NEW

2020.07.25 /

 

 

 

 

前回アップの春風ネックレスのシリーズ版です。

 

春風の子供。

ブローチです。

 

 

 

 

下がりの白水晶は引っ張って長さを楽しめます。

服のセンターにもってくるとペンダントのようにして楽しめますし、帽子やベレエの際部分、耳寄りの方につけるとピアスが揺れているように見えると思います。

 

アクセサリーは、使い方次第でぐっと装いに差をつけられると思うのですが、そこは理解できていてもなかなかコツがつかめないという声を耳にします。

 

おおよそお話を伺っていますと、ご自身のワードローブの中をなんとなく把握できているかどうかがポイントのようです。

これは、当シーズンだけでなくひとつ先のシーズンのものもなんとなく把握できているか。

取り入れる要素はどんなものが多いのか。

色。素材。型。

襟開き形状はどんなものが多いのか。

尋ねてみると案外すぐに答えられずに、ご一緒に来られている方が

「あなたよくカーディガン着てるわよね、色も紺色が多くない?」

その言葉で、

「ああ、そうだわ。私、カーディガン好きなんです。」

そんなやりとりが繰り広げられます。

好きだけどなかなか手を通さない服。

とっておきの服なのだけど、結局出番がないままなんとなく好みが変わってしまった。

意外と冬眠中の服があるものです。

サイジングに問題なくて、着たいと思っている服があれば服をベッドや床に寝かせてその上にアクセサリーを置いてみる。

ネックレスか、ブローチか、重ねづかいか、パールか、

 

その服を着るために合わせる新しい服を新調するよりも、いち早く新しいイメージを得られます。

年齢的に敬遠していたパールのネックレスやブローチというアイテムは、ある時からとてもしっくりくるようになるのです。

そんな台詞はお客様方からたくさん実際にお聞きしました。

 

ある年齢になりますと、服は削ぎ落とされて自分が心地よくいられるラインや素材を見つけられて落ち着いてきます。

そして、アクセサリーアイテムで遊ぶことを覚えていくようです。

ポップな色の軽いバッグだったり、防寒や日焼けを兼ねたアクセントカラーのミニスカーフだったり、軽快に歩ける元気な靴でこなれたアンバランス感を演出したり、明るすぎる光を和らげる小粋な形のサングラスだったり。

それらのアイテムに加えて、パンチの効いたバングルや粒の大きめのパールのネックレスやボリューミーなリングや遊び心のあるブローチたちを加えてみましょう。

 

たちまち気分も盛り上がります。

 

移り変わる服のデザインとサイズ、カラー。

どうしても万人に似合うスタイルというものはなかなか難しいです。

 

ご自身のスタンダードというものが掴めたらぜひアクセサリーアイテムの取り入れをそれまでの思い込みを一度捨ててチャレンジして欲しいです!

 

個人的には、アクセサリーを作り始めた時からずっと軸にしていることがあります。ただ、若いうちにはなかなか口に出せなかったことです、

 

大人の女性の味方になれるアクセサリーを作り続ける!!

 

と。

 

ようやく実年齢が伴ってきたのではないかと思っている今日この頃です。

年齢を重ねることって、なかなか素敵なことなのよ。

 

そういう風に、ご自分より若い方々に素直にいえるような女性になりたいですよね。

 

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る