NEW

RING

2018.08.12 /

 

 

 

ここのところ、リング作りがヒートアップしている。

アトリエに訪ねてこられる方々のオーダーも、リングが圧倒的に多い。

オーダーをひとつひとつと地道にこなしていたら、あっという間に1週間、1週間と過ぎ去ってゆき、早、8月も2週目。

昨日から近辺、街が静かだ。

きのう、今日と新作リング作りに静かに没頭しております。

 

 

 

 

まだ、仕上がらないので、そちらのアップは次回するとしまして、本日はヴィンテージスパンコールを石に見立てて作った色を愉しむリングです。

 

服飾の世界では、ビーズやスパンコールをドレスに縫い付けて色のグラデーションを楽しんだ時代がありました。

縫い付けると重さがずっしりとかかるので、当時はいろんな工夫がされていたのを、服飾博物館で拝見したことがあった。

 

現代のスパンコールにはない趣のあるものが多いので、なんとか使えないものかと生まれたのがこのリングです。

ヨーロッパのアンティークのものなどを買い集めているバイヤーさんから仕入れたスパンコール。

 

現代では作られていない色。

翡翠のような色が魅力的なマットなグリーン。

少しオーロラが入った元気の出るオレンジ。

 

銀との相性もなかなか良くて、手元が明るくなります。

 

時を経たものはやはり魅力的です。

 

 

 

 

 

 

2018.08.04 /

 

 

 

弓張月。

 

ベランダに出て、夜空を見上げるのも憚れるほどの熱帯夜が続いている。

 

 

 

 

 

どのくらい前から夏の平均気温が30度を越すようになったのだろう。

外出先でも、お店によってかなり温度差がある。

お店を何軒かはしごしていると、めまいがしそうになる。

体が持ち合わせているはずの体温調整は、かなり狂い気味。

 

あと20年もしたら、生まれてる子供たちの体温調整は我々の標準機能を優越したものになっているのかもしれない。

 

夜空に月がふたつ。

夜空が赤い。

月と太陽が同時に空にある。

 

そんな未来があるかもしれない。

 

明日の夜あたり、まさしく弓張月が見れるかも。

 

本日は久しぶりに作った、月の横顔、弓張月のリングのご紹介でした。

 

 

 

 

2018.07.09 /

 

 

 

逆説代名詞として使われるコペルニクス的転回。

 

このリングは駆け出しの頃に作ったものだが、恐れ多くもコペルニクスというタイトルである。

 

 

 

 

 

 

しばらくぶりに作ってみた。

 

この垂れ下がったバーは、邪魔にならないのか。

個展の折にはよく尋ねられたものだ。

上下には180度動くが、左右には控えめな振り子程度の動きなので思う程邪魔ではないと説明しご試着を勧める。

試着された方は、決まって手を上に上げたり下げたり左右に振ったり、ちょっと歩き回ったりして、にわかに笑顔になりながら、バーの先端の地球(のつもり)の玉が動くのを面白そうに眺めて遊ぶ。

 

どんなものでもそうだが、試す事で意外な気付きがある。

それは、良いことばかりではない。

良かれと思って心を配ったつもりが、返って仇になったり、予測していなかった所が、気になったり。

リングに関しての試着はしつこい程に行っている。

手は身体の中でもとても役割が多いからであり、何よりも人の手がとても好きだから。

 

無意識でこんこんと走るようにして一気に作り上げたものは、不思議なものでうまくまとまっている。

2度目に作る時に、理屈が分かることがある。

自分自身が過去にやったことだというのに、ああ、そうか。

そう思うことがある。

 

何かを形にするには、一万回やればどんな人でもどんなものでも形になるという。

 

右も左もわからない駆け出しの頃、様々な個性と志を持った作家さんたちや作品たちと出会うたびに迷っていた。

自分らしさを一体どう反映させていけば良いのだろうか。

出会えば出会うほどに揺れていた。

 

突如、自分に課した。

迷っていてもしょうがない。

とりあえず千個のアクセサリーを作った頃には、きっと何かが見えてくるだろう。

そして、 文字どうり百戦錬磨、百回の作品展をめざそう。

 

 

カウントこそはしなかったが、そう決めてからはとにかく作った。

朝から明け方まで。

作った翌日には気に入らなかったり、不具合に気付いたりして、壊してまた別なものを作ることもよくやった。

 

ある時、雑誌の取材でライターさんに尋ねられた。

今まで幾つくらい作られましたか。

 

ああ、そうだ。

私は、千個のアクセサリーを目標にしたのだった。

 

 

千個は超えていた。

百回の作品展も超えていた。

 

いろんな道の経営者達は必ず語る。

余計なことを頭で考えずに、とにかく続けることだ。

それ以外に道はない。

 

身につけることで心躍るようなアクセサリーを、素敵な女性たちにもっと出会うために。

駆け出しの頃に作ったものに再び向き合うことで、初心の思いをアップグレードの時間として充てることができた。

 

もっと素敵になってもよい女性たちといろんな時間が共有できますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.05.29 /

 

 

湖面に拡がる何かの波紋。

 

 

 

 

静かに拡がる波紋。

 

このリングは、見る角度によって全く違う表情を見せます。

春、桜の終わった頃に早朝の神社にて撮影をしたのだが、カメラマンもここからだと先ほどのアングルからとではまるで違うリングだ。とうなっていた。

 

リングは小さな立体彫刻だ。

ペンダントは、どちらかというとレリーフに近い。

一見、ブレスレットもリングを大きくした立体彫刻だと捉えられそうだが、その感覚で作ってしまい身につけるとなると、何かと障害が出てくる。

 

ピアスも、仕様によっては立体彫刻となる。

 

そんな意味でも、撮影はなかなか難しいようだ。

我輩の作ったものは、何しろ面が多すぎて、周囲のあらゆるものが写り込むのも難。

しかし、この頃ではその写り込みもナチュラルでよいのではないかと思うようになった。

 

理由のひとつとしては、デジタル化により撮影の時間は短く、デジタル処理の時間を長くすることで、理想の映像にいくらでも近づけられるようになったからかも知れない。

修正をかければかけるだけ、出来上がったものは、撮影者がいて被写体がある、そこに流れ合う人肌のような温度がどことなく薄れてゆくように感じる。

 

どんなものでもそうだ。

過ぎると、「作り物」ではないかという疑念がよぎる。

つまり「偽物」というニュアンスを含んだ言葉が心に浮かぶのは、人が感じる素直な感想だ。

撮影時に偶然が生み出すショットというものが、カメラの醍醐味であるように思う。

 

とはいえ、多少の修正が可能なことが都合のよいことも事実であったりするから、そのさじ加減を含めたものが、現代に求められる感性とテクニックなのかも知れない。

 

時代と共に、感性の示す言葉の領域も広がってきているのを感じる。

曖昧な領域。

 

そんなファジー感の拡がり、波紋の果ての辺りで生きている私である。

 

 

湖面リング。

 

 

 

 

 

2018.05.21 /

 

 

 

溶けかけた氷の塊。

 

 

 

 

 

少し前にご紹介しましたクラウンブレスとの相性を意識したリングです。

 

 

 

他人から見た自分らしい作風はどう捉えられているのだろうか、それを伺い知る機会は実際にはあまりない。

最も自分だと思える作風は、銀だけの地金のものであり、真珠のつかないスタイル。

アイテムは圧倒的にリングだ。

 

と、思っている。

 

この仕事を始めて25年近く経つが、これまでいくつ作ったかカウントこそはしていないが、自分に似合わないものも沢山ある。

否、寧ろ、大半がそうかもしれない。

自分以上に似合う方々の元へと巣立つ瞬間を目の当たりする時は、素直に嬉しいものだ。

出来上がったものたちは全て自分の一部であり、居場所を見つけたものたちは、所有する誰かの一部へと進化してゆく。

 

その一部の中に私が少しだけ生きている。

それを作る過程で向き合った時間と心を閉じ込めて、控えめに生き続ける。

 

自分の一部から生まれたものたちは、誰かの一部と混ざり、やがて誰かの一部と切り替わる、それでも尚、静かに生き続け消えないように。

これを閉じ込める。

も少し分かりやすく説明するならば、

溶けない氷の塊を含ませるように完成させること。

 

そんな風に向き合いながら、作っている。

その時、全体の中に在る自分を感じている、いわば無の刻、時空を旅している。

 

 

 

溶けかけた氷の塊に、溶けない氷の塊を閉じ込めて。

 

アイスロックリング。

 

 

 

 

 

1 / 712345...最後 »