INFORMATION

2020.06.05

アクセサリースタイリング vol.12

 

 

 

6月に入り、概ね世間が動きはじめ緊張は完全に抜けないが、まさしく共存する形での生活が戻って参りました。

 

 

個人的には、価値観に変化があったわけでもなく、好きなことや楽しいこと、やらなければならないことや気になることは、前も後も変化はない。

苦手だったものが急に得意になったようなことも起きなかった。

 

ただ、気持ちや思考というものは、人の言動、行動に多大な影響が現れ、結果として現実を作ってゆくのだとひしと感じた。

 

何事もほどほどに。

度を過ぎるとバランスを欠く。

 

そんな言葉が頭をよぎる。

 

 

渦中の時にメッセージも込めて始めた「装うことの力を信じて!忘れないで!」というタイトルでアクセサリースタイリングやコーディネートについての配信は、今後、アクセサリースタイリングというタイトルで続けてゆきたいと思っております。

リアルな季節の服とのアクセサリースタイリングを意識して配信してゆきますので、折々に登場するのをお楽しみ頂けたらと思います。

 

どうぞ今後ともよろしくお付き合いくださいませ。

また、スタイリングしている作品についてのご質問、ご感想などございましたら遠慮なくメールやお問い合わせ、おしゃべり、女子トーク?などなどお待ち申し上げております。

 

 

と、前置きが長くなりました。

 

改めまして、アクセサリースタイリング vol.12 談は、チョーカーについて。

 

 

 

 

 

キャリアっぽいイメージが強いアイテムのチョーカーですが、きりっとダーク色のタートルにチョーカー。そしてジャケット。

王道なスタイリングですが、実は、ワンピースと合わせると優しいイメージになります。

 

合わせたのは、麻のワンピースしかも、総格子柄。

色も赤という具合ですが、キャリアなイメージはないと思います。

 

 

因みにワンピースを替えてみましょう。

 

 

 

 

色やラインだけでなく、襟の開き具合も違うワンピースですが、同じチョーカーでも印象が違って見えるかと思います。

このスタイルにジャケットを羽織ると、きりっと感が生まれます。

カーディガンだと、優しいイメージに。

 

 

バロックパールのかなり大きめのこのチョーカーは、前留めスタイルで首元がすっきり見えてゆったりしたつけ心地です。

 

 

今回使ったアクセサリー。

 

1枚目画像。

 

木の実チョカー  ビッグなバロックパール使用

パールバングル

白ぷつぷつピンキーリング  パールバングルとセットアップの人気者です!

 

 

2枚目画像。

 

木の実チョカー

クモの糸ブレスレット

 

 

ちょっとチョーカーを試してみようかな?と思われた方はぜひご試着してみてくださいませ!

 

 

 

 

 

2020.06.01

装うことの力を信じて!忘れないで! vol.11

 

 

 

 

 

6月に入りました。

6月の誕生石は、真珠です。

基本、誕生石や星座といった情報にあまり明るい方ではないのですが、6月生まれの知人がかなり多いということと真珠はよく使うのでしっかり記憶できております。

 

本日は、眠っている冠婚葬祭の一連ネックレスの出番を増やすスタイリングについて。

 

 

 

 

おそらく冠婚葬祭の真珠のネックレスは長さが43センチ位かと思います。

お母様やお祖母様から譲り受けたものや、ご自分で購入されたものなど、2、3本お持ちの方が意外に多く、出番の少なさからか真珠のアクセサリーはもう要らない。

と決め込んでいらっしゃる方のお話を伺うこともあります。

 

もし、眠っている連のネックレスがあれば、長さを変えて普段使いとして一本に仕立てるとぐっと出番が増えます!

 

少し長めだと、いろんなアクセサリースタイリングが楽しめるというわけです。長年、真珠を取り扱ってますが、真珠は長さが命だと思っております。

因みにこのネックレス、vol.9のコットンショートパンツスタイルでも提案しました真珠のネックレスと同じものです。

合わせるアクセサリーアイテムや服で変化するイメージを比較すると分かりやすいと思います。

 

シャツスタイルの際、きっちりボタンを上まで留めてそのボタンを隠すようにして上の方にブローチをつける。

 

そして少し長めの真珠のネックレスを合わせる。

 

その際、ネックレスはシャツの襟下をくぐらせるのがポイント。

そうすることで、シャツのボタンをきっちり留めたすっきり感を損なうことなく、それでいてエレガントな雰囲気を引き出せます。

 

ブローチは面のあるデザインがおすすめ。

ブローチの大きさのバランスは輪郭やヘアースタイル、シャツの襟形状などとのバランスがあるので、いつもお話してますように必ず全身鏡を見て判断しましょう。

鏡に映った姿をご覧になってちょっと大きいかなと思われたならば、ブローチの位置を少し下げてみたりしてバランスをみるとよいと思います。

面のあるブローチに抵抗があれば、シャツの襟先に小さなピンバッジをつけるというコーディネートから入るとなじみやすいです。

 

画像で合わせているシャツは、透け感のある素材に刺繍といったちょっと賑やかなシャツであるけれども、面の広い銀のブローチと真珠のネックレスを合わせたことで、逆に落ち着き感のバランスが出ているのではないかと思います。

引き算だけではなく、足すことで全体が引き算となる印象にもっていくこともあると思うのです。

 

出番の少ない真珠ネックレス、ぜひ日の目を見せてあげましょう。

真珠のネックレスは、マニュアルファッションから外して使えば使うだけその方に馴染み、こなれた感じが肩の力が抜けたスタイリングとなります。

まさに大人のアクセサリーアイテムとして必須ですね。

 

日本の女性は、真珠がとても似合う肌色だと思います。

知性と奥ゆかしさを感じさせる宝石。真珠。

今日から6月。お誕生月でなくともぜひ楽しんでみて下さい!

 

今回使ったアクセサリー。

 

あこやグレーセミロングネックレス。

ボーンブローチ Lサイズ。

パールバングル。

 

 

 

 

2020.05.31

佐賀個展の様子!!

 

 

 

 

一昨日をもちまして、佐賀個展が無事に終了致しました!

経験のない今回のような状況下で個展を予定通り開催してくださったオーナーさんの決断は、私個人にとっても大きな支えになりました。

 

 

 

 

 

 

初日の午前中、お客様がお見えになられたときはどんなに嬉しくてありがたかった事か。

期間中お越しいただいた皆様に心より感謝申し上げます。

 

そして、マスク越しの元気な笑顔の皆様にお会いできたこともとてもとても嬉しかったです。

 

得体の知れないものへの恐怖や不安というものは、いくらでも恐ろしくなり際限なく不安をかきたてる。

でも、5月の新緑に香る風が吹くこの季節はやはりそんなものを押しやるほど心地よく、改めて個展の機会が得られたことが素直に嬉しかったです。

 

まだ、何も解決はしていないですが、人々が日々の生活の中で向き合いかたを身につけた自粛期間であったのかも知れません。

 

少しずつ、街が笑顔が取り戻されることを願ってやみません。

 

 

 

 

個展初日は、佐賀城跡の散策を早朝より楽しみました。

城下町の名残が美しい穏やかなよい街だと改めて感じ入りました。

 

今回で5回目。10年のおつきあいになりましたギャラリー遊さんでの個展。

後にも先にも記憶に残る個展となりました。

 

多謝。

 

 

 

 

 

2020.05.26

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.10

 

 

 

 

本日は、これから少しずつ露出してくる手元周りのアクセサリーのコーディネートについて。

 

 

 

 

 

 

装いが軽くなり、服の素材も軽くなる、重ね着も減ってくる。

そうなると、ノーアクセサリーだとどこか部屋着の延長的な雰囲気になりがちですが、手元にアクセサリーのボリューム感を持たせるとバランスがとれてきます。

 

年齢を重ねてくると、細めのチェーンのブレスレットはどこか頼りなげに見えてしまいがち。

思い切って幅広のものを一点使いか、ブレスレットの重ね使いが手元をより綺麗に素敵に見せてくれます。

ネイルの色などを味方にして、手のコンプレックスなどは払拭してしまいましょう。

そもそも手元の大ぶりのアクセサリーは、大人の女性のための必須アイテムです。

とにかくチャレンジです。

 

重ね使いの際は、ブレスレットのデザインは面と線状のものを重ね使いすることで立体的で且つ、手元の動きも美しく見えるのでぜひチャレンジしてほしいです!

 

リングを合わせる時も人差し指か中指に大ぶりをチョイスするとアクティブな気分があがります。

 

全て大ぶりは一気には難しいな。と思われる方は、ピンキーリングで合わせると入りやすいと思います。

 

 

今回使ったアクセサリー

 

スクエア整列パールリング  淡い上品なピンク紫のパール。現品のみです。

クモの糸ブレスレット (丸い面のもの)

ステラ星の通り道ブレスレット (線状のもの)

 

さあ。これで夏の麻のあのワンピースも大変身です。

にっこり。

 

実物は、佐賀個展にて出展中です。

会期は今週金曜日までです!

詳細は3つ戻ってくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

2020.05.20

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.9

 

 

 

 

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.9 談。

 

本日は、眠っている真珠の一連ネックレスをどうデイリー使いで楽しむか。

をテーマにしたスタイリングです。

前回の続き版です。

 

 

 

 

 

 

マウンテンハーフパンツにコットンカーディガン。

アクティブカジュアルな装いに、セミロングパールのネックレスとコーディネートしたのは、ロングペンダントスタイル。

 

多少トップが大きくても合わせたアクセサリーとケンカしないのが、パールの強み。

今回合わせているのは、白いビーチストーンとバロックパールのネックレス。

残り少なくなってきましたREIHOKU シリーズで、黒や乳白色、グレーといった石とパールの組み合わせのリングをお持ちの方も、いらっしゃると思います。

 

週末からの佐賀個展にしばらくぶりに

REIHOKUシリーズ登場します。

 

 

 

 

 

ハーフパンツも、膝が隠れる丈やクロップドパンツなどであれば、軽快なイメージにまとまります。あとは、足元次第でチノコットンという素材も色を濃いめのものをチョイスすると、パールのネックレスと全く違和感なしです。

 

個人的には、結構好きなスタイルです。

アクティブスタイルは、心も体も軽快になるから、本当に不思議です。

仕事の時にジャケットをはおると気が引き締まる。

あの感覚ときっと同じですね。

 

今回使用したアクセサリー。

あこやグレーセミロングネックレス

REIHOKUロングペンダント

ステラブレスレット

カフバングル(向かって左手のもの)

 

 

心地よい皐月の風が吹いています。

 

カジュアルな装いに、眠っているパールネックレスを使ってみましょう。