NEW

RING

2017.11.23 /

 

 

新作アップが遅れてしまっていた。

 

 

 

 

 

今月はほんとに慌ただしかった。

長かったような、短かったような。

 

ここのところ、我が家の近所はあちこちで道路の整備をやっている。

ひとつの工事が終わったかと思うと、また新しく工事が始まる。

ほぼ一年がかり。

来春まで続くようだ。

 

新しくなった道路は、確かに平らになって歩きやすくなった。

歴然とそのことを感じたのは、雨の日だった。

雨が降ると、決まっていびつな形の水たまりができていた箇所があちこちあり、水たまりを避けるには、道の中央線あたりまで迂回するか、そろそろと道の随分端っこを歩かなければならなかった。

道の端っこを歩くと民家の塀に傘がぶつかり、なんとも歩きにくかった。

すっかり平らになった新しい道は、どこにも水たまりがなくしっとりと濡れて若いアスファルトの匂いがした。

 

工事中には、夜中の工事音はうるさいななんて、自分勝手なことを思っていたが、完了後の雨の日に歩いて、ありがたい工事だったなとこれまた自分都合なことを思った。

 

幼い頃、大きな庭のあるとても古い家に住んでいることがあった。

その庭には、雨が降ると決まってできる水たまりのできる場所があり、雨上がりの翌日には、まずその水たまりに近づき、空や庭木を映し出しているのをそっと覗き、映っているものの実際の場所と方角を確かめる。

 

そのあと、自転車でその水たまりの周りをぐるぐると回りながら、時々自転車をこぐ自分が映るのをチラチラと覗く、そのうちバランスを崩して自転車ごと水たまりの鏡に突っ込んでしまう。

 

我ながら、なんてつまらないことで楽しめる子供だったんだろうと思う。

 

でも、そんなつまらないことが楽しめたことは、幸せだったのかもしれないとノスタルジックな気分になったりするのである。

 

水たまりに淡いピンクのいびつな真珠が映っているのはなく、鎮座してます。

 

本日は、水たまりリングのご紹介でした。

 

 

 

 

2017.10.10 /

 

 

departure

 

どこかに向けて出発する時、そこには希望が携えられている。

向かう先は、場所であったり、感情であったり、時間であったり。

 

 

 

 

 

ひとりでに動き出す思考を一旦止めて、ただ目前のこの大きな大きな船に乗ってみよう。

これまでと違う旅。

条件は、これまでの旅があったからこそ楽しめる旅。

 

ここのところ、少しずつ気持ちの中にこれまではあり得ないと思っていたことへの、違う角度からのアプローチがふっと見えるようになってきた。

 

年齢のせいかもしれないし、自分にとってのタイミングなのかもしれない。

こんな時が、誰しもやってくるのだろうと思う。

 

そんな心境がふわっと形になって現れた。

 

サイドから見ると大きな船の形。

上から見ると、一点を見つめる瞳のように見えるリングだ。

 

取り掛かってすぐに自分仕様の制作を決意。

 

私は、リングをどの指にはめるか定位置パターンをおおよそ決めているのだが、自分のストライクゾーンにズバッとはまったこのdeparture ringの定位置は、右手の薬指しかないと思った

 

新しい自分の旅が始まるような気持ちがする。

 

嵐に見舞われるかもしれない、それさえも楽しめる程に受け入れる覚悟をしなければ、今いる場所からは出発は永遠にできない。

船は出発の準備が整った頃にやってくるのだろう。

 

departure

 

 

鹿児島展、持って行きますよ!

かなりダイナミックです!!

どんな方が手に取られるかとっても楽しみです。

 

 

 

 

2017.09.26 /

 

 

 

 

5本の指の中で一番長い指、中指。

この指は、第2関節が発達している割りに指の根元は細い。

これは殆どの方がそうであろうと思う。

 

 

 

 

リングはどこにはめたらよいのですか?

という質問をしばしば受ける。

人の手が持つ表情は、千差万別、同じリングでも収まりのよい場所というものはそれぞれだ。

案外、人の隠れた内面が手には表れているような気がする。

そういったものをまとった手とはめた時の全体のバランスでアドバイスさせて頂いている。

私のリングをはめる定位置は、右手の人差し指と左手の小指か人差し指、ごくたまにくすり指。

 

個人的には、あまりつけることのない中指のためのリングというものを考えてみた。

 

 

 

邪魔じゃない?

 

これが隣の指となる人差し指とくすり指の上下の動きとのバランスで案外邪魔にならないと分かり、仕上げてみました。

 

紐タイプのペンダントトップでも楽しめる。

 

本日は、変わり種の新作リング、タイトルは結ぶ。のご紹介でした。

お目にかかれる機会ございましたら、ぜひご試着して遊んでくださいませ!

 

 

 

 

2017.07.17 /

 

 

 

初めて訪れたその街の交差点。

シグナルが青になるまで立ち止まると、深呼吸をし、大げさなほど視線を上げてみた。

 

 

 

 

 

 

頭上には摩天楼に絡まる5月の真っ青な空。

現代アートの幾何学模様さながら。

 

この街に初めて立つ人は、きっと感じるだろう。

踏みしめる足の根元から湧き上がってくる何かが、背骨をすっと通り天へと抜ける。

 

今、マンハッタンに立っている。

ただそのことだけでも、自分の可能性に強く訴えてくるような街。

 

 

学生の頃、寮生活で親しくしていた友人の部屋に、いつ訪れても貼ってある決してはがされることのない大きなポスターがあった。

飾り気のない部屋にひときわ目立っていたそのポスターは、ブルックリンから撮影したマンハッタンの煌めく夜景だった。

 

深夜まで話し込んだある時、彼女がポスターを眺めながら私にポツリと言った。

 

私は、あの夜景のひとつになりたいんだ。

 

彼女の強く秘めた思いを聞いた私は、彼女の口からはおそらく2度聞くことがない言葉のような気がして、ポスターへ向けた視線を彼女に移し、ただうなずいただけだった。

 

初めて私がマンハッタンの交差点に立った時は、あのポスターを2人で眺めた時から15年が過ぎた時だった。

 

 

 

 

そして、今、更に15年が過ぎた。

 

今でもマンハッタンに立つと、足元から背骨を通り天へと通り抜ける何かを感じることが出来るのだろうか。

 

なんとなくそのことを知るのが怖い気がする。

人は、時間とともに見える景色が変化してゆく。

それに伴い、感じる心も変化してゆく。

 

若いうちに1度はニューヨークを訪れろと先輩が言ってくれた言葉。当時より深く理解できる。

 

 

15年目のリメイク。

マンハッタンリング。

 

 

 

 

 

 

2017.05.16 /

 

 

 

気分。

 

 

 

今日は、こんな気分。

ちょっとそこまでだけど、これをつけて行こう。

うちの中のやるべきことを全て済ませて、一息ブレイクのお茶。

出かけてまでするお茶はちょっとな、お天気も良いしお家のベランダに椅子を出して青空を仰ぎながらうちカフェ。

そうだ、これつけてベランダカフェ。

 

そんな風に使うアクセサリーがあっても良いと思う。

 

 

 

まさしく、気分をシフトするアイテム。

アクセサリーの中では、自分も見て楽しめるリングがベスト。

リングをはめた手を眺めながら、少しマニキュアを塗ってみようかな。

そんなこと思ったり。

香りのいいハンドクリームを塗ったり。

 

女性は、そんなちょっとした行為と隙間な時間で、気分を楽しめる生き物。

 

あまり作らない極細ラインのピンキー。

思わず自分仕様も作っちゃいました。

 

そう。

今日は、こんな気分だったのよね。

 

 

It is today’s feeling!

feeling!

feeRing    !!