INFORMATION

2018.06.05

白い夜

 

 

 

この頃、心惹かれるもののひとつに白磁の白がある。

不思議なもので、気になり始めると途端に出会いが起こる。

 

 

 

 

 

満月の前で左右に静かにちぎれる雲。

盛られた料理を完食すると、ふわっと表れる線の絵。

まるで日本画、墨絵の世界のようだ。

 

 

無駄なものがなく、殺し合わず一切が調和しているこの青白磁の深皿。

大きさが6寸強ほど。

この程よい深さが料理はもちろんの事、和菓子や水菓子などを盛るとさぞモダンな感じを演出できるだろう。

朝食に欠かせない季節の果物も、朝霧に浮かぶようでなかなかよろし。

緑の葉を敷き、手毬寿司というのもこれまた見目麗しく、日本酒がすすみそうで喉が鳴る。

ひと目で気に入った。

 

ギャラリーのオーナーさん曰く、作家は関西に何十年も住んで活動しているピーター・ハーモンさんというアメリカ人の著名な陶芸家だと聞き驚いた。

個展では、必ず羽織袴を着て会場に立っているらしいが、これがまた全く違和感がないのだとか。

 

早速、作家さんのホームページを拝見してみた。

確かに、羽織袴が似合う。

茶道にも精通していて、陶芸を辞めることはあっても茶道を辞めることはないだろうと、ご自身のブログで語っていらっしゃるのを拝読。

 

なるほど、この無駄のない表現。

間の取り具合。

思わず背筋が伸びた。

 

現在は専ら茶道具を作っているとのこと。

そうなると、お皿を手に入れるのはなかなか難しくなってくるのでは?

これは、よいタイミングの出会いだと思った。

 

先日、このお皿のためのこけら落としメニューで食事を楽しんだ。

岩塩で軽く炒めたお肉を皿の底に敷き、小さめの新じゃがを丸ごとふかした後に、少し焼き目をつけたものをその上に乗せ、青ネギと白ネギ、生姜の細切りを添えて最後に和だしをかけ回してみた。

 

器の力は絶大だ。

 

白い夜。

この青白磁のお皿に名前をつけた。

 

この仕事をしていると、お世話になるギャラリーさんのお付き合いのある作家さんの作品たちにあちこちで出会うという誘惑が多いのだが、それ以上に作品たちを使わせて頂くことで、ものつくりとしての多くの学びを得るものなのです。

 

出会いに感謝。

 

 

 

 

 

2018.05.27

皐月の日向ぼっこに思ふ

 

 

 

昨日をもちまして無事に北九州個展が終了致しました。

 

お時間とってお越しいただいた皆様に心より感謝申し上げます。

新作や今後の個展情報など、ブログを通じて配信しておりますので、気が向きましたらご覧いただけたらと思います。

そして、今回お会いできた方、出来なかった方、またお会いできる日を楽しみに致しております。

 

 

 

 

 

さて、日中は暑さを感じる季節になって参りました。

ベランダのハーブたちもすくすく元気。

ザルの上で日向ぼっこさせて、乾燥ハーブに転身中。

 

この季節になると思い出すのが、数年前ベルリンを旅した時の5月の風と13年前ストックホルムを旅した時の5月の新緑。

 

 

ふとした時に思い出されるのが、旅のワンシーン。

旅は贅沢だという考えもあるかも知れないが、私の中では自分の心と時間への投資だと思っている。

 

個人の経験を通して心に積み上がるものたちは、個人に帰属するものであり、たとえ巨万の富を持つ人であっても、他人の心に積み上がったものを買うことはできない。

時間をお金で買えないことと等しい。

 

毎年、時間が無限に与えられているわけではないのだと、ひしひしと感じるのも生まれ月であるこの5月の心模様だ。

 

 

ベランダでハーブと共にコーヒー片手に日向ぼっこ。

皐月の日向ぼっこにもの思ふ。

 

さあ、来週から6月突入だ!

早すぎるのぉ…

 

 

 

2018.05.20

北九州個展の様子!!

 

 

昨日から始まりました北九州個展の様子です!

 

 

 

 

 

 

湿度が落ち着いたすっきりしたお天気に恵まれた初日となりました。

 

 

 

 

画質が今ひとつで恐縮ですが。

 

お世話になっておりますギャラリーさん手さんのもうひとつの楽しみは、ギャラリーへと続く森の小道をテクテクと歩く時間。

五月の新緑と季節の花たち、新鮮な空気に包まれると、心のコリがほぐれてくる。

 

植物が身近にある生活は、やはり人の心を深い部分で落ち着きと静寂をもたらしてくれます。

光と緑に包まれた心地よい時間、ぜひお出かけ下さいませ。

会期は来週土曜日まで。

 

私は、水曜日にも在廊予定です。

 

 

 

ああ、五月はよい季節だなあ。

 

 

 

 

 

 

2018.05.15

北九州個展のお知らせはふたつ戻ってね!

 

 

3年ほど前、不思議な出会いがあった。

音楽が好きで、楽器はバイオリンが好きで、布やブレード、刺繍、縫い物が好きで、お花やグリーンをお部屋に飾る事が好きで、アロマの香りも好き。旅行も好き。器も好き。お料理にも興味がある。

お仕事は、その頃私が始めたばかりのヨガ講師をしているという。

 

とにかく、興味ごとや関心ごとが妙にリンクする。

ひとつふたつならまだしも、あれもこれもそれもなのだ。

 

 

 

 

 

最初に会った時、以前から知っていたような懐かしい感覚だった。

ふわふわしたマシュマロみたいな可愛らしい女性。

年の頃は私より随分若いのだが、見た目よりはるかにしっかりしている。なるほど3児の母であるという。

 

とにかく興味を示すものが、自分と似てるのだ。

不思議な気持ちだった。

あまりにも似てるので、話を合わせてくれてるのかな、そんな思いもよぎったり。

 

しかし、2度目に会った後のメールのやり取りの中でその理由が判明。

 

なんと、誕生日が同じだった。

 

血液型や星座による性格分類や相性などには全く詳しくないし、無頓着な私だが、今回ばかりはその関係性をストンと受け入れられた。

 

最初に感じたあの不思議さも、説明がつくように思えた。

 

そんな彼女から先週末に迎えたお誕生日に、優しい春色のアレンジメントが届いた。まるで、彼女がにこにこ笑っているようだった。

私とお揃いのアレンジメントですよ。

と、メールの中にあった。

 

365日ある1年の中で、同じ日にお互いにお祝いを言いあえるなんて素敵だなあと思った。

同じ贈り物をひとつは相手のために。もうひとつは自分のために。

こんな贈り物の仕方もできるのか。

同じ誕生日の人と交流があると、わくわく度2倍だ。

 

大人になるといい歳して誕生日を祝う年でもないという言葉をよく耳にするが、私は年齢に関係なくおめでたいと思うし、言葉のひとつかけてもらえるだけでも、人はハッピーな気分になるものではないだろうか。

少なくとも、私は大変に嬉しい。

 

 

この仕事を始めてから、びっくりするようなご縁や劇的なご縁に遭遇することが増えた。

誕生日が同じだなんて、そう驚くことではないかもしれないが、私にとっては初めて遭遇する出会いであり、とても新鮮だった。

少し離れた所に住んでいる妹。

おかげさまで楽しいご縁が続いている。

 

人のご縁は、面白い。

映画や小説、エンターテイメントも霞むくらいの興味深さがある。

何より自分自身が主役の舞台で、時間を共有し、色んな話や体験を共にしながら、縁を育て深めてゆくこと自体が楽しいのである。

時間や気持ち、思い、言葉もいっぱいかけなければならない。

その一方で、空白や沈黙の時間も必要であるように思う。

 

袖触れ合うも他生の縁。

明日、また、素晴らしいご縁に遭遇するかもしれない。

そんな風に思える今日がずっと続きますように。

 

 

 

週末から始まる北九州個展。

素晴らしいご縁がたくさん始まりますように。

 

 

 

2018.05.09

北九州個展のお知らせはひとつ戻ってね!!

 

 

応量器。

見事に重なった入れ子の容器は、とても美しい。

 

 

 

 

 

 

初めて見た時には、幾つも重なったそれらがどんなシーンで使うものなのか、なんにも知らなかった。

祝いの席で使うものかと思い、見事に入れ子になった姿はただただ美しく、自分の生活とは無縁のものと決め込んでいた。

 

もともと禅僧が使う個人用の器であり、飯碗、汁椀、酒や湯のみ、汁椀の蓋になったり、小さなものは匙などとして用途をなすサイズで、この5つか6つの器は全て入れ子式に作られていて、仕舞う時はひとつになる。

一番大きなものは、托鉢用としても使用するものであり、直接口をつけず卓上に置いたまま使うものとされているらしい。

 

サンスクリット語ではパートラと呼ばれ、日本では宗派によって若干呼び名が違うらしいが、主に鉄鉢、てっぱつ、てっぱち等と呼ばれているようだ。

英語ではブッダボウルと呼ばれているとか。

 

本来は鉄製であるらしいが、黒い塗りは鉄とみなすということで、塗りのものは、漆作家の個展などでよく見かける。

漆黒、朱色、溜色と、楚々と並ぶ姿はまさに美術品のようである。

 

雨風凌ぐ場所で、

起きて半畳、寝て一畳。

食事は応量器。

 

人間が生きて行く上で必要なものは、本来、そう多くはない。

入院などを経験すると特に感じるものだ。

日頃目に見えないものたちが突如姿を現し、己がそれらを当然の如く無償で得ていたことに愕然とし、この世の恵みに慌てて手を合わせる。

 

時が経ち元気になり日常が積み重なってゆくと、この世の恵みたちは存在を薄くし、様々な欲が前へ前と浮き表れ、あっという間に取り囲まれてしまう。

 

溜色の鉄鉢を見ながら思う。

 

人間が生きてゆく上で、寝食労働だけではやはり味気ない。

暮らしには、彩りというものがあるとより豊かになる。

彩りは、楽しみや励み、活力になり、福を呼ぶ。

彩りを欲と呼ぶならば、欲はあって然るべき。むしろ必要不可欠。

それが、自他共に感じる豊かで幸福な人生へと導く。

しかし、彩りも度が過ぎれば、下品を通り越して貧相になり兼ねない。

清貧という言葉も示している。

 

 

 

人は1日の終わりに、明日も健康に目が覚めると、殆ど疑うことなどせずに眠りにつく。

 

それが、何よりの幸福である。