NEW

AROUND NECK

2019.06.10 /

 

 

蒸し暑かったり涼しかったりの日々ですが、この季節ならではの紫陽花や芍薬、街のお花屋さんや飲食店で見かけることもしばしば、気温や湿度に翻弄されつつも目を愉しませてくれます。

 

 

 

 

この頃ではお正月の風物詩、凧もあまり見かけなくなりました。

 

モチーフは凧からヒント得ましたが、なんだかイカのようでもあったりして。。。

 

でも、悠々と風に身を任せつつも風という抵抗に負けじと意志を持って進む。

 

そんなイメージのマニッシュなペンダントです。

チェーンも珍しいスタイルのもので、どことなく編まれた糸のようでもあります。

 

本日は、これからの季節にふさわしい銀の面が特徴的なカイトペンダントのご紹介でした。

 

 

 

 

 

2019.05.16 /

 

 

本日は少し前にご紹介しました森の大木シリーズのペンダントのご紹介です。

 

背の高い大木と少し低めの大木の2種類。

絵本の中に出てくるような簡素化した森の木のシルエットモチーフ。

 

 

 

 

 

背の高い方は、ボリュームバランスをとってチェーンも2本取り。

どちらもセミロングなスタイルですので、年間通じて装いに合わせてお使いになれます。

 

大きなコインパールが印象的な大人ペンダント。

細めのロングペンダントと重ね使いも楽しめます。

 

ネックレスアクセサリーを合わせる最も重要なポイントは、長さです。

どんなにデザインや素材が高級であっても、長さバランスがマッチングしていなければ途端に印象がぼやけます。

購入の祭に、自分のこだわりは一旦忘れて、身につけてみて全身鏡でチェックしてみる。

 

違和感があれば長さを短く、長くと引っ張ったり下ろしたりしてもう一度印象をつかみ直す。

そのどちらにもぴんとくるものがなければ、トップのデザインとご自身との相性がしっくりきていないことも考えられます。

 

骨格であったり、持っているイメージであったり、ヘアースタイルであったり、いろんな要素が考えられます。

 

全くどれも似合わないということはあり得ないので、長さのベストバランスを一度つかむと、重ね使いテクは一気にアップすると思います。

 

アクセサリーは、ご本人が楽しんでこそのアイテム。

 

もし、お悩みの方はぜひご相談くださいませ!!

 

早速、鹿児島個展にこの森の大木シリーズ持って行きます!

限定ですので、ちょっと心にヒットした方はお早めにお越しくださいませ。

 

 

 

 

 

2019.05.06 /

 

 

皐月の心地よい気候が続いている。

 

今日は、ちょっと便利で楽しくなるちびちびハットピンをご紹介。

 

 

 

 

 

デザインをしたわけではないのだが、真珠の面白い形のものが手に入ったらいつもピンが長めのものをよく作るのだが、今回はすごーくピンを短くしてみました。

 

襟に特徴のあるお洋服や手持ちのカーディガンで、ここからボタンが始まればなあ、もっと空きが少なくなってスッキリしたシルエットのカーディガンになるのに。

と、そんな個人的な服のアレンジのために思いつきました。

 

服をすくうと真珠の部分とキャッチの部分が浮き立ち、お洋服の印象が随分と引き締まります。

 

ブローチの一種でもあるピンは、お洋服のシルエットをアレンジできるのでとても重宝します。

バロックやコインパールと、おもしろくてボリューミーな真珠で作りました。2本使いが楽しいです。

 

ワンピースや、羽織りもの、ジャケットのポケットチーフ代わりに、と自分流ちびちびハットピンエンジョイして下さい!!

 

 

 

 

2019.04.23 /

 

 

 

どんとダイナミックなネックレス。

 

 

 

リアルなコインサイズの真珠を抱えたようなシルエットのつや消しの銀にグレーのパールのネック部分。

麻素材のワンピースに、どんとコーディネートするだけで気分と共に装いの印象をアップすることでしょう。

 

個人的にこのモチーフ気に入りまして、ブローチも作っちゃいました。

 

大ぶりなアクセサリーは、やっぱり元気になれる気がします。

 

せっかくアクセサリーをつけるのならば、どんと楽しみましょう。

 

 

 

 

2019.04.06 /

 

 

 

水たまりシャドウ。

 

水たまりの影。

そんなものは、実在しないけれども水たまりの縁取り。とでもいおうか。

 

 

 

 

縁取りだけを形にして、ピアスにしてみた。

このピアスは結構大きいのです。

けれどもアクの強さは控えめ。

髪の影からちらリズムの銀の曲線が、なんだかちょっとハンサムウーマン風かも。

ピアスの全景を知りたくなるようなラインが楽しい。

 

正面から見ますと真珠の部分で耳たぶは消えるので、水たまりに映し出されるは、背景の景色であったり、髪の色だったり。

 

実は、私好み。

自分仕様を近いうちに作ろうと思っている。

春だし、首もともすっきりした装いになってきますので、やっぱり大ぶりなピアスがつけたくなるのである。