NEW

ALL

2021.10.06 /

 

 

 

 

 

ご挨拶が遅れましたが、無事に先週末を持ちまして山口個展終了致しました。

 

今回初めてお会いしたお客様、いつもお越しいただいていらっしゃるお客様、今回、都合が合わずにお運びいただけなかったお客様、改めまして本当にありがとうございます。

 

来秋、またお会いできるのを今から楽しみにしております。

 

 

 

 

さて、日中は暑くとも朝晩はすっかり秋です。

秋冬の装いになってまいりましたら、やはりブローチの出番がひとしお楽しくなります。

 

モンステラをイメージした大きめのブローチです。

艶消し仕上げですので、大きさはありましてもブローチだけが目立ち過ぎるということはないです。

 

シックなベージュのセーターやコートにアクセントと更なる透明感を引き出してくれるのではないかと思います。

 

大人のアクセサリーアイテムとしてブローチを推奨し続けているのですが、

あちこちの個展でも随分とチャレンジされる方が増えて参りました。

嬉しい限りです。

 

月末からの北九州個展でも、出展したいと思っております。

詳細は次回アップ致します!

 

ふと気付いたのですが、カレンダーに月があと2枚で今年が終わるのですね。

 

 

 

 

 

2021.09.28 /

 

 

 

 

 

現在行われている山口県での個展に出展しました氷山リング。

 

 

 

ボリューミーで表情のある真珠を生かしたデザインのリング。

青みの効いた色の白さもまさに氷のようでした。

 

 

山口での個展の初日にお見えのお客様がインスタでもご覧頂いていたようで即決めのシンデレラでした。

シンデレラリングは、不思議と嫁いでいくのです。

サイズも微妙に変えて作っているのですが、まるで人とモノが引き合っているのかもしれないですね。

 

当然ですが、私自身がシンデレラリングを持つことはなかなか叶わないわけでして。

それは、それで本当は幸せなことなのですよね。

 

表面に出ている部分だけが全てではない。

深層部分を意識できるような人間でありたいものです。

 

本日は、さよならシンデレラリング。

氷山リングのご紹介のみ。ということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.09.22 /

 

 

 

 

 

 

週末より始まります山口個展の準備もひと段落して、本日はしばらくぶりの映画へ。

しばしのリラックスタイム。

 

さて、先月のショウルームへお越しのお客様からのオーダーのマヴェカフチョーカー。

 

 

 

実は、こちら60代の男性からのオーダー。

奥様へのプレゼントではなくご本人のためのもの。

 

このチョーカーは頻繁に作っているものではないのですが、フォンテスキーのウェブサイトをご覧頂き、身につけたい。と思ってくださりご夫婦でお越しいただきました。

現物がなかったのですが、型紙をその場で制作し、お客様の雰囲気や装いのイメージ、輪郭、骨格に合わせて微妙に仕様を変えることなどをご相談しながら先日ようやく仕上げました。

現在、宣言中ですので、郵送にてお届けしました。

 

受け取られた翌日、何枚かの写真がメールにて送られてきました。

装いもジェンダーレスなファッションで、ばっちりなコーディネート。

男性でも違和感ない!

本来は写真が嫌いだというご本人自ら、写真を送ろうとおっしゃってくださったらしく、とっても嬉しいメールで一気にテンションが上がった。

 

何よりも奥様のご主人様への助言が素晴らしい!

 

もう還暦すぎたのだから、自由に生きていいんじゃない。

してみたい格好をすればいいと思うよ。

 

そんな風にして背中を押して貰えて、今、色んなことがとても楽しいと話して下さいました。

 

解放された心。

 

それは装いにも大きく影響するものなのだ。

むしろ、装いを変えることで心も変化するものなのだろう。

 

有意義な制作時間を過ごさせて貰えたことに改めて感謝しました。

 

さあ、明後日より山口個展へ行って参ります。

今回の個展が、皆様の解放のお手伝いの機会となりますように!

 

 

 

 

 

 

2021.09.04 /

 

 

 

 

キモノブレスレット。

手の甲を包むような大人ブレスレット。

 

 

 

 

日の入りも早くなり、空の様子もどことなく秋を迎え入れる顔つきになり、日陰では運ばれてくる風に落ち着きを感じるようになった。

 

そうよね。

9月だものね。

 

日々変わらず装身具を作っておりますが、手を動かすことがざわつく心を落ち着かせてくれて無心になれるので、私にとってこの仕事はこんな状況の中、本当に感謝ひとしおである。

 

制作している時間もひとりなので、ときに人恋しくなることもありますが、

組織の一員として働く人間よりは、世の中の変化を汲み取らずにこれまでとさほど変わらない生活をしているのかもしれない。

 

誰かの言葉にあった。

 

何かが起こったとき、どうふるまうか。

それこそが人に与えられている自由である。

 

何かができなくなったことが不自由なのではない。

その環境の中でどうふるまうかという自由は充分与えられているのだ、と。

 

私たちは今、そんな時間の中を其々に生きているのだと思う。

 

 

キモノは着ないが、憧れはある。

そんな思いからキモノブレスレットのご紹介でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.08.24 /

 

 

 

先日アップしましたロザリオビアンコのピアスができました。

 

意外にもマスクスタイルの耳元をすきっと見せてくれるピアスです。

 

 

 

マスクが外せる生活がいつになるのだろうかと案じ続けながら、一年半が過ぎようとしています。

 

マスクをしているので、ピアスはデザインによってはくどくなるかな。

当初はそんなことを考えていましたが、自分自身がつけるときにその時の気持ちでチョイスしていることに改めて気づいた。

 

そうか。

あまりとらわれずにこれまでのように作りたい!と思うものを作ろうと気持ちを新たにしました。

 

引きずり込まれるような気分を一新するための役目のアイテムでもある。

それが、装うことの意義でもある。

 

この一年、そんなことを強く思うようになった。

 

本日は、前回に続きロザリオビアンコのピアスのご紹介でした。