NEW

2018.04.29 /

 

 

 

サラリーマンOLとは、今はもう死語だろう。

その死語をまっしぐらに生きた時代があった輩なのだが、当時はオフィスの中を走り回るような忙しさだった。

 

 

 

 

装いは、タイトスカートにジャケットもしくはピンストライプシャツにスカーフを合わせてパンツスーツ。

足元はパンプス。

自分に気合の入る仕事着定番スタイルだった。

残業でくたくたになって家路につくとき、夜道に響く自分のパンプスの音のリズムを聞きながら、頭の中が真空な状態になって、オンからオフにだんだんと切り替わっていくものだった。

その短い時間が、妙に心地よかった。

 

しんどい事もたくさんあったが、働くという新しい世界が自分にとっては、毎日、とても新鮮で力が駆け巡るような思いだった。

こんなに楽しい世界があったのか!

それが、私にとっての社会デビューの感想だった。

 

振り返れば、あの頃が紛れもなく青春だった。

本来、青春とは学生時代を指す言葉なのかもしれないが、私にはどうにもあの20代半ば位までの働き始めた頃が、青春と呼べる時間だった。

 

年齢的な若さと青くさい真面目さのようなもの、己の経験の少ないことすら理解していない大胆さ。

ひたむきさ。

 

今の自分にもその名残のようなものはあるが、時間を積み重ねた分、質とベクトルが少し違う。

自分の能力の丈で、精一杯頑張ってたね。

過去の自分にそんな労いの言葉をかけてあげられるのもあの頃だ。

そして、必ずパンプスがセットとなったビジュアル回想が廻る。

 

パンプスはずいぶん長い間、履いていない。

正確には、もう一足も持っていない。

 

青春をともに過ごした何足かの歴代パンプスたち。

今でも、ふっと思い出すことがある。

懐かしのパンプスたち。

 

そんなパンプスがマチエールとなったピアス。

まさしく、OLさんが職場でつけていてもOKなシンプルさを意識してみた。

 

 

タイトスカートにジャケット、足元はパンプス。

今の私が着るとどうなのだろう。

 

過去の私がやって来てきっと言うのだろう。

 

はっきり言って、似合わないし!

 

そして、今の私がにやりとして言い返すのだ。

 

そうね。

でもこんな銀のアクセサリーたち、あなたにも似合わないし!

 

 

 

 

 

INFORMATIN一覧に戻る