NEW

2016.08.22 /

大輪のブローチ

 

 

 

大輪の花。

 

 

P8150001

 

 

まるで銀色の紙で形取ったようなおおぶりな花のブローチ。

 

秋へと向かう装い、そしてその先にある冬の装いにサシ色となるようなブローチです。

ちょっと気の早いアクセサリーかも知れませんが、梅雨明けしてから殆ど雨の降らない福岡。さすがに夏の暑さにもちょっと飽きてきた心持ちがブローチの制作へと駆り立てたのかも。

 

先週の幻想的な赤い色した満月を見ながら、あと10日で9月へと突入するのだとはたと気がつくと同時に、夏の夜空を包む空気に深い呼吸がひとつゆっくりと溶けていった。

 

月日が経つのは、等しくとも人の心には常にせわしない。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る