NEW

ALL

2017.07.12 /

 

 

 

フィーリングシリーズのピアスが出来ました。

 

 

 

 

 

 

棒状のピアスですが、肉厚ボリュームの細長いパーツの向きが左右違うので、表情を楽しめます。

 

年齢を重ねてくると、身に付けるもののある程度の重みというものが全体的なイメージを品良く見せてくれるものです。

 

服飾含んだ装身具は、重いよりは軽いほうが楽ちんなのですが、軽すぎたり、薄過ぎたりというのは身体に沿うシルエットや人間の動きに対してどうにも収まりがつかず、なんとなくチープな感覚で、浮ついた印象に陥りやすい。

肩の力が抜けているものとはまた別な印象に思える。

 

それをつけると、背筋がもひとつ伸びて、遠くをゆったりと見渡せる

そんな気持ちにさせてくれる装いに身を包み、日々機嫌良く過ごしたいものです。

 

 

 

 

 

2017.07.04 /

 

 

 

しばらく旅をしていない。

気がつけばそれぞれの部屋に置いている本は、いずれも旅行手記の本や旅先での美味しいものや民芸品との出会い本、そのような類のものばかり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空白の旅。

たったひとつの目的のための旅。

ホテルライフを満喫する旅。

誰かに会いに行く旅。

 

行き先に留まらず、まだまだ憧れの旅がある。

 

 

この頃読んだ旅行手記の中にあった。

 

誰かに連れられて歩くことほど不幸なことはない。

 

 

そうかもしれないな。

 

旅はよく人生に置き換えられる。

進路、就職、結婚、生活。

いつだって、最終的には自分自身が選択し自分が歩いている。

ナビゲーションは、存在しない。

私自身が道を作るのだからね。

 

 

たまには自分の歩いた道を振り返り、

よく頑張りました。

とこっそりメダルを贈ろう。

 

私のメダルは、旅。

そうやって私はちまちまと旅を続けているのだ。

 

 

ホワイトメダルチョーカー。

 

 

 

 

 

2017.06.26 /

 

 

気がつけば、月末になろうとしていた。

しばらくぶりのアップになってしまいました。

 

 

 

 

 

今年は梅雨入り宣言されてもざばっと雨が降った日がちらほらしか記憶にない。

 

ここのところ、早朝ジョギングならぬ、早朝散歩を始めた。

季節は梅雨。

モヤっと白く曇った空の朝。

空気はちょっぴり冷たくて世の中がまだ動き出す前の喧騒のない街は、通勤車や行き交う人もほとんど少なく程よく静かで気持ち良い。

1時間もしないうちにどんどんせわしくなってくる。

どこを歩こう。

なんとなく喧騒を避けるルートを選ぶうちに、福岡の高級住宅街エリアを歩くことが日課となってきた。

緩やかな丘になった地形に建ち並ぶ立派なお屋敷や、モダンな建築、どちらさんもお屋敷だけにとどまらずお庭や植栽が素晴らしく、道路から眺めていてもちょっとした公園を歩いている気分になる。

 

登りきったあたりで朝陽が雲の隙間から射してくる。

道端のツユクサや、たわわな紫陽花が瑞々しい光を浴びて、なんとも美しい。

 

坂道を下るとパン屋さんの焼きたてのパンの匂いが道路に溢れ出している。

思わず、深呼吸。

うーん、いい匂い。

お腹すいた!

と、歩く速度がアップして帰宅すると、朝陽が我が家のベランダのハーブたちに届き、朝陽を浴びてそよそよと揺れている。

 

休日の寝坊もよいが、休日の早朝散歩の途中モーニングを済ませて帰宅。

そんな風にスタートする日があってもよいかも。

 

朝陽を感じて、今日も素敵な1日を!!

 

サンシャインペンダント。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.16 /

 

 

 

デザインをまとめて完成したのちに、思わぬ副産物として別な使い方を発見することがある。

 

 

 

 

真珠の上にでべそみたいに乗っかったちびっこい真珠のロングペンダント。

紐替えできるようなデザインで作ったのだが、試着を何度もして最終仕上げをしているうちに。

 

 

あ!!!

 

 

 

 

 

 

 

こんなスタイルも楽しめること、発見!!

 

こんな瞬間があるから、この仕事はやめられないのよね。

 

 

 

 

2017.06.05 /

 

 

 

チックタック、チックタック、ボーン、ボーン。

 

 

 

今では殆ど見かけることのなくなった振り子の時計。

幼い頃連れて行かれた街の病院などには、寄贈された団体名などが振り子の窓部分に金色の文字で記入された大きな時計があったものだった。

小学校の正面玄関近辺の職員室近くにもあったように記憶している。

 

懐かしい。

 

耳元で音の無い振り子が揺れて時を刻む。

 

スタイリッシュだが、本体ごと揺れるので意外にもフェミニンさもあるんですよね。

個人的には、本体ごと揺れるピアスはとても好みなのです。

 

今年もあっという間に、半年が過ぎようとしているって皆さん気づかれてますか?

 

チックタック。

チックタック。