NEW

ALL

2017.05.22 /

 

 

Yスタイルのチョーカー。

オニキスのブラックとシルバーの柔らかなラインが、装いのイメージをキリッとひきしめてくれます。

 

 

 

 

 

 

チョーカーという一見シャープな印象を持つアイテムではありますが、ラインそのものは流線イメージなので、身につけると割合に女性らしい印象です。

 

 

 

 

 

デコルテや肩にフィットするように、立体カーブをとり付け心地も固さがないように意識しました。

 

春から夏へ。

初夏の日差しが早くもやって来ているこの頃。

暦は皐月終盤へ、水が流れるように静かに水無月へ向かいます。

 

本日は、水流をイメージしたオニキスのチョーカーのご紹介でした。

 

 

 

 

2017.05.16 /

 

 

 

気分。

 

 

 

今日は、こんな気分。

ちょっとそこまでだけど、これをつけて行こう。

うちの中のやるべきことを全て済ませて、一息ブレイクのお茶。

出かけてまでするお茶はちょっとな、お天気も良いしお家のベランダに椅子を出して青空を仰ぎながらうちカフェ。

そうだ、これつけてベランダカフェ。

 

そんな風に使うアクセサリーがあっても良いと思う。

 

 

 

まさしく、気分をシフトするアイテム。

アクセサリーの中では、自分も見て楽しめるリングがベスト。

リングをはめた手を眺めながら、少しマニキュアを塗ってみようかな。

そんなこと思ったり。

香りのいいハンドクリームを塗ったり。

 

女性は、そんなちょっとした行為と隙間な時間で、気分を楽しめる生き物。

 

あまり作らない極細ラインのピンキー。

思わず自分仕様も作っちゃいました。

 

そう。

今日は、こんな気分だったのよね。

 

 

It is today’s feeling!

feeling!

feeRing    !!

 

 

 

 

 

 

 

2017.05.10 /

 

 

 

 

 

 

お母様から譲り受けた思い出の石という事で持ち込まれたアメジストをベースに、フルオーダーの依頼を受けていました。

 

 

 

 

ずいぶんとお待たせしましたが、石のカットがとても面白かったのでそのカットと形をなるべく生かしたデザインで仕上げました。

 

 

 

 

腕の部分も石のカットと連動するような彫りを入れ、指のサイドからチラリと見えるデザインで、石の重さの負担が指にかかり過ぎないように、なるべくつけ心地が楽な腕の幅でまとめました。

 

私が石をほとんど使わない理由のひとつとして、カットが好きなものが少ないからである。

石を拒絶、否定しているわけではない。

 

石ものはデザインと石自体がきっちりマッチしてるという声を聞かないと、作り始めないようにしている。

誰の声?

石の声です。

勿論、実際に聞こえるわけではないが、伝わるんです。

石がデザインを認めてくれないと動けない。

そんな気配を感じる。

 

生き続けているんでしょうね。

石がデザインを選んでいるのだろうと思う。

石にも意思がある。

あ!ダジャレのつもりではありません。

 

銀という最も普遍的な素材を使って仕事をさせて貰っているのだが、やはり素材に助けられながら、ひとつひとつが完成してゆくようにこの頃強く思う。

たかだか20年そこそこやったところで、素材を操るなんてとんでもないことだと、改めて思うのである。

鉱物が生きている年数や時間軸に比較すると、あまりにも浅すぎる。

 

しばらくぶりにカットや色味、質感のバランスが好みのターコイズをこの頃仕入れられた。

近く形になってご紹介できますように、石に選ばれるデザインをじわじわと考えようと思う。

 

 

 

 

 

2017.05.03 /

 

 

ブルーメダルチョーカー。

 

女性の鎖骨と鎖骨の間をゆっくりと落ちてゆくイメージ。

ブルーのマヴェパールが蒼い地球のよう。

 

 

 

このスタイルは襟の開き加減をあまり気にしなくてよい、もちろんタートルネックが一番全体をキリッと見せるのだが、女性らしい開きのものでも、少し襟のあるものでも、表情を変えてしっくりおさまる。

 

スタイリストさん曰く、女性はある年代から少し胸元が開いて、デコルテが見えた方が全体的に華やいで美しく見えるらしい。

不思議と肌の一番綺麗な若い頃には、それは適切な美しさとはならないのだとか。なるべ隠すような装いがより綺麗に見えるという。

子供は、制服が一番だと。

 

うなずける。

 

どれくらい前だろうか、もうおそらく8年前くらいだと思う。

ミラノのモード発信エリアと言われる通りを歩いていた時のこと。

遠く前方から雰囲気のある女性が、まるでランウェイを歩いているかのように、コートをはためかせているひときわ目立つ女性がいた。

さすが、ミラノ!

手元の革張りの分厚いシステム手帳覗きながら、ケータイ電話でしきりに話している、ファッション関係者なのだろう。

ショートヘアの頭には大きなサングラスが、カチューシャ代わりのように無造作に持ち上げられていた。

サンドベージュの少し光沢の入った薄手の生地のロングコート。

袖は八分丈、裾の方に浮ついてないが華やかな彩りの綺麗で大きなモチーフの刺繍が施されていた。

その刺繍の重みが、コートの背中まで空気が入り膨らむことなく、歩くたびにいい感じにはためくのだろう。

近づいて気づいた。

女性は、コート下のボトムは、ショートパンツにヒールというスタイルだった。小麦色に焼けた肌にバニラ色のショートパンツ。

ショートパンツの丈も、スポーツユニフォームのような感じはなく、ヒールとのバランスが素晴らしい。

ああ、潔くて素敵だなあ。

そして更に近づいて気づいた。

 

女性は、明らかに自分より年上だった。

 

肌をどのくらい見せるのかその対比も含めて装う。

バランス。

アクセサリーを一切使わないと、決めていらっしゃる方がいます。

でも、少しは取り入れて見ると、年齢とともに生まれてくるコンプレックスを回避してくれます。

そして、きっとご自身が思う以上に素敵になれると思う。

 

ファッションは若い方のために存在しているのではない。

年を重ねてからが、楽しいのだと思う。

なぜなら、若い頃より、自分を知っているから。

そして、失敗という投資が糧となり目が肥え、年齢とモノとのバランス、距離感がとれるようになるから。

ファッションは、そんな発信の仕方をして欲しいと常に思っている。

それは、私自身、この仕事を始めた頃からずっと信念としていることだ。

志しのひとつだ。

 

 

女性が素敵である必須条件。

まず、心が弾むような日々を送っていること!

ですよね。

 

今日という1日に、瑠璃色のメダルを贈る。

そんな風に、毎日過ごしましょう。

 

ブルーメダルチョーカーのご紹介でした。

 

 

 

2017.04.28 /

 

 

心身共に穏やかな気持ちになる陽気が続いていて、すこぶる気分がよい。

 

九州気質だろうか、格段急ぎの用事ではないがなんだかんだと散歩がてらに空の下を歩きたくてむずむずする。

 

 

 

 

 

この時期は短い。

存分に楽しみたいと思う。

 

気分を上げるもののひとつとして、大人の装いに加えてほしいスタイルのネックレスです。

 

装いはデザインよりも、素材を重視したい。

この頃、しきりにそう思う。

サイズが身体に合っているのか、色が自分に本当にしっくりきてるのか。

何より肌触りや着心地、これは自分自身の心へと直結している。

来月で節目の年齢を向かえる。

しばらく着ていない服を見直して、これからの自分のスタイルをじっくりまとめよう。

 

 

取り入れた洗濯物をたたみながら、レースのカーテンがふんわりと膨らみ部屋に入り込んだ芽吹きの風。

風と共に、心の中にキリッと柱が立ち上がったような気がした。