NEW

BANGLE & BRACELET

2020.10.06 /

 

 

すっかり定番ブレスになりましたワープブレスに下がりチャームの施しをして、ちょっとロマンティックなイメージに変身です。

 

 

 

ブレスレットが回転する度に、真珠が前に来たときは指と指の根元あたりにそして、裏側に回った時は袖口から少し垂れ落ちる。

 

そんな表情がちょっぴりロマンティックな気分になるのでは。

 

 

 

 

 

星空バングルを既にお持ちの方は、合わせてコーディネートすることで垂れ下がっている真珠が流れ星のようで、身につけていてこっそりストーリーを感じるのも楽しいかも。

 

今年は正しく秋から冬へと向かいそうで、装いも十分に楽しめそう。

コートを脱いだ袖口からポロリと溢れる真珠。

身に付けるご自身が楽しくなり気分が上がること。

これは、ファッションの極意ですよね。

 

 

秋の装い十分に楽しみましょう!

 

いよいよ週末からは山口個展。

こちらも出展してますのでぜひ、お運びくださいませ。

 

 

 

 

 

2020.01.20 /

 

 

 

 

 

 

昨年ご紹介しましたバタフライリングのブレスレット版です。

こちらは、過去にあれこれ作ったブレスレットやバングルたちと相性の良い重ね使いにも万能なブレスレットです。

 

 

 

 

 

 

蝶、といってもかなり抽象化された蝶ではありますが、蝶が羽を休めて閉じているその角度にちょっとこだわりました。

角度にこだわるならば形状もそれぞれに変えてみようということで、作ってみましたところ後に判明したのですが、実際に手首に付けたときの馴染み感とデザインが連動していたので、用と意匠、どちらが優ってもいけない、どちらが劣ってもいけない。

 

そんなことを改めて思った。

新しいものを作るとき、頭の中にあるものが形になると頭の中で作った時よりもさほどよろしくない時がある。

そんな時の作品が落ち着く時というのは、おおよそにおいて時間がかかる。

それはきっと頭の中で作ったものと、現実の生活の中で心地よく身につけるものとしての盲点がクリアできず頭の中のものに縛られた状態の時だ。

盲点に気づかずに形だけにこだわろうとすると、いつまでたっても落ち着きどころを見いだせない。

 

早い段階で盲点が見つけられた場合は、一度頭の中で作った作品は壊す。

そして、見つけた盲点、弱点を意匠に置き換えられないかという逆転発想と、全く新しい方向の意匠と同時にふたつ考えながら手を動かす。

そうやって、後にアイドルなっちゃう作品もあったりするからなかなかに興味深く取り組み続けられるのである。

 

まあ、言葉にすれば大袈裟な感じではあるが、クリエイティブな作業をされている方は、ジャンルに関係なくみなさん日々経験されていると思います。

でも、仕事に限らずとも家事における料理なども同じだと思うのですよね。

 

本日は、バタフライブレスレットのご紹介でした。

 

 

 

 

 

 

 

2019.09.09 /

 

 

 

本日はロングネックレスだが、ブレスレットにも使える2ウェイスタイルのアクセサリーをご紹介です。

 

 

 

 

 

 

金具部分が垂れ下がるとアクセントになるようにシンプルに仕上げました。

チェーンも2種類長さバランスを身につけた時のことを考慮して組み合わせております。

 

 

 

 

 

 

ブレスレットのつけ方も皆さんお好みがあると思います。

個人的にはリストバンド風にピッタピタにつけるのが好み。

お好きな場所に引っ掛けられるようになっておりますので、長さを少し緩めで女性らしく、タイトにアクティブにとアレンジ可能。

 

装いに合わせてお手持ちのバングルなどと合わせるのもおすすめです。

 

 

で、ネックレス使いだとどうなるのか。

 

ロングネックレスですが、チェーンに表情とボリューム感があり、金具部分が表部分に来てもよいし、長さも好きな部分で調節も可能。

 

そして、金具を使わずにかぶることもできるので楽ちん着脱長さです。

 

 

 

シードパールやチョーカータイプのネックレスと重ね使いもきっと楽しめて、重宝するアイテムになると思います。

 

本日はブレスネックレスのご紹介でした!

ただいま、新作がんがん作っております。

どんどんアップしますよ。

うふふ。

 

 

 

 

 

 

2019.05.25 /

 

 

鹿児島展の準備もやっと整い、明日の発送までこぎつけました。

出発までの2・3日は、湿度の少ないこの季節を、ひと息ついて満喫しようと思っております。

 

本日は、今回のDMにも起用しましたシャボン玉ブレスレットのご紹介です。

 

 

 

泡が重なり合うデザインで手元にしゃらしゃらと音を奏でます。

立体的ではありますが、輪っかの絡まりが基本デザインですので重みのあるイメージはなく、まさにストローの先から勢いよく吹き出るシャボン玉さながらです。

 

面のあるブレスレットなどに合わせると、インパクトドレスアップに変身です。

過去にご紹介しましたクラウンブレスレットなどとの相性もよいです。

 

装いが軽くなってきたので、手元にポイントを持ってくるとどんなにカジュアルなファッションであっても、ずいぶんとモダンでこなれた感じに見えるものです。

 

シャボン玉ブレスレット。

ぜひ鹿児島展の会場でお試しあれ。

 

昼間のベランダが心地よく毎日のようにベランダカフェで、青空を眺めたりしている。

皐月の空を背景に、虹色のシャボン玉を吹いてみたくなる日和です。

 

 

 

 

2019.04.13 /

 

 

 

変形輪っかがふたつ連なったブレスレット。

 

 

 

 

ワープというブレスレットの定番があるのだが、本来はその定番人気のブレスレットを作る予定だったが、それをふたつつなげると?

 

と、頭の中で自問。

そして、手を動かし、答えを作る。

うむ。

悪くないな。

 

新作ノミネート。

春になるとやっぱりブレスでしょ。

 

と、私は1年中使ってます。

手のアクセサリーが大好きなので。