NEW

2017.01.15 /

 

 

季節を越えて待たなければならない春。

その春には、今よりきっと何かが変化しているという希望が含まれている。

 

 

 

いざ訪れた春は瞬く間のもので、愛でた記憶もないままに、通り越した季節に再び春を思う。

 

春という季節は実感も薄く曖昧に存在している。

いつも鮮明にあるのは、心の中の空想の春だけ。

 

 

バタフライペンダント。

春を恋しく思うほど、寒い週末でした。

まだまだ、つづく。

のである。

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る