INFORMATION

2016 December

2016.12.26

鳥のようにしなやかに

 

 

鳥のように空を飛ぶ。

 

 

P9020034

 

 

鳥類の飛行を詳細に観察し、科学的にそれを再現しようとした最初の人物は、レオナルド・ダ・ヴィンチだそうだ。

フランスのモンゴルフィエ兄弟が初の有人飛行を熱気球で成功させ、そのすぐ後に滑空機を作ったのは、実は日本の岡山県の表具師であったという。その後にも現在のトルコやイギリスで挑戦されたものの、続いて成功した人物も、琉球王国の花火師であったらしい。

 

 

人の強く強く描く夢に叶わないものはない。

 

今年1年、皆様におきましても多くの事があったと思います。

新しい酉年という1年が、素晴らしい年になりますように!!

 

本年のあらゆるところでの出会い、共有した時間、作品を通じてすれ違った時間、全てに心より感謝申し上げます。

 

 

 

 

 

2016.12.21

手が語るもうひとつの言葉

 

 

 

過去にも話題にしたかと思うが、私の最も好きなアクセサリーアイテムは、手元のものたちだ。

 

pa250016

 

 

 

このホームページのアイテムのカテゴリー分けも、どこの場所につけるものなのかその部位をポイントにページ振り分けの構成をしたのは、私のアクセサリーに対するコンセプトが含蓄されている。

身支度の最後に装着するアクセサリーという位置付けの起点を、少しでも意識してもらえたら、そんなメッセージと同時にご自身のチャームポイントをどこにどう捉えていて、尚且つ楽しめるのか。改めて気づいて頂くお手伝いが自分の作ったものを媒介としてできるならば。

 

手は、いろんな場所に動く。

自分の身体のあらゆるところに動き、そして多くの方の目に触れることが多い。何より、自分自身が実際に見ることのできるアクセサリーだ。他のものたちは鏡を通してしか確認できない。

どちらかというと外向けなイメージだ。

 

しかし、手に対するコンプレックスを抱いていらっしゃる方がなんと多いことか。

 

コンプレックスを隠す。

その感覚は、私には正当だとは思えない。

若さが持つビジュアルとしての美だけではこなせないものたちが、この世には数多あるということ。

 

そのことにもっと誇りをもって頂きたい。

 

 

画像は、私の今の手。

関節が男性のようでゴツゴツしているのだが、こんな自分の手にも似合うアクセサリーがある。

逆に、この特徴がよりマイナスイメージとして浮き彫りにされるアクセサリーもある。

 

そこの違いを適確に沢山の方に助言ができたなら。

もっと、もっと積み重ねた時間の重みを楽しめると思う。

 

そんな思いで、今年も沢山の方々にお会いできました。

 

いやはや今年もあと10日となりました。

 

信じられないスピードの一年でした!

改めまして、多くの感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

2016.12.15

大阪個展の様子

 

 

ただいまです!

 

今年で6回目を迎えました大阪個展の様子です。

 

pc110005

 

高台にある見晴らしのよいギャラリー芭蕉さん。

毎年ちょうど遠くの山が紅葉に色づき、晴れ女の私は晴天に恵まれちゃうので、空気も澄んでいてとても気持ちがよいです。

 

pc110011

 

ギャラリーにお見えになられるお客様同士も顔なじみになられて、和が広がってゆく。

 

まさに人とモノ、人と人をつないで共有しながらひろがってゆく。

それが理想的なギャラリーの有り様だと思います。

今回も初日、2日目と何度もそういう光景を目にしました。

 

pc110010

 

 

毎回、自分自身がやれることを尽くすことに集中して個展を迎えるようにしている。

たとえ素晴らしく優秀な方であっても、得手、不得手な分野はあるもの。その部分を受け止めて自分の立ち位置で責任を持ってかかわる。

そして、不得手である部分を補ってもらう。

 

それが仕事の基本の関係だと思っている。

フィフティーフィフティの関係。

そこに相手に対する感謝、そしてその奥に関わっている直接的に見えない方々への感謝。

そして、お客様に届いてゆく。

三位一体の関係が気持ちよい気の中で巡ってゆく。

 

そんなことを、いつも現場に立つと感じるのです。

 

いつもたくさんの喜びと気づきを与えて頂けるこの仕事に従事できていることにとてつもない感謝だ。

今年、1年間いろんなところでこのことを感じながら、今年最後の個展を迎えられました。

会期は、今週日曜日まで。

詳細はひとつ戻ってね!

 

さあ、師走です。

 

 

 

 

 

2016.12.06

大阪個展のお知らせ!!!

 

すっかりぎりぎりのご案内になってしまいました。

 

今年最後の個展のご案内です。

pc060002

 

 

 

Silver Accessory  末野 美由紀展

12月11日(日) - 17日(土)

AM11:00 - PM5:00

 

ギャラリー芭蕉

大阪府河内長野市南花台1-3-14

TEL 0721-63-6371

 

私は初日11日と12日に終日在廊いたしております。

 

12月の恒例となりました今回で6回目となります芭蕉さんでの個展です。

毎回とても明るくて楽しい皆様にお会いできることが、一年の気持ち良いしめくくりとなっております。

 

また、変わらぬ皆様の笑顔と新しい出会いを楽しみに伺います。

 

今年も終わりが近づいてきました。

終わりよければすべてよし!!

です。

あともう一息、エンジョイしましょう。

 

ご案内欲しい方、速攻でお知らせください。速攻でお送り致します!

 

 

 

 

2016.12.02

魔法の時

 

 

日の入り寸前、午後が夜へと切り替わる隙間の時間。

いつも見ている何気ない、変哲もない景色がたちまちにして煌めきを放ち、視線をとどめさせるモメントがある。

 

 

bridge

 

すぐそばにある煌めくものたちに偶然出会ったならば、ためらわずに立ち止まり、頭の中に浮かんでくる音を自由にシンクロさせて、セレクトされたパーフェクトな音とそのビジュアルを記憶にとどめさせておく。

 

隙間の時間には魔法の時が介在している。

 

巡り合ったならば、そのビジュアルを大切に保管しておきたい。

 

澄んだ空気が景色をより美しくする季節となってきました。

次回は今年最後の大阪個展のお知らせです!!