NEW

2018.06.27 /

 

 

 

雨上がりの早朝。

 

バニラ色の空から地上に顔を出す寸前の朝陽が届く。

葉の裏にぽっつりとたまった朝露。

 

ゆらゆらと揺れる。

近くの景色を全て包み込んで、ゆらゆらと揺れる。

 

息をひそめてのぞき込む。

 

ひとつ。ふたつ。

今朝は、たくさんの朝露の実がなっていた。

 

やがて朝陽は昇り、ここにもそこにも街中全て、それらの裏側にまでも届いていた。

気がつくと、朝露の実は、消えてしまっていた。

 

幻のような実。

また、明日も見れるだろうか。

 

 

 

 

 

朝露チョーカー。

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る