INFORMATION

2019 April

2019.04.29

小さな進歩

 

 

 

ゴールデンな週間に突入しておりますが、目下わたくしは来月末からの鹿児島個展に向けて必死です。

ゴールデンな週間が明けた途端にサクサクと動き出せるようにと、休み無視してもくもくと日々の予定をこなしております。

 

 

 

 

 

 

 

前半は、お天気がすぐれない模様。

山に誘惑されずに済むので、密かにホッとしている。

 

先日、丘の上に住む友人宅にしばらくぶりに遊びに出かけた。

バス停のちかくなのだがいつも自宅から歩いていくようにしている。

いつも歩いて40分近く。

 

福岡市の眺望も良いところなので、急な階段もあるし、坂も多い。

 

しかし、先日気づいたのだ。

 

到着まで30分。10分早く着いた。

しかも、息切れがしていた階段をあっさり登りきり、坂道も息が乱れなかった。

 

あれ?

 

思えば、最初に友人宅に行った頃はトレッキング始める前。

 

ひょっとして、ひょっとすると。

 

人間、幾つになっても訓練で進歩するものなのだなあと。

小さな進歩が嬉しかった。

そうか、友人は敢えて生活の場に訓練を盛り込んだ日常を過ごしているのかもしれない。

 

誰と比べるものではないが、少し前の自分にできなかったことが、できるようになる。

 

たとえ慣れであったとしても、苦に感じないのであれば、それは進歩と呼んでもいいのではないか。

 

 

友人宅のインターホンを押す心が、いつもより軽やかに感じた。

 

 

 

 

2019.04.21

嗚呼、春爛漫

 

 

 

連日、山活な話が続いておりますが、今回は春爛漫な画像をお届けです。

 

 

 

 

 

福岡県太宰府近辺にはトレッキングを楽しめる山々が幾つかある。

なかでも全てのコースを制覇すべく4回連続で登っている山が、毎回

違った顔を見せてくれるから全く飽きない。

ソメイヨシノが終わった後に堂々たる咲きっぷり。

八重桜がたわわに美しく。

 

 

 

少し歩くと、新緑が眩しく

 

 

 

傷ひとつない梅の実たちは作り物のように美しく。

 

 

 

スギの木に絡みついた山フジがあまりにも見事で、まるでツリーの飾りのようになっていたのに、驚き。

 

 

少し歩いて振り返ると、ティアラをつけたような様を発見してまた嬉々とする。

 

 

そうやってあっちにふらふら、こっちにふらふらと、

やっと登山口まで辿り着き、しばし山行が始まる。

 

お昼の場所を決めた辺りには、再び絵になる一本桜。

土塁跡地に咲く一本桜の傍を通り過ぎる親子。

春の空にのんびりと飛行機雲。

 

 

 

 

下山コースの少し日陰の多いエリアでは、同じ方向に両手を広げたようにして新芽を携えたシダ群。

アンテナ受信中?

 

 

あら、可愛らしいシダの赤ちゃん。

 

 

 

そうやって今日の山活はかなりのんびりで、植物撮影が楽しかった。

 

 

嗚呼、春爛漫。

 

 

 

 

 

 

2019.04.13

私が住む世界

 

 

あ!れ!

ブログアップずいぶん遅くなってしまっていたのですね。

ごめんなさい。

 

2ヶ月ほど前からほんとにほんとに慌しくて、ここのところ読書の時間もかなり少ない。

このせわしいリズムはどうやら上半期いっぱい続きそうだ。

 

 

 

 

でも、私は働く事は苦にならない性分。

寧ろ働かない日が続くと不安になってしまう。

だから忙しさに感謝だ。

 

そんな状況下、隙間な時間を捻出、スケジューリングしながらトレッキングはコンスタントにやっている。

これが巷で話題の働き方改革。

私流ってところだ。

 

 

先日は、脊振方面へとトレッキング。

幾つもあるルートの中でも福岡市内の登山口からスタート。

いろんな顔を見せてくれる登山道で一番気に入ったこの大高木群。

まるで異国の空を見上げているようだった。

それもその筈。

この木は元々アメリカの西に多く生息するメタセコイヤという高木種であるという。

世界で最も巨樹と言われている木は、アメリカのセコイヤ国立公園にあるジャイアントセコイヤの木らしい。

樹齢2000年から2800年で、高さが83メートルというから、ここのところ福岡にもラッシュ建設のタワマンより高いのでは。

 

現地では、ジェネラルシャーマンという名がついているのだとか。

よく名付けたものだ。

和名では、世界爺と訳されているのだとか。

これまたよく訳されたものだ。

 

こんな種類の木が福岡の地で見れるなんて30年住んでいるというのに、全く知らなかった。

トレッキングを始めてよかったとしみじみ思う。

 

 

ひとつドアを開けるとそこには今まで全く知らなかった住人たちがたっくさん住み、その世界たるや4次元的桁違いな広がりで、その広がりに心底驚き、興奮している。

今まで私は、なんて狭い世界で生きていたのだろう。

なんて狭い世界でものを見ていたのだろう。

 

思えば私はこんな経験がこの10年間で2度目だ。

もっと早く知りたかったと思いつつも、それ以上に間に合ってよかった!

そんな思いだ。

 

山で見かけた気になる植物が春山にはたくさんあり、写真に収めて帰宅後名前を調べることにした。

アプリを入れれば一発で分かったであろうが、時間をかけて地味に調べる事にした。

全く検討がつかない花の名を調べるのは、なかなかに時間がかかった。

それでも調べている途中、他の山で撮影していた花の名前が偶然に次々と分かり、ひとり嬉々とした。

調べるという行為の中で、目につく求めていない情報が知識を肥やしてゆく。

誰かが辞書のメリットを説いていた。

理解できる気がする。

 

 

ただ肝心の知りたい花の名前が分からない。

似て非なるものの多いこと多いこと。

今日は諦めてまた明日調べるか。

と、思った矢先、発見!

 

こ、これだ!!!!

 

 

 

 

ツクシショウジョウバカマ。

 

ショウジョウバカマは、北海道から九州、台湾まで生息する花でどこのものも淡い紫色の花をつけるらしい。

しかし、九州のものは白い花であるというところから、ショウジョウバカマの前にツクシという地名に因んだ名前がついているという。

やや暗めの斜めの土地に咲き、花はとても美しいのだが花が終わるとどんどん背が高くなり、しまいにはまるで別な植物に変貌してしまう珍しい植物だという。

 

なんだか、謎めいていてゾクッとした。

 

植物に詳しいわけではないが、気になって撮影したものがちょっと興味深い種類であったことが分かると、他の植物も気になり始める。

 

なるほど。

 

こうやって、この世界の住人たちは植物や鳥、木、虫、地質、歴史、民話、風土記、知識を増やしながら愉しんでいるわけなのか。

 

世界は広い。

自分がどこに立つかで、どんどん世界は広がる。

ひとつのドアを開けることで、私の住む世界の景色は変えられる。

ドアの奥には、更に新しいドアを見つけることができる。

ひとつのドアを開けることは、無数のドアの存在を知ることである。

 

ドアは常に目の前にある。

 

そんな気がしている。

 

 

 

 

 

 

2019.04.05

かたちあるものたちの個性美

 

 

 

エッグアートをされていらっしゃるお客様から、ディスプレイに使えるのではといろんなサイズの卵の殻を頂いていました。

 

 

 

 

 

来客時にはアクセサリーディスプレイ棚になる本棚シェルフを、来客のない時は自分好みなディスプレイをして季節感を楽しんでいる。

桜もあちこちで咲いている心地よい陽気。

芽吹きの香りがする風に、緊張もほぐれる思いがする。

少し春様なしつらえに、卵。

いいかも。

 

ピカピカに磨いたガラスのフラワーベースに落とし込んだり、陶製のフラワーベースに蓋代わりに乗っけてみたり、光の当たる窓辺にランダムに並べてみたり。

 

爽やか空気と、今から何かが生まれるという創造の気が部屋中に満ちて、新しいデザインヒントがひらめくとよいな。

そんなことを思ってひとりうきうきしました。

 

先日、遊びに来た友人が、

え?これ、生たまご?

怪訝そうに尋ねた。

 

持ってみたら分かるよ。

 

息を潜めておそるおそる持ち上げる友人の手先と謎が解ける瞬間の表情を見るのが結構面白かった。

 

かたちあるものたちの美。

全てが所有している個性美。

 

それらの美よりも出しゃばることがなく、むしろ個性美を尊重できるような作品作りをしたいと改めて思った。