NEW

AROUND NECK

2015.11.19 /

ブローチか?ペンダントか?

 

 

悩んでいる。

これをブローチにするか、ペンダントにするか。

brooch namidanamida

かなり大きめのモチーフで、ブローチになればコートの襟元をぐっと引きしめてくれそう。

 

ペンダントになれば、華やかな演出を一役になってくれそう。

 

私がなるべく気を配るようにしていることが、つけた時の重さと動きが女性の所作にどんな影響を与えるか。

である。

 

コルセットで体を締めあげていた女性のファッションが、ココ・シャネルを台頭にどんどん開放的になっていった時代。

女性は随分と楽になったことだろう。

 

私は日本人であり、日本が好きであると云うのに、恥ずかしながら自分できものを着ることができない。

成人式と短大の謝恩会以来、着たことがない。

つまり、人生で二度しか着ていない。

 

先月の個展に、渋い黒とグレーの紡ぎ風のきものをおめしになって、やって来られたお客様がいらっしゃった。

毎回、福岡個展にお見えになられるお客様である。

敢えて磨いていないと云われた銀の帯どめはかれこれ10年ほど前に作ったものだったか、きものの色といい感じにマッチングしていた。

お客様は、きものも洋服もどちらもおめしになられるのだが、洋服の時は微塵のいやらしさのない女性の香るような色気を感じさせる。

きもののときは、所作がとても美しく感じる。

会話にも知性と品性が伺われる、私の憧れの女性のイメージを持たれた大人の女性のひとりである。

 

今日は、きものにしようか。

洋服にしようか。

 

選べる装いはさぞ、楽しいことだろう。

 

ブローチになるべきか、ペンダントになるべきか。

こちらについては、どちらのバージョンも作ってしまおうかということで納まりそうである。

 

 

 

 

 

 

2015.11.12 /

 

 

 

kusabana

 

 

 

人生の大先輩がメールを下さった。

 

 

 

幼い頃より、ある宗派のキリスト教信者だったらしいのだが、その宗派では自分の考え方と相違することや疑問が多く、悩み、ついには教会に行かなくなってしまったらしい。

ところが、この頃出会った牧師さんの宗派は、これまでの疑問を解決してくれ、さらに 自分の考え方や感性にもとても合い、齢80近くにして改宗し洗礼を受ける一大決心。現在、聖書の勉強と準備で忙しい日々であるということが記されていた。

 

死の間際で自己統一できたことをとても嬉しく思う。

毎日にとてもはりがある。

 

文面はエネルギーに満ち溢れ、文字を通り越してほとばしるような気を発しているように感じた。

 

「人間、何が不幸かと言えば人から必要とされないことだ。」

マザー・テレサの言ったこの言葉は、本当ですね。

 

メールの最後に綴られていた文章が、数日頭から離れなかった。

 

人生で成功することや幸福になることは誰しも望むことであろう。

 

たとえ何も成し得なかったさえない人生のように思えたとしても、誰かに必要とされる人間として生きたならば、その価値は大きく逆転する。

成功や幸福が示すものは人の数あるが、この事は万人に共通した揺るぎない礎だ。

 

我々は生きている間にたくさんのものや人に出会いながら、そのことを感じる多くの機会を得ている。むしろ、与えられていると言った方が適切なのかもしれない。

社会でかかわり働くこと。

家族が自分のために奉仕してくれること。

今日乗ったバスの運転手。

さっき買い物したスーパーのレジの女性。

日常で見ず知らずの人が、自分のために働いてくれていることでさえも、実は人が人を必要としていることを感じる機会である。

 

 

 

私は、誰かに必要とされる人間であるのだろうか。

その誰かは、今の私をとりまく環境を失ったとしても、必要としてくれるのだろうか。

素地がむきだしの自分であったとしても、必要とされるのだろうか。

 

これが人間が求めてやまない、愛の本質であるのだろう。

ミッション系の短大時分、キリスト教学なる授業があったというのにテストにパスするためだけの暗記しかしなかった。あの時、既にこの学びの機会を得ていたというのか。

人生の大先輩のメールが、漸く気づきのきっかけを下さり、深く心に染み入り大きな波紋を残した。

 

 

本日ご紹介は、固い話とは裏腹な、

軽やかな双葉の草花ペンダント。

きっと誰かに必要される存在として生まれたばかりの草花、なのさ。

 

 

 

 

 

2015.11.03 /

REIHOKU ブローチ!

 

 

昨日をもちまして終了致しました福岡個展!

先月の20周年に引き続きという形でしたが、再びお会いできた皆さまや遠くからお越し頂いた皆さま、友人たち、クリエイターの方々、有り難うございました。

reihokubb

今回の期間中には、わが福岡、いや九州のプロ野球チームのホークスが日本シリーズで優勝し、商業施設は随分と賑わい、ハロウィン仮装で練り歩く方々で賑わい、夜空には煌めくスーパームーンと盛り沢山な一週間でした。

 

 

 

 

 

今回の個展で初披露となった、REIHOKUシリーズ。

自然美が魅力を放つ波の力で研磨、形造られた石を使ったアクセサリーたち。

みなさんとても興味を持たれてました。ディスプレイで使った石たちの美しさに東京からお見えになられたアーティストの方は、かなり衝撃を受けてました。

こちらはブローチ。

 

isi pendant

 

そして、こちらがペンダント。

かなりおおぶりです。

 

 

リングは先日アップしましたね。

 

 

 

 

 

ちなみにこれね。

 

 

isi ring

 

 

 

 

有難いことに、ほぼ完売となりました。

どれも一点モノだったなりね。

 

有難いけど、ちょっと寂しかったりした。

 

でも、いっぱい可愛がってもらってね。

と心の中でつぶやいた私だった。

 

 

 

 

2015.10.23 /

ブルームーンハウス

 

 

もしも月に帰るおうちがあるならば、すっぽりとくるまれるほどのサイズ感で、自然と眼を閉じたくなるような安らぎに満ちた空間であろう。

blue moon pendant

 

 

見あげた月の形が違って見えるのは、月がおでかけをしようと歩きだそうとしているから。

時には、いきなり駆け出してしまって姿が見えない。

時には、機嫌良くスキップしてにこにことまんまるに跳ねている。

 

 

今夜はどこへ出かけるの。

遠く離れた月のおうちは、どんなときでも月が帰ってこれるようにと微笑みながら静かに待っている。

 

優しいおうち。

居場所があるから、毎日安心して生きられる。

それは、人も月もおんなじ。

 

「ブルームーンハウス」ペンダント。

 

 

2015.09.24 /

生まれ変わってリデビュー!!

_S3U8794

 

フォンテスキーのホームページが新しくなりました!!

あまり告知をしっかりせずに新しくなりまして、ご覧頂いた方々に、分かりづらくご迷惑をおかけしたかもしれません。

これからも変わらぬ、ご愛顧賜りますようによろしくお願い申しあげます。

 

というわけで、リデビューホームページの記念すべき第一回目の新作ブログは、プロカメラマンが撮影して下さったチョーカーをアップです。

ムーンシャドウ。

カフスタイルの大人チョーカーです。

月が奇麗な季節になってきましたね。

今後もサイトを通して、たくさんを共有できればそんな気持ちでいっぱいです。