NEW

ALL

2020.02.07 /

 

 

 

 

 

先月はほとんど青空を見る日がなくてトレッキングにも一度しか行けなかった。

もやもやした日々が続いた。

月が変わり1日は、しばらくぶりに晴れるということだし、ほぼ1ヶ月ぶりに友人と登ることにした。

さあ、どの山にするか。

友人も1ヶ月ぶりらしいので、おそらく体力も落ちているだろうから低山で体ならしということで、毎年行くお気に入りの神社にお詣りも兼ねて、日本新三大夜景の山と言われている(新、ってどんなくくりだろ?)北九州の皿倉山にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

案の定、いつもよりブレイクが多い。

登り慣れたご年配の方は、息も乱れず険しいコースをリズミカルに追い抜いてゆき、全く見えなくなる。

私は体力作りも兼ねてトレッキングポールは使わないのだが、ポールを使っている友人もいつもよりペースが遅い。

 

1ヶ月のブランクですぐに後退する体力。

慣性の法則。

人間は習慣の生き物だとは言うが、心底呆れる。

まあ、行動がなければ気付きもないわけで、良しとするか。

 

頂上から見える北九州の街並みは、昼間も見晴らしのよい頂上は、夜ならば尚更期待できそうな景色で満足した。

お弁当を広げていると、一際格好よろしなサイクリストがやってきて展望台から景色を眺めていた。

 

あのサイクリスト、かなり格好いいね。結構走ってる人じゃない?

あのバイク、多分、相当いい値段するよ。

え、どこの?

見えないなあ。

下から登ってきたってこと?

そうだね、ヒルクライムトレーニングにはちょうどよいのかも。

多分こっちくるかもよ。近くまで来たら、話しかけてみれば。

 

お弁当をもぐもぐ食べながら、ちらちら。

 

この頃、ロードバイクを始めた友人が、バイクを押しながら近くまでやってきたサイクリストに挨拶して、会話が始まった。

 

どこから登ってきましたか?

めちゃめちゃかっこいいですね!

 

4年前に始めて、かなりはまってしまい休みの度に近辺でトレーニングして、全国の大会や遠出をしているらしい。

過去のロングライドは、北九州から阿蘇の大観峰までの往復だとか。

 

2人で驚きのコーラスになってしまった。

 

どこのバイク?結構いい値段したでしょ?

値段を聞いた2人の驚きコーラスは、のけぞりのリアクション付きとなった。

 

友人は、お弁当タイムを中段して立ち上がり、

わあー見せて見せて!写真撮っていい?どれくらいの重さ?

 

はしゃぐはしゃぐ!

 

先月天気が悪くてほとんどトレーニングができなかったから、今日は皿倉山4本やります!

4本!4往復ってことですか!

 

0.5拍の沈黙のあと、2人の驚きのコーラスは、尊敬へと進化した。

 

 

この山は、下山途中何度か車道に出るのだが、2本目のクライミング途中の彼にバッタリ会った。

 

あ!がんばれ!

あ、ありがとうございます。き、きついです。

 

若いけどやっぱりクライムはきついんだね、顔真っ赤だったね。

いやあ、これはきついでしょ。

なんできついと分かっていることをわざわざやるんだろうね。

山も同じだよね、全く興味ない友人によく言われるよ、なんでわざわざ山なんかにきつい思いしに行くんだ。まして寒い時とか信じられん!てよく言われるよ。言われない?

言われる、言われる!でもなぜか、本人、登る気はないのに、会えばやたらとこの頃どこ登ったか聞いてくる。

あー、あるあるだね!

 

下山は雑談に余裕が出てくるのも、友人とのトレッキングの醍醐味。

 

なぜわざわざきつい思いをしに行くのか。

この問いには、言葉で語ろうとすると陳腐になるから私は敢えていつも言わないようにしている。

 

少しでも興味があるなら、一緒にやってみないかと誘ってみる。

あとは、下山後に本人が判断するようだ。

 

今のところ、誘って一緒に登った人で2度と結構です。と言った人はいない。

行動を起こさないということが、既に答えなのだろうと思う、今日この頃である。

 

しかし、アウトドアは最初は経験者に連れて行ってもらうか、専門店のスタッフの方々に十分なアドバイスを受けた方が良いと思う。

アウトドア専門店のスタッフは、本当に多くの知識を持っていることに驚かされる。

そもそもどんな業種であれ、販売員というものは、かくあるべきだ!と毎回、舌を巻く思いがします。

たまにアウトドアのファッションだけにとどまっているところもありますが。

 

というわけで、しばらく行けなかった山を思いながら、先月にデザイン制作しました新作リング。

 

マウンテンシリーズ。

てっぺんリングです。

 

てっぺんに雪積もってます。

 

明後日は、今年初のくじゅうトレッキング予定、てっぺん雪積もってるかな?

 

 

 

 

 

2020.01.29 /

 

 

 

 

 

煙ピアス。

 

このピアスは、駆け出しの頃に作ったものだ。

アクセサリーを作り出して20年経った時に、記念イベントとして写真展を行った。

デザインソースのイメージに近い自然や風景、情景などをカメラマンと探し、作品と一緒に撮影した写真とそのアクセサリー、それらをストーリー仕立ての詩と共に展示するというイベントだった。

 

 

 

 

 

これは、その時に使った写真である。

プロが撮ったもの。

煙をイメージしたピアスだったので、背景に煙、と言いたいところだがなかなかうまくいかず、実はドライアイスを使ったもの。

 

煙の作り出すシルエットはなかなかに美しい。

いっときも留まらず、それでいて綺麗な曲線や渦、線を無数に生み出す。

我々が目にしているのは、空気の流れの美なのだろう。

 

暗闇で見る空気の流れは、再び見ることのできない美だった。

 

夏休みになると訪れていた祖母の住む大きな家。

蚊取り線香の煙がすうっと立ち昇るのを、縁側の向こうの庭を借景に見ていたこと。

そそて、夕刻になると煙の匂いが決まって漂ってきていた。

あの匂いと煙は、私にとっては少しだけノスタルジーでもある。

 

 

 

 

定番ピアスの煙ピアス。

しばらくぶりに作ってみました。

 

 

 

 

2020.01.20 /

 

 

 

 

 

 

昨年ご紹介しましたバタフライリングのブレスレット版です。

こちらは、過去にあれこれ作ったブレスレットやバングルたちと相性の良い重ね使いにも万能なブレスレットです。

 

 

 

 

 

 

蝶、といってもかなり抽象化された蝶ではありますが、蝶が羽を休めて閉じているその角度にちょっとこだわりました。

角度にこだわるならば形状もそれぞれに変えてみようということで、作ってみましたところ後に判明したのですが、実際に手首に付けたときの馴染み感とデザインが連動していたので、用と意匠、どちらが優ってもいけない、どちらが劣ってもいけない。

 

そんなことを改めて思った。

新しいものを作るとき、頭の中にあるものが形になると頭の中で作った時よりもさほどよろしくない時がある。

そんな時の作品が落ち着く時というのは、おおよそにおいて時間がかかる。

それはきっと頭の中で作ったものと、現実の生活の中で心地よく身につけるものとしての盲点がクリアできず頭の中のものに縛られた状態の時だ。

盲点に気づかずに形だけにこだわろうとすると、いつまでたっても落ち着きどころを見いだせない。

 

早い段階で盲点が見つけられた場合は、一度頭の中で作った作品は壊す。

そして、見つけた盲点、弱点を意匠に置き換えられないかという逆転発想と、全く新しい方向の意匠と同時にふたつ考えながら手を動かす。

そうやって、後にアイドルなっちゃう作品もあったりするからなかなかに興味深く取り組み続けられるのである。

 

まあ、言葉にすれば大袈裟な感じではあるが、クリエイティブな作業をされている方は、ジャンルに関係なくみなさん日々経験されていると思います。

でも、仕事に限らずとも家事における料理なども同じだと思うのですよね。

 

本日は、バタフライブレスレットのご紹介でした。

 

 

 

 

 

 

 

2020.01.14 /

 

 

 

 

白いデコレーションケーキリング。

 

 

 

 

ひとつひとつ表情の違う真珠にどんなデコレーションを乗せようかと、楽しく迷いながらちっちゃくて色味も微妙に違う真珠を選ぶのが、とても楽しかったリングです。

 

昨年暮れあたりから展開しておりますが、ひとつひとつ形の違う白いデコレーションケーキが、いろんな方の手もとに旅立ちました。

 

やっぱり女子はスイーツがお好み!

 

改めて見ますと、まるでホイップクリームをふわっと塗ったような波打ち、窪み。

 

真珠の在庫が残り少なくなって参りました。

なんだか気になるという方、ご遠慮無くお知らせくださいませ。

 

こちらは、カロリー気にしなくてよいですからね。

ふふふ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.01.05 /

 

 

 

 

新年、明けましておめでとうございます。

 

2020年の最初の作品紹介は、私がメインで扱っている真珠のピアスやイヤリングです。

 

 

 

 

 

 

 

私が好んで作品にしたいと思う真珠は、形が個性的でおおぶりな淡水パールが多いです。

 

そんな色も形も魅力的な真珠のピアスやイヤリングたち。

幾つあっても飽きない耳元を飾る真珠のアクセサリーたち。

 

冬の耳元。

ふかふかのセーターの首元の傍、優しく巻かれたストールのあったかそうな空気の傍、キリッと冷たい空気にさらされた耳たぶの下でこっくりと真珠のひと粒。

 

年齢に関係なく、どんなひとにも魅力的なアクセサリーアイテムです。

 

私はこの仕事を始める前、アレルギー性皮膚炎を長く患っていたこともあり、ピアスをあけることを随分と迷いました。

しかし、自分の作ったものが一体どのくらいの重さで、どんなデザインが耳元でストレスないものなのか、それをどうしても知りたくて思い切ってあける覚悟をしたのです。

 

 

結果は、全然影響なく、作るにおいてイヤリングのいろんな制限から解き放たれて、俄然ピアス作りが楽しくなったのを今でもよく覚えています。

今では、ちょっとそこまでの出かける時でも、ピアスとリングは必ず!のアイテムになりました。

初めてピアスホールをあけた時には、真珠のピアスにしようと先に真珠も仕入れていました。

ファーストピアスの時期が終わった時には、もう、嬉しくて嬉しくて。

それでも当時はなかなか真珠の個性的な形のものを仕入れられなかったので、あちこち仕入れに行ったものです。

 

今は、ずいぶんと個性的な真珠が手に入るようになりました。

 

色や形、照り、大きさ、ぜひお好みのものと出会ったら少しずつ増やしてみてください。

天然の形なので、ご自身のタイミングで探すとなると案外手に入らないものです。

 

今年もそんな出会いがたくさん、皆様と共有できますように!!

 

また1年宜しくお付き合いくださいませ。

インスタグラムとFacebookもどうぞよろしく!

 

 

インスタグラム   fonteskey.miyuki

Facebook                       Miyuki sueno