NEW

2016.01.14 / / /

幸福な朝

 

曇りの日々が続いている。

冬の空の白い雲から透ける太陽。

 

作業場で仕事を始めて1時間ほど、制作モードが加速してくる時間帯だ。

ビルとビルの間をゆっくりと進みながら、白く暖かい色した太陽の光がふんわりと作業場にいる私の全身を包んでくれる。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

冬のこの時間帯は、例えようのない幸福感を味わうことができる。

 

冬空になると決まって思いだす朝食がある。

 

ストックホルムで滞在したホテルでの朝食だ。

レストランは外と部屋の境界線が感じられないほどの大きなガラスがはめこんであった。外は白樺の木立で、風にこすれる葉っぱの音が聞こえ、鳥たちが朝食をついばんでいる様子もよく見えた。

 

レストランには大きな暖炉があり、その前にはふかふかの心地のよい一人掛けのソファや、テーブル席、カウンター席、一人席、滞在しているいろんな人々が好きな場所で、新聞を広げながら、家族と団らんしながら、朝食を楽しんでいた。

 

メニューはシンプルな朝食の定番メニューのビュッフェ。

とりわけ、気に入ったのが卵メニューだった。

ボイルドエッグに関して、ゆで加減が4分、6分、8分、10分、12分と小刻みに分けてあり、15分という固ゆでのものまでがそれぞれかわいらしいかごに盛ってあった。

 

ここまでの細かさで用意してくれているホテルに、今まで宿泊したことがなかったので、とても印象的だった。

そのほかの卵メニューが、

スクランブルエッグ。

オムレツ。

ポーチドエッグ。

サニーサイドアップ。

なんだか、とても幸せな気持ちになったことを思い出す。

白樺の木立に射す太陽。

朝の冷たい空気がじんわりと温まり、朝陽を含んだ白い空気が、ゆったりと木立の中を流れてゆく光景を、暖かい部屋で暖かい朝ごはんとともにテーブル越しに眺める。

 

そのとき感じた幸福感が、この時期の朝の太陽が私を包むように射す時間帯にいつもよみがえる。

 

みなさんもそれぞれに、幸福な朝の記憶をお持ちでしょう。

 

 

というわけで本日は、サニーサイドアップ。

目玉焼きなリングとペンダントのご紹介でした。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る