NEW

PIERCE

2022.03.28 /

 

 

 

 

 

 

春一番も派手に吹き、すっかり気温も心持ちが良くなって参りました。

 

美容院に出かけたいと思いつつ慌ただしく過ぎ去った3月でした。

あと3日で本年度も終わり。

 

 

 

 

本日は、オフィスでも楽しめそうなサイズ感のピアスをご紹介です。

 

月を横切る星たち。

 

流れ星のようなかたちと半月のようなかたち。

 

ストーリーやポエティックに、片方ずつ着けても楽しいかもしれませんね。

 

もうひとつ、女性らしい優しいイメージのピアスもご紹介。

 

 

 

こちらは、チェーン部分を外せる仕様ですので、シルバーの小さなボールだけのピアスとしても使えます。

日中、オフィスではそちらで使用して、アフターは気持ちを切り替えてちょっとロマンティックな気分を楽しめる2wayスタイルです。

 

 

本日は、フォンテスキーラインにしては少し控えめな感じのピアスのご紹介でした。

女性は、いろんな気分の時がありますよね。

だから、日々楽しめる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022.02.21 /

 

 

 

 

 

T型のオニキスピアス。

 

このピアスは少し前にパールでの展開でしたが、あごの辺りできりっと黒いオニキスが揺れる感じが、身につけるとどことなく女性らしさの中にあるよい意味での厳しさのような雰囲気とのバランスがパールよりもとれるような気がして、オニキスバージョンを作ってみました。

 

 

 

すっかりグレイヘアも浸透してきましたが、グレイヘアの耳元ではむしろふんわりとしたイメージを引き締めて見せてくれるのではないかと思います。

ゆるく纏めた髪からオニキスが覗く感じもシンプルで、私の個人的な目標女性。

力は抜いているが気は抜いていない。

に、一歩近づくように思います。

 

ピアスとリングは忘れたくないアクセサリーアイテムたちです。

 

3月5日より京都、福知山のライフスタジオパルさんでの個展です。

インフォメーションで詳細ご案内したいと思います。

 

 

 

2021.12.19 / / / /

 

 

 

 

おかげさまで今年最後の大阪個展も無事に終了致しました。

お運び頂いた皆様に心よりお礼申し上げます。

 

今年で10回目でしたでしょうか、大阪個展で出展しました絵付け師 室田志保氏による薩摩ボタンを使った作品たちをご紹介致します。

 

こちらはベツレヘムというタイトルの薩摩ボタンを使った作品で、

タイトルは祈り。

ピアスとネックレス。

盛り金の技術とプラチナを使用したシンプルな絵付け。大小そしてプラチナ色をイメージしてさまざまな星の大きさと色の真珠を使った星空でひときわ目立つベツレヘムの星をイメージしたピアスとネックレスです。

 

 

 

そしてこちらが紅葉の薩摩ボタンを使ったロングペンダントとリング。

タイトルは紅葉の時。

こちらは室田氏の技術と色彩感性を殺さないように、銀の量感でマイナスのデザインでバランスをとったものに仕上げました。

1年の間で美しく紅葉が染まる時間は短い。

その時間を閉じ込めた懐中時計を意して、紅葉の時というタイトルにしました。

 

 

最後に孔雀の薩摩ボタン。

繁栄と富を象徴するという意味を持つ孔雀。

スクエアの形をいかして、チョーカー風に仕立てました。

選んだ真珠の色もピーコックと呼ばれるもので、まさに孔雀の羽のような色ということで名付けられたものをチョイス。

 

 

 

上が作る前の薩摩ボタンです。

幅2センチ5ミリ程に、描かれた小宇宙の世界。

 

では、薩摩ボタンとは何か。

少しお話ししますと、江戸末期に倒幕運動などのために薩摩藩が外貨や軍資金を得る為に主に輸出していた伝統工芸品のひとつです。

白薩摩と呼ばれた焼き物に薩摩焼の技法を駆使して絵付けをした薩摩ボタンは、ラシャのマントを留めるボタンとして使われていたそうですが、多くは欧米に輸出されたらしく庶民が目にすることはほとんどなかったと言われています。

 

のちに窯元も減り一度途絶えた薩摩ボタンでしたが、絵付け師、室田志保氏によって現代に合ったモダンな絵柄で復活されました。

今でも多くの世界中のボタンコレクターの心を魅了してやまないものです。

私が鹿児島にて活動していた6年間の間に、不思議なご縁があり何度か一緒にお仕事をさせて頂きました。

 

おそらく薩摩ボタンのことは、テレビや雑誌などでしばしばご覧になられてご存じの方も多くいらっしゃったと思います。

 

大阪個展にてこちらの作品は、初日に全てまさにぴったりな雰囲気をお持ちの方々にお嫁入りしてゆきました。

少し寂しさもあり。でも、それ以上に嬉しい瞬間でした。

いつもと違う目線でアクセサリーを作る時間は初心に戻る思いで有意義でした。

 

皆様に感謝です。

 

 

絵付け師 室田志保氏の公式ホームページはこちらです。

小さな宇宙を体感されてみてください。

 

http://satsuma.cc

 

 

 

 

 

2021.08.24 /

 

 

 

先日アップしましたロザリオビアンコのピアスができました。

 

意外にもマスクスタイルの耳元をすきっと見せてくれるピアスです。

 

 

 

マスクが外せる生活がいつになるのだろうかと案じ続けながら、一年半が過ぎようとしています。

 

マスクをしているので、ピアスはデザインによってはくどくなるかな。

当初はそんなことを考えていましたが、自分自身がつけるときにその時の気持ちでチョイスしていることに改めて気づいた。

 

そうか。

あまりとらわれずにこれまでのように作りたい!と思うものを作ろうと気持ちを新たにしました。

 

引きずり込まれるような気分を一新するための役目のアイテムでもある。

それが、装うことの意義でもある。

 

この一年、そんなことを強く思うようになった。

 

本日は、前回に続きロザリオビアンコのピアスのご紹介でした。

 

 

 

2021.08.08 /

 

 

 

 

少し前にご紹介しました葉脈のペンダントのピアスバージョン。

実は、先日の個展にてペンダントをお求めになられたお客様がお名前が

葉子さま。

 

スラっとした背の高い和服も洋服もお似合いになられる黒髪の女性。

長いお付き合いになってまいりました葉子さま。

個人的にも笑顔の素敵なお姉さま的な女性で密かに憧れております。

お好きなものを選ばれて帰られる際、必ずひとことおっしゃるのです。

 

身体に気をつけて元気でいてね。

大事に使いますから。

そしてとびきり魅力的な笑顔を残して気持ちよくその場を去ってゆく。

 

 

きゅん。

その度に、私の心はハートマークになるのです。

 

 

 

 

 

葉子さまは、いつもお気に召したデザインのものをセットアップでリクエストされます。

ブレスレットをお求めになられたら、同モチーフのピアス。

ペンダントをお求めになられたら、リングとセットアップ。

 

時には、フルコーディネートアイテムをお任せでリクエストされることも。

背が高いということもあり、なかなか市販の長さやサイズがしっくりこないとのこと。

 

そして、セットアップにされる理由は、何かの席にお呼ばれされた時、服を迷うのではなく清潔感のある装いでセットアップアクセサリーを身につけていれば、きちんと感を外すことがない。

そして作り手が同じであれば、しっくりまとまるのよ。

 

そうおっしゃられました。

 

ちょっとハイカラな親戚のおばさまが身内におりましたが、私がまだこの仕事を始める前、セットアップのアクセサリーを何セットか見せてくれたことがあった。

その頃はセット使いがモダンなものには思えず馴染めなかった。

 

でもこの頃思う。

 

そんな使い方のできるセットアップが一揃えあると、とても重宝するのだと。

 

本日は、

葉子さまのためのピアス。

葉子さまの黒い長い髪を考慮した長さで全体を仕上げました、葉脈のピアスのご紹介でした。