INFORMATION

2020.05.16

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.8

 

 

 

 

 

ブログとインスタグラムにて配信を始めましたアクセサリースタイリングについてのトピックスも、ご覧いただいております皆様からのご感想などありがたく頂戴いたしております。

 

私たちが生きてゆく上で最低限必要なものは、そう多くはありません。

しかし、だからといって一切を排除してしまうにはあまりにも味気ない人生になりはしないだろうか。

衣替えも重なるこの時期、皆さんと私自身のアクセサリーに対する思いやもっともっと提案したいことなどを、個展会場でお会いできない皆様とも配信を通じて共有できたならという思いでスタート致しました。

アクセサリーに流行というものは、ほとんどないです。

最も普遍的な素材、銀のアクセサリーは特にそうではないかと思います。

だからこそ、宝石や異素材では表現できない形のアクセサリーに挑戦して欲しいのです。

ベーシックなご自身の落ち着くスタイルにどんなアイテムをどんな風にプラスすれば、より心地よく生き生きと過ごせるか。

 

何かしらのヒントになれば、本当に嬉しい限りです。

 

 

 

 

 

 

本日は定番人気となりましたスカーフパールの登場です。

 

個展会場で展示しているものをご覧になられると、皆さんどうしても

「合わせる服がない」とおっしゃいます。

特別な服である必要はないのです!

服を新調しなくても、いつもの服を生き蘇らせるためのネックレスなのです。

 

私がこのネックレスを作ったのは、首元にスカーフを巻くくらいの気軽さで使いましょう。

そんな狙いもあってスカーフパールと名付けました。

ご存知の方も多いと思いますが、結び目をほといて長さを楽しむスタイルも可能です。

 

このネックレスは、春先にはカットソーにコットンや薄手の羽織りものと合わせると、力の抜けたバランスで大人のクラス感を残せた装いになると思います。

 

 

 

 

 

コンサート会場には、ワンピースに。

ショッピングからそのままディナーになるならば、ニットアンサンブルに。

カフェのあと映画ならば、結び目をほといてカジュアルダウンで。

 

靴を変えたり、バッグを変えたり、髪をアップにしたり、

と。やっぱり女性は楽しみが多いのです。

 

もうしばらく辛抱が続きますが、きっと再び全てを味わう時がくると私は信じています!

そのための見直しや気づき、あまりにスピードで生きる我々へに警告を含めた時間を与えられたのだと、思っています。

好きなことやものを奪う目的のものではない。

 

そうです。

装うことの力を信じて!忘れないで!

 

今回使ったアクセサリーアイテム

スカーフパールネックレス ブラック

パールバングル

(スカーフパールネックレスとのセットアップコーディネートが

人気定番おすすめです!)

パフュームリング ホワイトボトルキャップ

 

追記。

 

スカーフパールネックレスとパールバングルは、来週からの佐賀個展に出展いたします!

詳細はひとつ戻ってご確認ください。

いつもの装いでお試しになってみてください!!

 

 

 

 

 

2020.05.13

佐賀個展のご案内

 

 

 

 

予定しておりました佐賀個展、今回の自粛期間を経て開催について保留になっておりましたが、予定通り開催することになりました。

オーナーさんの決断に私も力が湧いてきました。

 

 

 

 

 

 

身に着けるアート

末野美由紀展

5月23日(土)より29日(金)

11:00 – 18:00  最終日は17:00まで

 

ギャラリー 遊

佐賀市白山2-4-15

http://gallery-yuu.net/

 

 

仕事ができる喜びはこの上ないものだと感じています。

誰かに必要とされる人間として生きていると少しでも感じられる体験は、ただ単に日々の営為のためではなく、今を生きる人間としてひたすらに力がみなぎる思いです。

 

それぞれにいろんな思いをしているであろう昨今、自分にとって当たり前なものなど実は何ひとつないのだという気づきのもとに、感謝感謝の繰り返しです。

 

自粛のマナーに基づき開催される個展です。

それぞれ皆様のご判断でお越しいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

2020.05.10

装うことの力を信じて!忘れないで!vol.7

 

 

 

 

装うことの力を信じて!忘れないで! vol.7

 

帽子のツバを立ち上げて抑えるためのハットピン。

贈り物などにもよくご利用いただいておりますが、これまで市販されているピンよりも敢えて長く作っていました。

用途を広げて楽しんでもらうためだったのですが、最近では、たくさんつけて楽しんでもらったり、ボタンの代わりに使えるように逆にピンをかなり短く作りはじめました。

 

 

 

 

 

服の上に絵を描くように並べて使ったり、カーディガンやシャツのボタンがあと1箇所あればな。そんな時にもボタン代わりに使えるとおもいます。

 

 

 

 

出先で急に寒くなって巻物を持ち合わせていない時など、着ている服の襟を立ち上げてこのちびちびハットピンで押さえてタートル風に仕様を変えて、暖を確保することができますので、持っていると重宝します。

冬などはベレエに一本つけておけば、コートの裾を留めたりと何かしら便利です。

 

ブローチにチャレンジしたいけど、つける場所が決めづらいという方には、ぜひちびちびハットピンから入ると場所決めしやすいのでブローチへと移行しやすいと思います。

ぜひお試しあれ。

 

 

今回使用したアクセサリー。

1枚目画像

 

ちびちびハットピン 白、グレー、淡水バロックパール使用

てっぺんリング

 

 

2枚目画像

 

ちびちびハットピン

コントラクトピンバッジ (ジャケットポケット vol.4に同じもの)

 

本日は、皆さんやっぱり複数買いになっちゃうちびちびハットピンの使い方のご提案でした!

 

 

 

 

 

2020.05.08

装うことの力を信じて!忘れないで! vol.6

 

 

装うことの力を信じて!忘れないで! vol.6

 

 

日中は暖かいが日が落ちると一気に気温が下がるのがこの時期。

手先がひんやりと冷たく感じることがあり、そのまま歩き続けているとついポケットに手を突っ込みたくなる。

そんな季節の変わり目に、微妙な温度調整として意外にも便利なのが薄手の手袋。

個人的に末端冷え性というのもあり、秋や春に使う薄手の手袋を使い始めました。かさばるカーディガンを持ち歩くより随分と体温をコントロール出来る優秀なアイテムだと分かり、この時期に出かける時はバッグの中に常に入れておくようになりました。

 

 

 

 

リング好きな方は、人差し指や中指につけるリングをお持ちの方が多いことでしょう。

 

薄手の手袋の上からでしたら、きっと薬指で使用できると思います。

いつものリングの定位置の指が変わると、とても新鮮に見えます。

薬指でのおおぶりリングにもチャレンジきっかけを発見できるかも!

手袋は指の長さや掌や手の厚みなどに個人差があり、SMLだけのサイズ選択ではフイット感に少し違和感を感じて、手袋をすると落ち着かないという方もいらっしゃると思います。

サイジングが違うとなんだかそわそわしてしまうというのは、アクセサリーと同じであるようにおもいます。

手はとてもよく働く、人がもつ優秀な道具でもあります。

個人差があるのは、当然でしょう。

それだからこそ、人の手が持つ魅力というものがそれぞれにあるのだと思います。

 

リングを手袋の上からつけることで、手袋の指と指の間に浮いてしまっている布や革の素材をぴったりと手にフイットさせる役目が得られます。

 

これから少しずつ日も長くなり暖かくはなって参りますが、今年の秋支度の時に薄手の手袋を小物アイテムとして取り入れると、お手持ちのリングの居場所を変えて楽しむことができますよ。

もしくは、人差し指に使いたいけど、薬指でも使いたいリングのサイジングで迷う時には、ぜひ薄手の手袋の上からはめられることをイメージしてみてください。

 

 

今回使ったアイテム

 

1枚目画像

砂時計リング タヒチ真珠

星空バングル

ステラブレスレット

2枚目画像

おもてなしリング

ステラブレスレット

 

 

 

2020.05.03

装うことの力を信じて!忘れないで! vol.5

 

 

 

 

 

装うことの力を信じて!忘れないで! vol.5

本日は、これからの季節に心地よく大活躍するワンピースとのアクセサリースタイリングについて。

 

 

 

 

 

 

幼少の頃、水色のワンピースを着た女の子を街で見かけた時の衝撃を今でも覚えている。

その子は、都会から休暇でやってきたと見える女の子だったのだが、長い髪を綺麗な編み込みにした髪を背中に垂らして、腰の後ろには大きなリボン結びがしてあったワンピースを着ていた。

 

田舎で育った自分にはあまりにも眩しいワンピースとの出会いだった。

そのせいか、ずっとワンピースは避けていたところがあったのだが、ベルリンを訪れた時、年齢問わず大半の女性がワンピースを着ていたのだ。

そして、ワンピースのバリエーションがとても豊富に売られていることも新鮮だった。

初夏を楽しむ街歩きの女性でも、ウィンドウショッピングを楽しむカップルの女性、クラシックコンサート会場でも…

 

やっと素直にワンピースを着たいと思えるようになった。

そうよね、ワンピーススタイルって、女性ならではの服よ。

 

そんなワンピースも自分の体型が綺麗に見えるラインが、常に手に入るとは限らない。

その時のファッションの移り変わりが世の中に出回るほとんどのラインになってしまう。

だから大人は服を手に入れづらくなるという現実があるように思う。

 

そう!アクセサリーで自分流を楽しむのです!

 

ブローチで生地をすくってご自分の落ち着くラインを作ってみましょう。

私はよく、腰の位置でブローチを使い全体のシルエットをすっきり見せるようにしています。

 

その日、椅子にもたれかかるような状況がなければ、腰の後ろあたりで全体をぎゅっと絞ってもよいでしょう。

例えば、身長と服の丈が気になり始めたワンピースなどリメイクする前にぜひチャレンジしてみて欲しいブローチ使いのひとつとして、ワンピースの片方を腰あたりでたくしあげて折りたたむようにしてブローチで留めて、ワンピース丈をアンバランスシルエットにしてみる。

そして、ビタミンカラーのレギンスなどと組み合わせることでいつものイメージを変えると、また仕舞い込んでいたワンピースともお付き合いが再開するかもしれません!

 

同じワンピースでも巻物をして、つけるブローチでもまた全体のイメージはガラッと変化するものです。

 

 

そして、大人のワンピーススタイルの時の手元は、やっぱり大ぶりバングルでしめましょう。

いつも使うリングはあえてバングルと反対側の手につける。

そして、バングルをつけた手には、小指に少し量感のあるピンキーリングが全体的にくどさのないバランスをとることができます!

 

 

本日コーディネートしたアクセサリー。

 

ウエイブブローチ。

パールバングル。