NEW

2018.09.01 /

 

 

 

黒い真珠に吸い付くようにして付着する銀の塊。

 

黒真珠は10ミリ強、全体的には少し大ぶりな感があるが、フォルムは平面的なゆるやかな立体となっているので威圧感はない。

 

 

 

 

 

チェーンも二本どりなので、秋の装い、太めのゲージのセーターにもバランスよく使えると思います。

 

少し胸元より下がる位置で落ち着く、大ぶりなペンダントをひとつ持っていると重宝します。

ジュエリーでは実現しにくい装いのイメージ変換には、やはり大ぶりなアクセサリーです。

 

力の抜けたこなれた大人の着崩し感。

力は抜いているが、気は抜いていない。

 

これが年を重ねた女性の装い鉄則だと思います。

 

少し大きいかな、と思うくらいのものにぜひチャレンジしてみてくださいませ。

夏が少しずつ退いてゆく、いよいよ楽しみな季節の到来です。

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る