INFORMATION

2020 August

2020.08.25

アクセサリースタイリングvol.13

 

 

 

 

 

福岡には、かつて海から攻めてきた元寇の馬の侵入を阻む為に海岸に松の木が植林されていたらしい。

その名残を生かして海岸近くには整備された美しい松林と歩道が延々と西の方に延びている。

 

 

 

 

自転車を始めて改めて気付いたのだが、近年の健康ブームに伴いウォーキング道や公園、市民の憩いの場がいろんな街で少しずつ整っているようだ。

 

長年住んでいても行動がパターン化してしまうと、なかなか隣町のことも分からないまま年齢を重ねてしまうものだ。

いざ、他県から来られた客人を案内するにも慌ててガイドブックを立ち読みなんてことになりがちだ。

 

そんな意味で自転車で走るようになってから、随分と目線が変わった。

 

前置きが長くなりました。

 

夏も終わりを迎えつつある中の撮影。

松林に吹き抜ける海風が最高に心地よくて、なんとも全身の力が抜けるようなリラックス感だった。

 

少し前にご紹介した樹氷ブローチ。

大きさはさほと大きくはないのだが、フォルム、シルエットがしっかりあるので、面積とは違った印象を表現できます。

これくらいの大きさのブローチであれば、襟元をきっちり留めた状態で首元近くにつける方がベターです。

 

肌露出の割合を考慮して、首元が詰まっているならば、袖のないトップス。

若しくはダブ付きの少ない細身の長袖がよいでしょう。

袖があるとバランスが変化しますので、袖がないと落ち着かないのであればフレンチスリーブぐらいがよいかもしれないです。

 

そして、手元のアクセサリーは、思い切り楽しみましょう。

同系の素材違いの服を全身纏っても、手元のアクセサリーをダイナミックにするだけで、全体がしまってみえます。

 

本日使用したアクセサリー。

 

樹氷ブローチ。

逆さ雪山バングル。

ステラブレスレット。

マウンテンリング no.2

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.08.15

懐かしき時の続きを

 

 

若い頃、仲間たちとほぼ毎週のようにキャンプに大勢で行ってた頃があった。

 

 

 

 

 

殆どが冬の寒い時だった。

食事の後片付けを川でやる当番は、じゃんけんで決定。

じゃんけんによく負ける私。

川の水は、手がちぎれたかと思うほど冷たくてぎゃあぎゃあ言いながら手早く済ませて、焚き火のそばにダッシュ。

 

コーヒーを飲みながら、火のそばにいるとだんだん身体が温まり、うとうとしてくる。

この瞬間がキャンプの最高の醍醐味。

焚き火のそばで寝そべって夜空を見上げると、星が綺麗でしばらくはその美しさに目が醒める。

星をずっとみていたい。けど、眠気がやってくる。

テントに移動したくない。もうちょっと見ていたい。

そんなこと思いながらうとうとしていると、

 

テント入って寝ないと風邪引くよ。

と、キャンプ仕切り屋の言葉が聞こえてくる。

ううん、いい。星見ながらここで寝る。

と寝ぼけたことを言ったらしく、

今でも当時のキャンプメンバーたちに会うと、笑いのネタにされる語り草だ。

 

寒いけれども、冬のキャンプはなかなか楽しかった。

 

それからみんなだんだん仕事が忙しくなり、集まりが悪くなりそれぞれの人生の道を歩み始めるとフェードアウトしてしまった。

 

 

昨今、アウトドアのブームが再びやってきているようだ。

 

道具類を見ていると、当時より随分と進化しファッショナブルになっていることに驚く。

と同時に見ているだけでワクワクしてくる。

 

自然の中の遊びは、幾つになってもよいものだ。

そう思うこの頃である。

 

 

 

 

 

あちこちで見かけるアウトドアを楽しんでいる方々は、割に同世代が多いように見受けられる。

 

若い頃を懐かしみ、フェードアウトになったあの頃の続きを再び始めているのだろうか…

 

それもまた赴きあってよいものだ。