NEW

RING

2019.02.19 /

 

 

 

アップが遅くなっておりました。

ごめんなさい。

 

風邪をひくこともなく日々元気に過ごしています。

 

木目リングの真珠の色違いをリクエスト頂いた方がいらっしゃいました。

 

 

 

 

本来は、白。

少し前に淡いピンクのレアな色でしばらくぶりに作ってアップしたのをご覧になられたお客様からのリクエストでした。

 

随分とイメージが変わるものだと改めて感じ入っておりました。

 

気に入ったものを色違いで購入される方がいらっしゃいますが、私も定番にしたいものは、色違いで求めたくなるタイプである。

 

自分の中に定番を持つことは、心がどっしりと安定した気持ちになる。

迷いが減ることは、何においても人を輝かせる一歩のような気がする。

 

 

 

 

2019.01.24 /

 

 

 

おっと、気がつけば新作アップが遅くなっておりまして、びっくり。

大変失礼致しました。

 

 

 

 

 

 

 

決してさぼっているわけではないのだが、ここのところ個人のお客様のオーダーを制作しておりましたら、新作の撮影自体が遅くなってしまっていた次第です。

 

以前から気になっていたちょっと私好みな形のトルコ石を幾つか仕入れた。

石は鉱物の息吹を残したものが好みなのです。

 

ごつごつといびつな形と色が気に入りました。

ひとつめは真珠とのコンビネーションで、どんな方にもお似合いになるだろうスタイルでリングに仕立ててみました。

シンデレラリングです。

このリングのサイズがピッタリ合う方は、どこのどなたなのだろうかとイメージするだけで、わくわくしております。

 

ちょっと写真がうまく撮れていなくて申し訳ないですが、実物は指にはめると程よい大きさです。真珠が10ミリ強ですのでトルコ石の大きさなんとなくつかんでもらえるかな。

 

週末は一気に寒くなる模様、制作にこもるにはちょうど良いかも。

インフルエンザが猛威をふるってます、皆様寒中お見舞い申し上げます。

 

 

 

 

 

2019.01.08 /

 

 

 

2019年の1作目のご紹介は、リングからスタートです。

 

 

 

 

 

 

 

木目をイメージした彫りと大きな真珠が特徴のリングです。

真珠を隣の指に予め倒して木目イメージの彫りの感じを楽しむリングです。

リング幅もあり、真珠も大きいのでペンダントトップやお手持ちのチョーカートップとしても楽しむことが可能です。

 

昨年秋から始めたトレッキング。その最中に山で見かける木肌やうねりの美しい形、立ち止まって眺め入ることもしばしば。

 

高山植物を楽しむにはまだ早いこともあってか、今の所惹かれるのは専ら木の姿や岩に広がる苔の生えた姿や木漏れ日。

近く形にしたいと思っているイメージが強烈に頭の中に残っている。

もちろん、リングだ。

 

20日位、時間が経過しただろうか。

手が動き出すのを待っている次第だ。

月内にアップできるかな。

 

 

本年もどうぞよろしくおつきあいくださいませ。

 

 

 

 

 

2018.12.15 /

 

 

 

 

先日ご紹介いたしました、おむすびみたいなトライアングルパールネックレスのセットアップイメージのリングです。

 

 

桜色したなんとも淡い優しさ、ふっくらとした柔らかさ、女性らしさが詰まった上品なバロックパール。

 

 

 

 

 

素材に注目して欲しい時には、デザインは極々シンプルになるよう心がけています。

明日まで会期の大阪個展に出展致しておりましたが、初日にお見えになられたお客様がセットアップで即決されました。

お召しになられていた白いシルクモヘアのセーターに、なんとも素敵でした。

 

!!と、気になれた方。

大丈夫、まだお作りできますので、来年どこかの個展でお目にかかれましたら、ぜひお試しくださいませ。

 

これまで私の個展での装いは黒一点張りでしたが、今年からどこかに赤を取り入れ始めました。

大阪個展でも、お客様から、あら!赤、珍しいわね、しかもスカート?初めて見ました!とお声掛け頂きました。

他人が自分に持つ型から外れ、少しずつ変化を加えながら新しい自分を楽しむのもなかなかいいものですね。

 

ちょっと大ぶりなアクセサリーをチャレンジされたい方、ぜひ来年はチャレンジして下さいませ。

きっと心が軽く浮き立つような気持ちになると思います。

グレイヘアーに桜色のバロックパール。

ピンクという色が浮ついて見えない。

憧れます。

 

因みにこちらが先にご紹介しましたセットアップのペンダント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.10.25 /

 

 

 

マンハッタンリング続編。

 

 

 

 

 

 

少し前にもご紹介しましたマンハッタンリングのシリーズものです。

 

マンハッタンのビル群イメージ。

ビル形状が異なり幅感も異なります。

パンチの効いたアクセに抵抗のない方のために、実はふたつの重ね使いが可能なコンビネーションになっております。

 

スクエアなリングはペンダントトップに使ってもサマになるので、ひとつは指に、ひとつは胸元に。

そんなコーディネートも楽しいと思います!

 

初めてマンハッタンを訪れた時にとてもよく似た今日の青空。

夜には、まんまるの月が今夜もさぞ美しいことでしょう。