NEW

RING

2021.09.28 /

 

 

 

 

 

現在行われている山口県での個展に出展しました氷山リング。

 

 

 

ボリューミーで表情のある真珠を生かしたデザインのリング。

青みの効いた色の白さもまさに氷のようでした。

 

 

山口での個展の初日にお見えのお客様がインスタでもご覧頂いていたようで即決めのシンデレラでした。

シンデレラリングは、不思議と嫁いでいくのです。

サイズも微妙に変えて作っているのですが、まるで人とモノが引き合っているのかもしれないですね。

 

当然ですが、私自身がシンデレラリングを持つことはなかなか叶わないわけでして。

それは、それで本当は幸せなことなのですよね。

 

表面に出ている部分だけが全てではない。

深層部分を意識できるような人間でありたいものです。

 

本日は、さよならシンデレラリング。

氷山リングのご紹介のみ。ということになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.07.03 / / /

おしゃれ大賞!!鹿児島版!

 

 

 

 

 

先週火曜日で終了しました鹿児島個展でのおしゃれ大賞のご紹介です!

 

 

今回とーっても嬉しかったのは、男性のお客様が何組かいらっしゃったことです。

パートナーのお買い物に付き添いではなく、自分のためのものを見にこられた方々がいらっしゃいました。

 

 

 

 

おしゃれ大賞男性!!

ヨウジヤマモトをよくおめしになられるという大人の男性。

選ばれたのは、弓張月のリングをピンキーとして。

とってもお似合いで、しかも奥様からのバースデイプレゼントという。

お二人で選ばれる姿を見ていると、本当に幸せな気持ちになりました。

こんなシーンに出会うから会場に立つのがワクワクするのです。

作り手冥利に尽きます。

 

とても感じのよいご夫婦で、お話しできた時間も心地よく翌日にもじんわりと余韻が残りました。

 

 

 

そして

こちらがおしゃれ大賞女性!!

 

 

 

 

なんとレザーの切れ端をチョーカーにして、さらにその先端にフィッシュブローチをくっつけて登場。

初めてお会いした時から独特のファッションで、とにかくアクセサリー使いのセンスが上級者。

なかでもブローチ使いはピカイチ。

襟の開き具合に対してチョーカーの下り部分が生む新しいラインを服の一部のように見せていること。

レザーの幅感。長さ感。ブローチの角度。向き。位置。

服ではなく、アクセサリー自体に融合させて新しいアクセサリーにしてしまう、見立ての発想。

一見寂しくなりがちなモノトーンでまとめた装いの胸元に、独特の空気感を演出しています。

抜群の感性です。

会場に居合わせたお客様方からも感嘆の声と拍手が。

 

アクセサリーは自由なのです。

 

リングもどの指にするべきかなんて決まりはない。

女性も男性もない。

当然、年齢も関係ない。

 

好き!使ってみたい!

その気持ちを自由に遊ばせること。

それが装いを楽しむ極意。

 

大人のおしゃれは、変身への迷いなきチャレンジから始まるのだ。

 

そう確信した鹿児島個展でした!

 

 

 

 

 

 

2021.06.21 /

鹿児島個展のご案内はinformationにて!

 

 

 

 

 

石シリーズの第2弾。

 

少し前にご紹介致しました石のリングは、オーナーシンデレラの元へと旅立ってゆきました。

お問い合わせも頂いておりましたので、手持ちの石たちで別な作品を作るつもりでストックしておりましたが第2弾石シリーズリングを作りました。

石は全て形や色が違うため、今回でしばらくお休みとなります。

 

 

 

 

 

今回は、サンドベージュの石とクリーム色の真珠の縦付きコンビネーション。

と、オニキスの組み合わせで少し細めのブラウン系の石で横使いのリングを作ってみました。

 

定番シリーズのトイパールの大玉リングと重ね使いするのも、華やかになり楽しめるかと思います。

 

週末より鹿児島個展が始まります。

やっと緊急事態宣言もあけました。

この石シリーズのリングたち、連れてゆきます。

 

しばらくぶりに皆様にお会いできるのを今からとても楽しみにしております。

ぜひ、お運びいただけましたら幸いです。

 

詳細は、informationブログのひとつ戻ってくださいね!

 

 

 

 

2021.05.09 /

 

 

 

 

 

石ころリング。

 

 

 

 

 

 

しばらくぶりの石ころリング。

天然のものなので、毎回、色と形も様々。

今回は、真っ黒とピンクベージュの2色。

再びではありますが、こちらもシンデレラリングとなります。

 

私もいつかいつか。

と思いながらこれまでずっとお嫁に行ってしまっていて、未だ自分仕様を持っていない。

 

インスタグラムの方では少し早めにアップしましたが、色石を使うことがないせいか、興味を示してくださりコメントくださった方々ありがとうございます。

 

今回は、どんな方々の元へ嫁ぐのか。

できれば直接お会いしてさよならが言えたらよいな、

そんなことを思いながら仕上げた次第です。

 

 

2021.01.30 /

 

 

 

パフュームリングシリーズ3です。

香水のボトルをイメージしたリングで、しばらくぶりのニューヴァージョンです。

 

 

 

ボトルキャップは、ちょっと変わった三角形のパール。

全体的シルエットは、包むようなデザインでキャップを開けるとふわっと春の陽射しに包まれるような優しい香りであって欲しい。

そんなイメージに近い形にしました。

 

紐づかいのペンダントとして使ってもシルエットがサマになります。

 

自分の香りというものを持っていると、気持ちが安定する。

今は出掛ける機会が少なめですが、なんとなく元気が出ない時には、自宅でもピアスをつけて少しだけ自分の香りをまとう。

そして、誰かをもてなすようにして自分のためだけにお茶を準備する。

 

そうやって天気の良い日には、ベランダで飲んだり、窓際に椅子とカフェテーブルを寄せて外を眺めながら飲むのもよい。

 

香りには、いろんな力がある。

そんなメッセージも含めて作り続けているパフュームリングも今回で3作目となりました!