NEW

PENDANT

2019.04.23 /

 

 

 

どんとダイナミックなネックレス。

 

 

 

リアルなコインサイズの真珠を抱えたようなシルエットのつや消しの銀にグレーのパールのネック部分。

麻素材のワンピースに、どんとコーディネートするだけで気分と共に装いの印象をアップすることでしょう。

 

個人的にこのモチーフ気に入りまして、ブローチも作っちゃいました。

 

大ぶりなアクセサリーは、やっぱり元気になれる気がします。

 

せっかくアクセサリーをつけるのならば、どんと楽しみましょう。

 

 

 

 

2019.03.30 /

 

 

 

一番星のインパクトペンダント。

 

トップは全長6センチほどの大ぶりとまではいかずの中ぶりで、ドイツチェーンを使用したインパクトのあるペンダントです。

 

 

 

 

先端の光をイメージしたパールはグレー。

最初は、この部分は予定していなかった。

しかもリングで計画していたのだが、リングにはちょっと大きすぎて指の動きに支障が出ることも懸念してペンダント仕様になりました。

 

画像では全体の大きさが伝わりにくいかと思いますが、身につけるといいあんばいのバランスに仕上がったのではと思っています。

 

真珠やチェーン、全部の条件がなかなか揃わないので、一点だけになります。

 

 

シンデレラアクセサリー。

ばっちり目があった方は、ぜひ

一番星、みーつけた!

そう言ってくださいませ。

 

どんな方に届くのか今から楽しみです。

 

 

 

 

 

2019.02.06 /

 

 

 

カケラペンダント。

 

 

 

 

新しい年になったので書類を整理していたら、過去の作品写真ファイルが出てきた。

当時は画素数を誇るデジカメを早くに購入し、結構活用していたのが伺われた。

しっかし、今のデジタル写真なるものは劇的にグレードが上がったな。そんなことを思いながらパラパラとめくってみる。

 

へー、なるほどね。

 

20年近い過去の自分の作った写真に遭遇。

照れくさいような妙な気分だったが、自分でもすっかり忘れていたが、そうそう、確かに作った。

あ!これはロサンゼルスで仕入れたチェーンだった。

このシェルパーツはニューヨークだったか。

当時はなかなか欲しい資材が手に入れられなくて、あちこち探し回っていたな。

回想。

 

というわけで、カケラペンダント。

も一度作ってみたわけです。

 

 

また20年後に回想し、今の作品たちを作る。

そんな作業もなかなかに面白いかもしれぬ。

 

 

 

 

 

2019.01.16 /

 

 

 

あっという間に今月も半月過ぎまして。

 

来月中旬の個展の準備を地味にやっておりましたら、ブログアップが遅くなっておりました。

 

 

 

 

 

本日は、ベルをイメージした軽めのペンダントをご紹介です。

 

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、ドームと三角ドームでパールの色も形も若干違います。

 

 

個人的には、澄んだソプラノ歌手の声のような高音のベルよりも少し鈍いくらいの音のベルが好きだ。

羊飼いのベルの音や牛追いのような乾いた風に乗って広がてゆくカラコロした音。

お寺の鐘の音や教会の鐘の音も宗教とは関係なく心が落ち着く。

 

目の前で鳴る音よりも風に運ばれてくるような音が好き。

 

 

そんなわけで本日は、

音の鳴らないベルペンダント。

をご紹介致しました。

 

 

 

 

 

 

2018.12.28 /

 

 

 

2018年最後の作品ご紹介です。

 

柱時計の振り子をイメージしたネックレス。

 

 

 

 

 

 

グレーの薄い板状の淡水パールをネック部分で、トップの大きなコインパールは淡いピンクグレー。

 

ネック部分が通常の真珠のように丸みのある正統なボリューム感とは違い、いびつな動きのあるボリューム感なので、装いに合わせるときも若干の抜け感でバランスをとることができます。

 

今年最後のご紹介の作品は、本年を振り返りつつ時を味わう振り子ネックレスでした。

 

本年もブログご覧いただいたその時間含め、全てに感謝申し上げます。

どうぞ来年も変わらぬご愛顧賜りますよう、切に願い2018年最後の新作ご案内とさせて頂きます。

 

皆様、どうぞよいお年をお迎え下さいませ。