INFORMATION

2020.05.31

佐賀個展の様子!!

 

 

 

 

一昨日をもちまして、佐賀個展が無事に終了致しました!

経験のない今回のような状況下で個展を予定通り開催してくださったオーナーさんの決断は、私個人にとっても大きな支えになりました。

 

 

 

 

 

 

初日の午前中、お客様がお見えになられたときはどんなに嬉しくてありがたかった事か。

期間中お越しいただいた皆様に心より感謝申し上げます。

 

そして、マスク越しの元気な笑顔の皆様にお会いできたこともとてもとても嬉しかったです。

 

得体の知れないものへの恐怖や不安というものは、いくらでも恐ろしくなり際限なく不安をかきたてる。

でも、5月の新緑に香る風が吹くこの季節はやはりそんなものを押しやるほど心地よく、改めて個展の機会が得られたことが素直に嬉しかったです。

 

まだ、何も解決はしていないですが、人々が日々の生活の中で向き合いかたを身につけた自粛期間であったのかも知れません。

 

少しずつ、街が笑顔が取り戻されることを願ってやみません。

 

 

 

 

個展初日は、佐賀城跡の散策を早朝より楽しみました。

城下町の名残が美しい穏やかなよい街だと改めて感じ入りました。

 

今回で5回目。10年のおつきあいになりましたギャラリー遊さんでの個展。

後にも先にも記憶に残る個展となりました。

 

多謝。

 

 

 

 

 

2020.05.26

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.10

 

 

 

 

本日は、これから少しずつ露出してくる手元周りのアクセサリーのコーディネートについて。

 

 

 

 

 

 

装いが軽くなり、服の素材も軽くなる、重ね着も減ってくる。

そうなると、ノーアクセサリーだとどこか部屋着の延長的な雰囲気になりがちですが、手元にアクセサリーのボリューム感を持たせるとバランスがとれてきます。

 

年齢を重ねてくると、細めのチェーンのブレスレットはどこか頼りなげに見えてしまいがち。

思い切って幅広のものを一点使いか、ブレスレットの重ね使いが手元をより綺麗に素敵に見せてくれます。

ネイルの色などを味方にして、手のコンプレックスなどは払拭してしまいましょう。

そもそも手元の大ぶりのアクセサリーは、大人の女性のための必須アイテムです。

とにかくチャレンジです。

 

重ね使いの際は、ブレスレットのデザインは面と線状のものを重ね使いすることで立体的で且つ、手元の動きも美しく見えるのでぜひチャレンジしてほしいです!

 

リングを合わせる時も人差し指か中指に大ぶりをチョイスするとアクティブな気分があがります。

 

全て大ぶりは一気には難しいな。と思われる方は、ピンキーリングで合わせると入りやすいと思います。

 

 

今回使ったアクセサリー

 

スクエア整列パールリング  淡い上品なピンク紫のパール。現品のみです。

クモの糸ブレスレット (丸い面のもの)

ステラ星の通り道ブレスレット (線状のもの)

 

さあ。これで夏の麻のあのワンピースも大変身です。

にっこり。

 

実物は、佐賀個展にて出展中です。

会期は今週金曜日までです!

詳細は3つ戻ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.20

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.9

 

 

 

 

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.9 談。

 

本日は、眠っている真珠の一連ネックレスをどうデイリー使いで楽しむか。

をテーマにしたスタイリングです。

前回の続き版です。

 

 

 

 

 

 

マウンテンハーフパンツにコットンカーディガン。

アクティブカジュアルな装いに、セミロングパールのネックレスとコーディネートしたのは、ロングペンダントスタイル。

 

多少トップが大きくても合わせたアクセサリーとケンカしないのが、パールの強み。

今回合わせているのは、白いビーチストーンとバロックパールのネックレス。

残り少なくなってきましたREIHOKU シリーズで、黒や乳白色、グレーといった石とパールの組み合わせのリングをお持ちの方も、いらっしゃると思います。

 

週末からの佐賀個展にしばらくぶりに

REIHOKUシリーズ登場します。

 

 

 

 

 

ハーフパンツも、膝が隠れる丈やクロップドパンツなどであれば、軽快なイメージにまとまります。あとは、足元次第でチノコットンという素材も色を濃いめのものをチョイスすると、パールのネックレスと全く違和感なしです。

 

個人的には、結構好きなスタイルです。

アクティブスタイルは、心も体も軽快になるから、本当に不思議です。

仕事の時にジャケットをはおると気が引き締まる。

あの感覚ときっと同じですね。

 

今回使用したアクセサリー。

あこやグレーセミロングネックレス

REIHOKUロングペンダント

ステラブレスレット

カフバングル(向かって左手のもの)

 

 

心地よい皐月の風が吹いています。

 

カジュアルな装いに、眠っているパールネックレスを使ってみましょう。

 

 

 

 

 

 

2020.05.16

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.8

 

 

 

 

 

ブログとインスタグラムにて配信を始めましたアクセサリースタイリングについてのトピックスも、ご覧いただいております皆様からのご感想などありがたく頂戴いたしております。

 

私たちが生きてゆく上で最低限必要なものは、そう多くはありません。

しかし、だからといって一切を排除してしまうにはあまりにも味気ない人生になりはしないだろうか。

衣替えも重なるこの時期、皆さんと私自身のアクセサリーに対する思いやもっともっと提案したいことなどを、個展会場でお会いできない皆様とも配信を通じて共有できたならという思いでスタート致しました。

アクセサリーに流行というものは、ほとんどないです。

最も普遍的な素材、銀のアクセサリーは特にそうではないかと思います。

だからこそ、宝石や異素材では表現できない形のアクセサリーに挑戦して欲しいのです。

ベーシックなご自身の落ち着くスタイルにどんなアイテムをどんな風にプラスすれば、より心地よく生き生きと過ごせるか。

 

何かしらのヒントになれば、本当に嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

 

本日は定番人気となりましたスカーフパールの登場です。

 

個展会場で展示しているものをご覧になられると、皆さんどうしても

「合わせる服がない」とおっしゃいます。

特別な服である必要はないのです!

服を新調しなくても、いつもの服を生き蘇らせるためのネックレスなのです。

 

私がこのネックレスを作ったのは、首元にスカーフを巻くくらいの気軽さで使いましょう。

そんな狙いもあってスカーフパールと名付けました。

ご存知の方も多いと思いますが、結び目をほといて長さを楽しむスタイルも可能です。

 

このネックレスは、春先にはカットソーにコットンや薄手の羽織りものと合わせると、力の抜けたバランスで大人のクラス感を残せた装いになると思います。

 

 

 

 

 

コンサート会場には、ワンピースに。

ショッピングからそのままディナーになるならば、ニットアンサンブルに。

カフェのあと映画ならば、結び目をほといてカジュアルダウンで。

 

靴を変えたり、バッグを変えたり、髪をアップにしたり、

と。やっぱり女性は楽しみが多いのです。

 

もうしばらく辛抱が続きますが、きっと再び全てを味わう時がくると私は信じています!

そのための見直しや気づき、あまりにスピードで生きる我々へに警告を含めた時間を与えられたのだと、思っています。

好きなことやものを奪う目的のものではない。

 

そうです。

装うことの力を信じて!忘れないで!

 

今回使ったアクセサリーアイテム

スカーフパールネックレス ブラック

パールバングル

(スカーフパールネックレスとのセットアップコーディネートが

人気定番おすすめです!)

パフュームリング ホワイトボトルキャップ

 

追記。

 

スカーフパールネックレスとパールバングルは、来週からの佐賀個展に出展いたします!

詳細はひとつ戻ってご確認ください。

いつもの装いでお試しになってみてください!!

 

 

 

 

 

2020.05.13

佐賀個展のご案内

 

 

 

 

予定しておりました佐賀個展、今回の自粛期間を経て開催について保留になっておりましたが、予定通り開催することになりました。

オーナーさんの決断に私も力が湧いてきました。

 

 

 

 

 

 

身に着けるアート

末野美由紀展

5月23日(土)より29日(金)

11:00 – 18:00  最終日は17:00まで

 

ギャラリー 遊

佐賀市白山2-4-15

http://gallery-yuu.net/

 

 

仕事ができる喜びはこの上ないものだと感じています。

誰かに必要とされる人間として生きていると少しでも感じられる体験は、ただ単に日々の営為のためではなく、今を生きる人間としてひたすらに力がみなぎる思いです。

 

それぞれにいろんな思いをしているであろう昨今、自分にとって当たり前なものなど実は何ひとつないのだという気づきのもとに、感謝感謝の繰り返しです。

 

自粛のマナーに基づき開催される個展です。

それぞれ皆様のご判断でお越しいただければ幸いです。