INFORMATION

2019.03.26

味わうセンサー

 

 

 

 

 

今年に入ってから、10日に一度くらいのペースで行っているトレッキング。

週末に行った約6時間かけての縦走コースの途中、あちこちでたくさんの春の息吹を発見した。

 

 

 

 

 

なんの生産性もないのに、なんでわざわざきつい思いしに行くのか?

と、よく聞かれる。

 

物事の感じ方は千差万別。

この質問者に対して私的な答えはただの言葉にしかならないと思い、私は決まってこう言うのだ。

 

その答え、確かめるために一緒に登ってみる?

 

尋ねた半分くらいの人は即答で断られるが、半分は行きたい!!と前向きな反応を示す。

で、実際に登った人達は、決まってまた行きたいと言う。

翌日にはトレッキングシューズを買いに行き、買ったシューズを写メして来た人もいる。

やる気満々になりウエアの大人買いをして、次はいつ行くのかと連絡して来た人もいる。

 

お。伝染してる、伝染してる。

思わずにやり。

 

若い頃は、どこか前のめりな野心や欲があり、あれもこれもやらなきゃと浮き足立ち、うわべだけの情報に踊らされ、ヒステリックで多呼吸な生き方をしていたと思う。

実際に、呼吸もかなり浅かったことだろう。

止まったら終わりだとばかりにその流れで進み続け、ある時、気力と体力のバランスが交差する年齢に差し掛かり、疲労が積もり気力低下の現象が現れる。

そのスパンはどんどん短くなり、頻度が多くなってくる。

 

嗚呼、このことを先輩達は言っていたのか。

 

まず、それらを受け入れることがスタートだった。

自分の身体と内面に投資をする時間を確保するようにした。

 

まず、ヨガで実際の浅い呼吸を正し、筋肉の緊張をほぐす、同時に食事のリズム、質、内容を見直す。

意識的に太陽の光を浴びる。

そんな見直しのあれこれの延長にトレッキングが加わった。

 

これまで休日というものを殆どとらずに仕事をしてきたのだが、晴れた日を狙って定期的にトレッキングを始めたことで、それが休日であるという新しいチャンネルになった。

仕事の効率と集中力があがり、メリハリがついてきた。

 

始めた頃は呼吸が乱れ全く周囲の景色を愉しむ余裕もなかったが、経験回数が増えてくるとその日のペースを探りながら安定した呼吸をコントロールしつつ、新しい発見ができるようになってくる。

 

先週、初めての縦走を体験しながら思い返してみた。

この5,6年の自分の生活改革の共通点は、競い合うステージからの離脱ではなかっただろうか。

 

元々、平和主義な方で物事への勝ち負け目線はなかったのだが、

こうでなければ、最低限ここまでクリアしていなければ、自分は人より劣っているのだから。

自分は出遅れているのだから。

そのような自分への叱咤があふれんばかりにあったように思う。

しかし、その対象となる人が実在したわけではない。

 

現実の自分が理想の自分に競争していたのだろう。

ひとり相撲。

 

ヨガの教えや、素材を生かした食の自由さ、等しく与えられている雄大な自然の営み、この5,6年で出会った世界は、どれももっと早く始めていればよかった、そう思うものばかりだった。

 

利便性と時短を声高に謳う昨今、我々は「味わう」という奥行きのある時間をどんどん捨ててしまっているように思える。

 

味わうことは、時間をかけることであり、手間をかけることだ。

それが内的豊かさの蓄積となり、外的に漂うゆとりというものに転身する。

 

かつては選択が少なかった余興も、いまでは多様複雑化している。

能動的に不便な環境に身を置かなければ、味わうセンサーはどんどん鈍化、劣化、欠損、しまいには消滅してしまい、人間と動物が逆転してゆくのではないかと不安になったりする。

 

味わうセンサー。

それは、五感がスムーズに起動することである。

 

この世にある限り、余るほどの感動を体験したい。

これは、私の変わらぬ欲望だ。

 

たとえどんな修行を積んでも、私はこの欲を捨てられないだろう。

 

 

 

 

 

2019.03.21

北九州個展の様子!!

 

 

火曜日から始まりました北九州個展の様子です!

 

 

 

 

春めいたお天気のもとにスタートしまして一昨日戻ってまいりました。

 

 

 

場所も一番の繁華街にある花ごろもさんは、通りに面したガラス張りのスペースで、搬入ディスプレイの最中にもお客様が立ち止まってご覧になられたり、新しいお店かと入って来られたりました。

 

ギャラリースペースは、年間にいろんな作家さんの企画展をされるので、個展期間中だけ作家さんのお店。

そんな考え方もできる。

 

作風が生み出す空間。

というものがそれぞれにあるらしく、ギャラリーを経営されていらっしゃる方も、それぞれに愉しむことができるのだとか。

 

今日は、とても暖かい春分の日。

会期は28日まで、定休日なしで展示しております。

ぜひ、お近くの方はお立ち寄りくださいませ。

 

 

 

 

 

 

2019.03.13

北九州個展のお知らせは、ひとつ戻ってね!!

 

 

 

2度目に訪れたスイスでは、ぜひ手に入れたいものがあった。

 

銀色のシンプルなフォルムで、品の良い繊細な柄の彫りのカランダッシュのペン。

 

 

 

 

本当は、ずっと万年筆が欲しかったのだが、なかなか気に入るものが見つけられず、字も上達せずでどことなく諦めてしまっていた。

でも、この年齢になってくると、ボールペンでは済まされないシーンが度々出てきて、やはり万年筆に代わるものを持っておかなければと思い始めていた矢先に、スイス製のカランダッシュというペンメーカーのものを知った。

もちろん日本の文房具店でも、ネットでもポチッと購入できる。

でも、私は文房具店そのものがとても好きで店構えが気になる。

購入は次回のスイスの旅まで待つことにした。

 

チューリッヒで訪れた老舗文房具店は、内装もお客様も店員も全てジェントルマンな雰囲気が充満していた。

大声で話す人は、誰もいない。

子供さえ大人のようなふるまい。

まるで図書館のような空気感だ。

 

9身頭と思われる抜群のスタイルの販売員の女性は、試し書きをするための机と革張りのゆったりとした椅子のコーナーへと案内してくれた。

なるほど。

文字を書くシーンに忠実な環境で、試し書きをさせてくれるのか。

考えてみれば当たり前だ。

そもそも立ったまま試し書きして購入というのも、おかしな話だ。

100円の使い捨てペンじゃないんだから。

 

書き味、重量感、たたずまい。

文句なしに好みであった。

繊細な彫りの模様も、迷うほどの種類でどれも魅力的だった。

買い物決断の早い自分にしては、ずいぶん目移りした。

 

中でもこのメーカーのペンを個人的に高く評価した点は、実はキャップを閉めた時の音だ。

精密な作りに裏付けされたとっても落ち着いた音で、品物の確かさを使う度に感じさせる。

ペンは、文字を書くための道具であるが、その役目を終えキャップを閉めた後、ペンが道具を越えて自尊心を表すような音で少しだけ存在を示す。

それが、ペンを使う者を安寧な充足感とでも言おうか、独特の満たされた気分にさせてくれるのだ。

たとえ字が美しくなくても。

 

誰かに何かを伝えるためのペン。

そのペンを使い終わった後、余韻に浸れる少しの間。

その間に心地よさと豊かさを与えてくれる。

これは、アナログなものにしか味わうことのできない贅沢な間だ。

 

ものがたてる音は、品質を如実に表しているように思う。

グラスの縁と縁が触れ合って優しく乾杯をした時の音。

ドアを閉めた時の音。

コーヒーカップを置くとき、テーブルとカップが調和してたてる音。

ソファに腰掛けた時、クッションが身体を受け止め吸収する音。

身につけている衣擦れの音。

 

どんなに上等な装いでも、そのものが出す音が安っぽいと、品質、いや隠された本質を垣間見た気がして途端にがっかりする。

 

 

人は、それ以上にそうであるのかも知れない。

 

口から出る言葉が、その人が持つ音であるならば、たいそう気をつけなければなるまい。

せめて、醜い言葉は使うまい。

 

キャップを閉めながら、そう思うのであった。

 

 

 

 

 

2019.03.06

北九州個展のお知らせ!!!

 

 

 

先月中頃から、忙しい日々が続いております。

 

今回、初めてお世話になります北九州のギャラリーさんでの個展です。

創業30年の節目にと作品を実際に見に来られまして、ご依頼頂いたことが、一昨年前のこと。

その時、初めてお会いしたのですが、やはり30年もギャラリー業を続けていらっしゃるオーナーさんは、たっくさんのご経験をされております。

いろいろなお話を伺いながら、どんな仕事も続けてこそ社会的信頼を得られるものだと改めて感じました。

お話が全て経験を踏まえた方にしか語れないものばかりで、お声かけ頂いたことに、改めて感謝の思いです。

 

 

 

 

 

 

DMの写真はご覧になられた方も多いかと思いますが、ギャラリーさんに人気の写真ですねえ。

旧作だけではないのですよ、新作いっぱい作ってます。

 

 

末野美由紀シルバーアクセサリー展

3月19日(火)  ー  28日(木)

AM  11:00  –    PM   5:00

 

ギャラリー 花ごろも

北九州市小倉北区京町1 – 3 – 12

093-522-6868

 

場所は小倉井筒屋百貨店よりすぐという便利な立地です。

私は初日、19日に終日在廊致します。

近県並びに最寄りの方々もしお時間ご都合ありましたら、ぜひお運び頂けましたら、嬉しい限りです。

DM欲しい方、ご遠慮なくお知らせ下さいませ。

 

さあ、ラストスパート制作頑張ります!

 

 

 

 

2019.02.28

鼻先くすぐる匂い

 

 

 

ご挨拶が遅れましたが、無事に京都展が終了いたしました。

 

お運び頂きました皆様誠に有難うございました。

 

 

 

さて。

空気の中にも寒さは残りますが、すっかり気分は春支度。

 

お天気がよいと用事もないのにぶらつきたくなるのが、この季節。

他所様のお庭に咲き始めた色々の春の花が、とてもありがたく感じるものです。

我が家の近くの民家のそばを通ると、銀木犀の香りが漂ってきます。

ここを通る時は、少し歩調をゆるめ、決まって深呼吸をする。

その道を過ぎると、今度は焙煎珈琲店の香ばしい匂いが全身を包みます。

そして、もう少し進むとガーデンショップがあり、春の花やハーブの苗たちが店頭に並び、目にも香りをくれる。

 

匂いというものは、気持ちを安らげたり、一気に体調へと直結したり、過去の記憶を思い起こさせたりと五感の中でもある種特殊な感覚。

 

この地球という星に生まれてよかったな。

 

と、全身で思うのが春である。

 

未だ花粉症に悩まされていない私は、非常にラッキーである。

そう思いつつ、天気がよいとうろうろするのである。