INFORMATION

2016.05.04

言葉の向こう岸

 

 

クラシック音楽を楽しむという入り口に立ったのは、つい6年ほど前。

幸運にもいろんなアドバイスや予備知識を貰える指南者が、近くに居たことがきっかけで加速的に楽しみのボリュームが増した。

中でもバイオリンを意識的にあれこれと聴いている。

 

shostako

 

先日、3才からバイオリンを始めオーケストラのメンバーとして演奏していたという鹿児島のお客様が、お勧めのバイオリニストを教えてくださった。

ロシアの若手バイオリニスト。

マキシム・ヴェンゲーロフ。

 

さすが元バイオリニストがお勧めして頂いただけあってどれも素晴らしかった。

とりわけ強烈だったのが、1940年代後半に作曲された巨匠ショスタコーヴィッチのバイオリンコンチェルト第1番の3楽章。

私は、この楽章を聞きながら、あまりに胸を透くような音に体中の細胞が熱くなり、しまいには涙がこみあげてきた。

恐ろしすぎる。

もはやそれは音ではなく、声や言葉の向こう岸を越え、更には想念となってどこまでも天へ天へと続いていく。

それは、ひとりの言葉や想念ではなく、多くの共感者たちを引き連れて光となって天へと昇り続けていくようだった。

その光景までもがまるで見えるようだった。

なんという表現だろう。

 

 

感激のあまり、興奮さめやらぬ思いをご紹介頂いたお客様にメールをつらつらと打たずににはいられなかった。それだけではまだ消化できずに、クラシックを聴く友人たちを捕まえては盛り上がっていた。挙句、ブログにも書こうというしつこさ。

 

クラシックビギナーである私には、なかなか難解な不協和音が主体となったショスタコーヴィッチやプロコフィエフ、バルトーク。

ここは近づきたいという意志とは裏腹に、自分なりの明快な良さというものを見出せず、気が付いたら遠ざけている界隈。

しかし、心の底から作曲家ショスタコーヴィッチの恐ろしいほどの巨匠さを思い知ることになった。

きっかけとなったのは、演奏家マキシム・ヴェンゲーロフ。

元バイオリニストであるお客様にこのうえなく感謝感謝。感謝至極。

 

少し前に観たノンフィクション映画「ブリッジ・オブ・スパイ」の中でも、ショスタコのバイオリンコンチェルト第1番のこの3楽章がラジオから流れるシーンがあった。そして、ショスタコの音楽が当時のソ連の国民の支えであったことがセリフの中にも含まれていた。

 

私は、当時の弾圧された政治背景や、激動のユーラシア大陸の歴史は、教科書程度しか知らない。

一流の芸術家たちは、無知なものにも頭脳に呼びかける理解さではなく、もっと肉迫たる直接的な表現力を持っている。

限られた人たちのために恭しく鎮座しているのものが芸術ではなく、如何なるものにも生身の平等さでおおらかに在る。

それが真の芸術の居場所。

 

なのではないか。

 

と、いうことで本日も早々に仕事を終えて、白昼堂々の赤ワインなどを片手に、大音量にしてヘッドフォンでベランダから青空を眺めながらしみじみと聴くのです。

あ。画像はショスタコのアルバムですが、マキシムの演奏アルバムではないですので。

今月は、マキシムの来日コンサートの予定があるらしいです。

なかなか九州までやってきません。

 

そこは、九州で最も大きな街だというのに非常に辛い事実なのです。

 

 

 

 

 

2016.05.01

仕事観

 

 

5月1日。

本日は素晴らしい皐月の陽気だった。

 

先日、人生の再出発を始めることになった知人に、これからの参考にしたいと、これまで経験した仕事についてあれこれと尋ねられた。

若い時分から仕事は一生続けたいと決めていたので、当時から真剣に一生続けられる仕事を探し求めていた。語るほどの経験ではなかったが、思わず熱く語ってしまった。

と、同時に、他人に話すことで自分のこれまでと自分自身について少し整理する機会を貰い、逆に有難い質問という形になった。

 

 

tore-ra-

 

 

模様替えの好きだった母親の影響か、いつしかインテリアに興味をもつようになった。

就職活動では、航空会社で働きたいという願望からあっさり落第し、脇道にそれ、結局、旅行会社に就職した。それでもずっと気になっていたので、後に思い切ってインテリア会社に転職した。25歳の時だった。

 

しかし、勤めだしてすぐに大きな問題が自分の中に立ちはだかり、思いは打ちのめされた。

商談を進める相手はエンドユーザーであり、お金を実際に出すクライアントだ。

提案はあくまでも提案であって、最終的に決定権はクライアントにある。そこにたちはだかるものは、クライアントの嗜好というものが絶対である。クライアントの嗜好を満足させることがいい仕事として評価される。たとえ、どんなに納得がいかなくとも、それがよしなのだ。

 

この部分に、どうしても馴染めなかった。

何かしらの違和感がつきまとっていた。

正体不明の違和感。

ずっと興味はあったが、自分には向かない仕事だとよく理解できた。

 

そうこうしているうちに、自分がつけるためのアクセサリーを自分で作り始めた。身につけていたものを見た自分の全く知らない方が、買いたいと言ってくださった。衝撃的だった。雑誌で見かけるような有名なブランドやメーカーしか、モノを売ってはいけないと思っていたからだ。

どこに行けば買えるのかと尋ねられるようになった。

うちのお店で委託販売をしてみませんか。という話を貰った。

うちで個展をしてみませんか。と言われる方に出会った。

右も左も分からなかったが、作りたいという気持ちのままに時間を費やし、お金を費やし、更に時間を費やし、お金を費やし、気がつくと仕事になっていた。

 

インテリアの仕事を通して違和感を感じたもの。

今は、その正体が分かる。

 

自分にとって、発信の仕方が重要だったのだ。

自分を少しでも満足させる仕事、それでいて自分がした仕事に対して喜んでお金を払って下さる方々が存在し、その方々はこれまで出会わなかった自分の全く知らない方々であること。

発信する自分と受信する他人との一体感が欲しかったのだ。

 

今は、自分の住まう空間に自分の思うように手をかけながら暮らしている。かつてのインテリアの仕事への憧れを自分の部屋で十分消化している。消化というよりは、むしろ今の仕事への肥やしとなっている。

結局、人は自分が本当に望むことをして生きていくものなのだと思う。

真に望むことでなければ、長続きはしない。

 

 

どんな仕事にも、上下はない。

自分の満足感が得られなければ、他人への満足感も与えることは難しいだろう。

感謝の念がなければ、感謝されることも減ってゆくだろう。

自利利他。

仏教のこの言葉は、生きるそのものの基本を伝えているのだと、今更ながらに深く感銘している次第だ。

 

 

 

2016.04.22

リセットカメラハイク

 

 

 

毎日、震災に関する新着ニュースが入ってくる。

自分にも何かできることはないか、それがおしつけ的な自己満足の善意とならないか。

考え出すとスパイラルにはまる。

あれから一週間が経ってしまった。

 

どことなく、気分は自粛モードで、外に出かけてなかった。

友人と気分をリセットしようという話になり、朝いちばんで映画鑑賞したあと、ひとしきり映画の感想、意見で盛り上がりながら、ちょっと遠出のカメラハイクに出かけることにした。

 

 

向かった先は、個人的にもとても好きな湖。

20年以上ぶりに訪れた場所だった。

湖畔では、姿は見えないが鳥の声が響き、新緑のそよぐ音も深呼吸を誘い、心が安静していくのを感じた。

 

 

 

水の中の森。

 

P4200061

 

 

色を知る世界。

 

fune

 

 

 

色を知らない世界。

 

fune monokuro

 

 

 

Bridge of rain .

 

P4130053

 

 

気分転換は、人間には必要だ。

気になることや心配事は手放し、頭の中を全く別なことで埋め尽くす。

映画や音楽鑑賞、読書、軽い運動でもよいだろう。

 

 

撮った写真をカメラの画面で再生してみる。

はああ~、たいした写真撮ってないなあ。

 

毎回、がっかりする。

 

まあ、なかでも気に入ったショットが2,3枚あるかな。その程度。でも、自分なりに楽しいからよいのだ。

帰りにはちょっと明るい時間からスーパー銭湯につかり、食事をして帰宅した。

リセット。

チャージ完了。

 

自分が、やらなければならないことがある。

そのことに関しては、代わりにやってくれる人もいない。

その断続的なモメントにまた意識を集中させようと思う。

 

それが生きるということなのだろう。

 

 

 

2016.04.21

佐賀個展の様子

 

 

本日までとなりました佐賀個展の様子です。

 

街並みの美しい佐賀。

ご縁を頂いてから、あっと言う間の月日です。

今回の個展で4回目を迎えました。

 

P4150071

 

P4150070

 

 

初日、2日目と在廊しておりましたが、地震直後であったにもかかわらず、お越しいただいた皆様には、本当に感謝です。

 

本日はあいにくの空模様となりましたが、もしお時間ございましたら覗いて見て下さいませ。

 

今年の九州での個展は、この佐賀展で終わり。

6月から本州での個展となります。

 

6月だなんて、あっという間に今年も半年が経つということね。

 

 

 

 

2016.04.12

佐賀個展のご案内は、ひとつ戻ってね!

 

 

週末、佐賀個展の制作準備が終わり時間がとれたので、近くに引越してきた陶芸家の友人に連絡しお手伝いを申し出た。

築80年という貫禄あるお家には、自分の仕事とは違うモノ作りの環境が垣間見れて楽しかった。私は、図書コーナーの整理を担当。

 

uzumi3

 

 

 

同じモノ作りでも、扱うものが違えば、便、不便がある。

どんな仕事でもそうだが、メリット、デメリットが存在しているからこそ、商いが面白くなるのだと思う。

工房には、興味深いモノたちがいっぱい溢れていた。

 

 

izumi2

 

 

重たい土が水でこねられて形作られ、火の力が加わり器や花器が出来上がる。今から焼かれる前のモノたちが並んでいる作品たちを眺めながら、改めて思った。

 

人の手で時間をかけて作られたモノたちに囲まれて過ごすことの豊かさを。

 

形になって出来上がったモノたちが整然と並べられ、晴れの場、個展で拝見するものとはまた違った視点を感じることができてなんとなく得した気持ちになった。

手作りって、やっぱりいいな。

自分もその端くれに属していることが、嬉しく思えた。

 

 

izumi

 

今週、金曜からの佐賀個展の作品群を発送済ませひと段落。

友人宅の図書コーナーを整理しながら物色して借りてきた本でも読もうかな。