

2018.09.18 /

 

 

 

インフォメーションブログで話題にしましたリングのご紹介です。

 

砂時計リング。

 

 

 

 

 

 

腕時計も今はスマホやケータイで済ませてしまいがちで、時計をつけない方が多いかもしれない。

私は手巻きの腕時計を愛用して15年ほどだ。

それまでは、リーズナブルでユニークな時計をアクセサリー感覚で装いに合わせて使い分けていた。

しかし、電池が使いたい時に切れていたり、身につけている時にいつの間にか止まってしまっていたり。

これでは時計の意味がない。

 

手巻きがいいかもしれないと思っていた時に、偶然出会ったものが

建築家マックスビルのデザインの復刻版だった。

まさに一目惚れの出会い。

しかも、意外にもリーズナブル。

仕事の目標を設定し、クリアーしたら購入を決意。

 

以来、愛用し続けている。

 

余談だが、

数年もしないうちに、同じものが私の購入した金額の倍の価格になっていた。

そして、そのまた数年後、更に値上がりしていた。

 

ネジを巻きながらその日の予定をイメージして、気持ちを切り替えてゆく。そのつかの間もなかなかにあじわい深い。

 

 

 

細い隙間をぬってこぼれ落ちた時間が溜まり、大きな真珠となる。

そんなイメージの大ぶりなリングです。

真珠は13ミリタヒチ。

 

 

 

過ぎ去った喜びに満ちた瞬間、美しく思い返される時、それでもやはり今が一番よい。

そう思える生き方をしたいものです。

 

追記

 

インフォメーションブログアップの写真から連想されたものとのギャップってありましたか?

 

 

 

 

 

 

 

2018.09.13 /

 

 

 

夜には、秋の虫の音がよく聞こえます。

夏は終わったのだと再確認。

八百屋さんにも、秋の果物が何種類も並び、今日は、栗を見かけました。

 

そして、場所によっては星空が綺麗な季節になってきます。

 

 

 

 

 

 

星座シリーズのネックレス。

 

オリオン座と大三角形。

ウールはまだ汗ばむけど、コットンニットのカーディガンアンサンブルはそろそろ出番ですね。

 

ボタンを開けた胸元にちょうど程よいアクセント。

お勤めの方にも主張しすぎずよいのではないかと思います。

 

真珠は色んなものを仕入れていますが、やはり日本人にとても似合う五大宝石のひとつだと思います。

 

まあ、真珠は宝石にははいらないという一説もありますが。

 

でも、万物の力が融合されて生まれたものですから、扱う側としても全く飽きがこないのです。

粒の小さめの真珠のネックレスが自分仕様としてひとつ欲しいなあと、思いつつ仕入れをしながら、作品になったら個展会場から色々な所へ嫁いでいっております。

 

今年はどこかで綺麗な星が見れるかな。

 

 

 

 

 

 

 

2018.09.05 /

 

 

違うサイズの丸いわっかをかみ合わせながらロウ付けをしてゆく。

ひとつかませるか、ふたつかませるか、手前からかませるか、斜めにかませるか、あらゆるパターンを試し、一番表情の変化する状態で、動きがしなやかで奏でる音もうるさすぎないように。

どのわっかとコネクトさせるかで、全く違う形が生まれる事にとても驚いた。

よし、このパターンだな。

決定した後に、ふと思った

これは、仕事を通した関わりと似ているかもしれない。

先方のどこの部分とコネクトしてゆくかで、双方の仕事の可能性が変化してゆく。

 

 

 

 

 

グレーの淡水パールが、シックな雰囲気で少しだけスパイスになっております。

 

 

 

 

紐がけのわっかを変えるとガラッとイメージが変化します。

加えて紐の長さを変えてみるのも楽しいです。

金属アレルギーが心配な方にも楽しんで頂けます。

 

7日からの山口個展の発送も終えて、明日は個展前のしばしのリラックスデイ。

ドログリーさんでは、沢山秋の装いが出揃っていることでしょう。

たくさんの笑顔に出会えますように。

7日、8日は私も在店致しております。

どうぞ、お出かけくださいませ!

 

このコネクションペンダントも、もちろん出展しますよ。

 

 

 

 

2018.09.01 /

 

 

 

黒い真珠に吸い付くようにして付着する銀の塊。

 

黒真珠は10ミリ強、全体的には少し大ぶりな感があるが、フォルムは平面的なゆるやかな立体となっているので威圧感はない。

 

 

 

 

 

チェーンも二本どりなので、秋の装い、太めのゲージのセーターにもバランスよく使えると思います。

 

少し胸元より下がる位置で落ち着く、大ぶりなペンダントをひとつ持っていると重宝します。

ジュエリーでは実現しにくい装いのイメージ変換には、やはり大ぶりなアクセサリーです。

 

力の抜けたこなれた大人の着崩し感。

力は抜いているが、気は抜いていない。

 

これが年を重ねた女性の装い鉄則だと思います。

 

少し大きいかな、と思うくらいのものにぜひチャレンジしてみてくださいませ。

夏が少しずつ退いてゆく、いよいよ楽しみな季節の到来です。