NEW

2021.08.01 /

 

 

 

 

 

蕾のチョーカー。

オレンジピンク色したバロックパールが覗く、ふっくらと膨らんだイメージのチョーカー。

チョーカー部分はゆったりめの楕円形状にしているので、本来のチョーカーとは随分と装いのバリエーションが広がります。

加えて、チョーカーでありつつ、ネックレスのような柔らかさを兼ね備えているので、シーンに添いやすいアイテムになるかと思います。

 

 

 

 

駆け出しの頃は背伸びをしたかったのだろうか、バッキバキのチョーカーを多く作っていました。

年齢を重ねてくると、力を抜いてでも気は抜いていない。

そんな見せ方に意識が向かうようになって参りました。

 

なのでこの頃のチョーカースタイルは楕円形状へと移行しております。

蕾を美しいと思うのは、日本人独特の美観だそうです。

禅の美。

 

そのように心で感じる時、ああ、日本人に生まれてよかった。

そう思うのです。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る