NEW

2021.01.18 /

 

 

 

 

寒かったり、小春日和のような気温になったり、雪が降り続けたり、突風が吹いたりの目まぐるしい天気の連続の九州です。

 

今年は2月27日より佐賀での個展が最初となります。

追ってすぐに京都、その後、北九州、鹿児島の予定が上半期の予定となっております。

ただ今、佐賀展と京都展を同時に制作準備中の日々であり、アップが遅れてしまっておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなピンク紫のバロックパールを使用し、希少なドイツチェーンを合わせてエレガントなイメージでまとめたペンダントが仕上がりました。

絡みつく銀色の葉は定番らしいモチーフですが、チェーン自体も個性的なインパクトがありますので少しほっとするようなイメージにまとめてみました。

 

若い頃には面白みがない、とか古臭いとかという短絡的な感想で避けていたものが少しずつ自分の範囲の中にすっと入り込むようになってくる。

新しいものをもう受け入れられなくなってきたのだろうか。

と思ったりして少しばかり寂しくも感じたりするのだが、

このことを鳥の目で捉えるようにして周囲を見渡すと、なんだかこれまで自分がとんがって生きていたような気さえもする。

加えて、ああ、自分はなんて物事を知らずに上部だけで知ったつもりになり生きてきたのだろうかと、気恥ずかしくなるのである。

 

 

この頃、この仕事を通してきて切に思うことがある。

 

最も普遍的なものは、最も愛され続けてきたものである証である。

 

と。

 

普遍的なデザインや素材。

 

その中に、自分らしさを盛り込めるようにできるようになること。

それが、粋な大人ではないだろうか。

 

人生で、これからが、時間を肥やしにできる時に突入してきた。

そんな気がしている。

 

本日は、

木の実のネックレスのご紹介でした。

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る