NEW

BROOCH

2022.05.04 /

 

 

 

 

 

 

シックな色とニュアンスの天然石ハイパースシーンを使ったブローチ。

夜間飛行。

 

こちらは実は3スタイルが楽しめるブローチ。

 

 

 

 

下り部分が外せます。

長めの下りの時には、首元にネクタイのように襟を立てたりボタンをきっちり上まで閉めた状態で前たてに沿って垂らしてつけると、ちょっとメンズライクでキリッとしたスタイルに。

 

 

 

そして、短めのグレーのコインパールを使用した下りの場合には、服のサイドの方で使うと可愛らしいイメージに。

 

 

そして、何も下がりをつけずに使うことも可能です。

この場合には、お手持ちのブローチやピンバッジをコーディネートして使うのも楽しいかと思います。

 

石が一点だけの仕入れでしたので、こちらはシンデレラブローチとなります。

 

 

石の色がグレーブラックで、向きによってはシルバー色部分が浮かび上がります。

シンプルでシック、スタイルでいろんな装いにマッチするのではないかと思います。

 

個人的にも気になってはいるのですが、はてさて、お姫様はどなたに。

 

 

 

 

 

2022.04.23 /

 

 

 

 

 

雲に乗って旅をするブローチ。

 

 

 

七色にきらめく細長いシェルが銀色の雲に乗り旅をする。

背景となる服地の色が空の色。

 

雲の上はいつでも青空。

今日の雲の下は、きらめく細い雨。

 

雨は、いつしか真珠となって地上にたどり着く。

 

なんてことがあったらすごいですね。

 

シェルパーツの形を眺めていたら浮かんだ小さなストーリー。

本日は、珍しく、絵本タッチのブローチのご紹介でした。

 

シンデレラはどなたに?

一点のみとなります。

 

 

 

 

2022.04.11 /

 

 

 

 

 

 

バロックパールの煙突の丸いおうち。

絵本の世界のようなハウスシリーズのブローチ。

 

 

 

 

一昨年から、形のユニークな真珠が手に入りイメージが纏まったら作っているハウスモチーフシリーズのブローチです。

 

少し立体的なので、日頃作るブローチよりも若干重量感もあります。

60年代風の少し立ち襟で七分袖のワンピースの肩寄りにつけたらどうだろう。

そんな女性を思い描きながら作りました。

 

シンデレラブローチ。

 

お嫁に行って欲しいような、欲しくないような。

でも、嫁ぎ先の方にお会いしたい。

 

というのが作り手の心内なのです。

 

帽子に合わせるのもとてもよいと思うのです。

 

本日は、丸いハウスシリーズのブローチのご紹介でした。

 

 

2021.10.06 /

 

 

 

 

 

ご挨拶が遅れましたが、無事に先週末を持ちまして山口個展終了致しました。

 

今回初めてお会いしたお客様、いつもお越しいただいていらっしゃるお客様、今回、都合が合わずにお運びいただけなかったお客様、改めまして本当にありがとうございます。

 

来秋、またお会いできるのを今から楽しみにしております。

 

 

 

 

さて、日中は暑くとも朝晩はすっかり秋です。

秋冬の装いになってまいりましたら、やはりブローチの出番がひとしお楽しくなります。

 

モンステラをイメージした大きめのブローチです。

艶消し仕上げですので、大きさはありましてもブローチだけが目立ち過ぎるということはないです。

 

シックなベージュのセーターやコートにアクセントと更なる透明感を引き出してくれるのではないかと思います。

 

大人のアクセサリーアイテムとしてブローチを推奨し続けているのですが、

あちこちの個展でも随分とチャレンジされる方が増えて参りました。

嬉しい限りです。

 

月末からの北九州個展でも、出展したいと思っております。

詳細は次回アップ致します!

 

ふと気付いたのですが、カレンダーに月があと2枚で今年が終わるのですね。

 

 

 

 

 

2021.07.03 / / /

おしゃれ大賞!!鹿児島版!

 

 

 

 

 

先週火曜日で終了しました鹿児島個展でのおしゃれ大賞のご紹介です!

 

 

今回とーっても嬉しかったのは、男性のお客様が何組かいらっしゃったことです。

パートナーのお買い物に付き添いではなく、自分のためのものを見にこられた方々がいらっしゃいました。

 

 

 

 

おしゃれ大賞男性!!

ヨウジヤマモトをよくおめしになられるという大人の男性。

選ばれたのは、弓張月のリングをピンキーとして。

とってもお似合いで、しかも奥様からのバースデイプレゼントという。

お二人で選ばれる姿を見ていると、本当に幸せな気持ちになりました。

こんなシーンに出会うから会場に立つのがワクワクするのです。

作り手冥利に尽きます。

 

とても感じのよいご夫婦で、お話しできた時間も心地よく翌日にもじんわりと余韻が残りました。

 

 

 

そして

こちらがおしゃれ大賞女性!!

 

 

 

 

なんとレザーの切れ端をチョーカーにして、さらにその先端にフィッシュブローチをくっつけて登場。

初めてお会いした時から独特のファッションで、とにかくアクセサリー使いのセンスが上級者。

なかでもブローチ使いはピカイチ。

襟の開き具合に対してチョーカーの下り部分が生む新しいラインを服の一部のように見せていること。

レザーの幅感。長さ感。ブローチの角度。向き。位置。

服ではなく、アクセサリー自体に融合させて新しいアクセサリーにしてしまう、見立ての発想。

一見寂しくなりがちなモノトーンでまとめた装いの胸元に、独特の空気感を演出しています。

抜群の感性です。

会場に居合わせたお客様方からも感嘆の声と拍手が。

 

アクセサリーは自由なのです。

 

リングもどの指にするべきかなんて決まりはない。

女性も男性もない。

当然、年齢も関係ない。

 

好き!使ってみたい!

その気持ちを自由に遊ばせること。

それが装いを楽しむ極意。

 

大人のおしゃれは、変身への迷いなきチャレンジから始まるのだ。

 

そう確信した鹿児島個展でした!