NEW

2016.02.28 /

プリンス&プリンセス

 

 

今年から少しずつ、時間をかけた作品を紹介していこうと思っている。長いお付き合いのクライアントの方にも、いろんな意味でご協力を得ながらの長期的な取り組みをしてみたいと、勇気を出してお話してみた。

 

sqpearl

 

 

もう三年ほどくすぶっていた。

ご理解ある方々の応援のうえに了解いただいた。

信頼してくださったことへの感謝のひとことに尽きる。

気持ちが少し軽くなった。

と、同時に心地よい前向きな責任を感じた。

口に出すということは、最低でも実行しなければならない。今の自分から前に進むためには、まず今の自分を知ることが必須。

 

時代の変移というものをあらゆる分野で感じ取るような年齢になってきた。その変遷のなかで、自分自身が切り替えられる範疇のものは、受け入れ変化するよう努める。それでもどうしても苦手なことや受け入れられず、違和感を強烈に感じるものがある。その部分とどう向き合うか。

このことを何度も突き付けられてきた。

昨今の経済ニュースでも周知だが、同じやり方で半永久的に繁栄し続けることは、なかなかに難しいスピードの時代だ。なにしろ商品価値に加えて価値観そのものが大きくシフトしてきている時代の渦中にある。しかし、こんな時であるからこそ各々が変えてはならない自分なりの信念や精神美学のようなものを、強くもつべきではないかと思う。

自力で立つことができなくなっても、助けを得られる規模やステイタスのあるものは内情は別として形としては幸運だ。

では、自分のようなものが窮地に立たされたとき、果たしてどうなのか。

朽ちない精神美学を自分の中に持つとき、最も幸運を感じるのではないだろうか。

何かを得るために何かを捨てなければならないという考え方ではなく、何かを決意選択することで、バランスをかじ取りし、自分自身の中にスペースを得る。

 

そんな考え方が自分らしいように思えてきた。

働くことの目的意識。これは、時間の経過とともに案外ないがしろにされがちだ。

 

少し、立ち止まって自分の今を探ろうと思っているところだ。

 

sq pearl2

 

まずは、今の自分。ここからスタートだ。

という一作目となった、プリンセスチョーカー。

下がりパール取り外せますのよね。

 

なんだか個人的な固い話になってしまいました。

 

対の作品、プリンスチョーカーを次回ご紹介したいと思います!

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る