NEW

2017.04.10 /

 

 

目覚めると夢見が悪かったのか、どうにも気分が上がらない日がある。

思いつく理由は特にない。

 

窓を開け放つ。

 

 

 

人の心はくるくると変化してゆく。

今、開けた窓の向こうにもしも青空が広がっていたなら、私の気分は瞬時にして上がったことだろう。

 

九州以外に住んだことのない私は、どうにもお天気の影響が大きく気分を左右する。

あまり褒められたものではない。

こんな日には、いろんなものの力を借りて気分を上げる。

 

とっておきのカップや器で朝食。

特別な日や来客時に使う食器総動員!

 

元気の出る選曲。

カラヤン指揮、エグモント序曲大音量!

 

プライベートな時間にやることをちらりとイメージする。

わ!楽しみ。今日中にそれやりたい!

 

敢えてキビキビ動いてみる。

午後便で、パリへ発つ!つもりになる。

 

掛け声。

リメンバー高校時代の部活!

 

そうやって心の中に青空を広げる。

そこを自由に翔ぶ気分へと錯覚させる。

 

それでも翔べない日は、潔くお休みにするのです。

 

飛翔がテーマのペンダント。

female   and   maleシリーズ。

 

 

男性は、どんな風に気分をあげてるんでしょうねえ。

そもそもお天気で気分が左右される人自体がそう多くはない。か。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る