NEW

2020.06.15 /

 

 

日本一のカルスト大地。秋芳洞にて鍾乳洞を初めて見たときは、修学旅行だったと記憶している。

 

気の遠くなるほどの長い長い時間を経て出来上がった洞窟の中の神秘の世界に、時間感覚の甘い幼い頃であったが自分のちっぽけさに妙に口数が減ったのを覚えている。

 

 

 

 

 

 

 

後に成人してから友人達と訪れたが、やはり言葉少なくなったものだった。

 

力強く落ちるあの一滴の濃密な時間。

あの計り知れない時間に圧倒されたことは、大人になっても変わらなかった。

 

時間とは、とても不思議なものだと思う。

今でも捉え所がないように感じることがあるが、人が生きる時間は限られていて、悠久の自然の営みを目視し続けることは叶わない。

 

全てが一期一会なのだなと改めて思う。

今日の朝の空の光、夕刻の湿った風。

今日、創った作品の中に線を見つけられた瞬間。

 

今まさに落ちようとする滴をふたつイメージしたチョーカー。

 

ふと鍾乳洞を思い出したのであった。

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る